純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
昨日はお昼に用事を済ませ間に合うか心配でしたが
立川市女性総合センターで行われた
熊本市愛護センター所長の講演会に行ってきました

定員180名とのことでしたがほぼ満員だったと思います



内容は熊本市愛護センター所長の
殺処分0に向けた取り組みと組織づくり
また、熊本市獣医師会 会長さんのお話も

譲渡しやすいよう、また犬と触れ合えるよう
トリマーさんが期限付きでセンターに

 

犬のお話も沢山あったのですがすみません、猫のことをお伝えします
とても良いお話なのでまた別の機会にお話ししますね

実質、猫はほぼボランティアさんの協力のもと
平成21年度は約160匹の乳飲み子を育て譲渡し
この努力はホントに素晴らしいと思います

所長さんのお話だとやはりセンターで犬の方は何とか実現出来ましたが
猫に関して行政が出来る部分は非常に微々たるものなのだそうです
ただ学校訪問の依頼も多く子供たちに啓もう活動をし
動物は物ではなく命であることを教える姿は
明日に繋げるのではないかと思いました



どこのセンターでも乳飲み子は真っ先に殺処分されてしまい
そこが問題でしたが地元のボランティアさんのご尽力で多く救われ
猫の生存率80%以上には驚きました

猫の収容ケージ 開放的ですね



あらためて思いましたが、殺処分を減らすには
もちろん飼い主の意識、説得や動物取扱業の問題もありますが
出口を広げる努力は官民一体でなければ成し遂げられないこと

行政任せではなく愛護団体、個人、獣医師などが出来る部分を補って
ゼロに近づけることが出来るのだと思いました
特に猫は民間がやれることをしなければ実現しません

所長さんがお話になってすぐに感じたのが
温かいお人柄がうかがえる優しい雰囲気の方でした
センターの前は動物園の勤務で動物の健康を守ること

センターの転勤になり

「ただ、ただ、犬猫を殺すのが嫌だった。そこから始まった。」

それからのご苦労や勇気はきっと想像を超えるものだと思います
まさに命を左右するのは「人」なんだなぁと・・・

そして、講演会ではその後にパネルディスカッションや一番興味があった
「動物愛護管理法の改正について」
地球動物会議ALIVE代表の野上さんのお話もありました
それは今後とても大切なことなので別の日にお伝えします

で、

昼間の用事はというと・・・



タクト君とセリナちゃんがお出かけです

状態も良くご準備もバッチリ
先住猫さんもいらっしゃらないので早めのお試しになりました
その様子もまた後日お知らせいたしますね

2クリックで知ってほしいこと





| 11:00 | 処分ゼロを目指して | comments(3) | - |
毎年振り返って思うのは見知らぬ方からの保護依頼のメールの多さです



中にはここにいますと地図と写真を貼り付け送る方も
そちらではどういうことをしてくださるのですか?と
保護した猫の経緯をメールされる方も
家にはもうすでに1匹いるから無理なんですという方も
大丈夫、絶対ウチより少ないから

私は里親様が保護した子猫も里親様にお願いしています
ただ、保護や育児の仕方、募集のお手伝いは全面的にします

先日のチビキジたちは私が保護したいと思った兄弟で
国ちゃんもものすごいケアが必要だと思い
自分から保護したいと申し出た猫です
基本はセンターの方がこの子達は助けて欲しいとよけてくださる兄弟
団体さんが引き出してくださる兄弟です
猫の隔離室はケージが一つあるだけのセンターもあります
選ぶ方のお気持ちを考えると苦しいです

中には頑張って募集し最後までして欲しいとお願いすると
だったら捨てるか保健所に持っていきますと言われることもあります

センターじゃなく公園や川に捨てられる子の方が圧倒的に多いんだと
思いますが手を差し伸べてくださった命
本当に最後まで頑張ってほしいと思います



募集サイトやポスター、育児のノウハウなど私に出来ることがあれば応援します
ただ途中放棄は猫にとって二度捨てられた事になります

里親様が見つからず不安になってしまうかもしれない
猫の写真は難しいし可愛い写真が撮れるまで何枚でもシャッターを押して
ネットやポスターでアピールしたり
自分の連絡先を不特定多数の方にお知らせする不安もよくわかります
きっと命が繋がるとその不安も嬉しさに変わります
拾うだけで人に任せた事は助けたとは言いません

そのような保護をしていきますので
来年も引き続き申し訳ありません
ご依頼はお断りさせて頂くことがほとんどだと思います
育児方法などはお力になれると思いますのでどしどし



こんな姿をあとで見れるご褒美が待ってます(o^-^o)

国の予算、約57億円が殺処分に使用されています
もっと愛護センターも民間に委託する機関を作り
育て生かす努力に税金が使用されたらいいなと思います

夜には今年最後の記事をUPします!
さて、掃除しよ!
 
2クリック応援お願いします





| 09:00 | 処分ゼロを目指して | comments(9) | - |
今年作成したカレンダーに皆様多くのご感想や皆さんの猫のお話
こんな私への応援メッセージ
お手伝いしてくださった方々、描いてくださったmichimichiさん

初めからやろうと決めていたのは
全く猫とは関係のない方にお渡ししてみる事
その分だけは数冊取っておいて、学校、高齢者の施設、色んなお店
娘の作業所の施設や先生にもお渡ししてみました

それは皆さんに申し訳ありませんが
プレゼントしてみたんです、必ず手渡しで

皆さん最初は「可愛いですね!」とおっしゃってくださいます
裏表紙を見る前は感想は一つ「可愛い」



でもね

「でもこの子たちは・・・」

熱く語ればおかしな人って思われそうだし(笑)
さらりと処分されそうな子がモデルなんですよとそれだけ

詳しく読んでくださった方が連絡をくださり
知らなかった、猫好きの人を知ってるからもう少しないですか?
渡したいんです

1こ繋がるかな

無駄かもしれない
こんな大きな声も通らない



いつかこんな残酷な事やめようよ
国が税金で殺すなんておかしいよ
無責任な飼い主、繁殖業の強い規制や罰則



話す事から始めよう

殺処分ゼロを目指して


*カレンダーはカフェランゾーさんで若干数販売しております
 
初日好調のようでした(*´ー`)
足をお運び頂きありがとうございます
クリスマスアートコレクション

2クリック応援お願いします 



 
| 19:36 | 処分ゼロを目指して | comments(7) | - |
2011年純情仔猫物語のカレンダーを販売しています!
カレンダーのご購入はこちらから
  ↓


一部1000円(税込・送料込)

沢山のお申込み本当にありがとうございました。
ご感想など頂いて大変嬉しく思います。
カフェランゾーさんでお売りする分など計算しまして
すでに予定分は販売数に達しました。
若干予備の分がありますので
11月3日でネット販売を終了させて頂きます。

なお破損や折れ曲がりなどがございましたら
大変申し訳ございませんがご連絡くださいませ。
すぐにお送りさせていただきます。

カレンダーのご入金をゆうちょ銀行にご指定の皆様
ゆうちょ銀行は支店番号が支店名になります
支店名は008(ゼロゼロハチ)です。

佐川の飛脚ゆうメールは発送から4,5日かかります。
到着まで今しばらくお待ちくださいませ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

多くの皆様のご購入ありがとうございます
また感想も多く頂きまして有難く拝読しております

いつもはセンターの猫だけを対象にしてましたが
それだけでは猫問題が解決せず
地域猫の子猫、ブリーダーから保護した猫、身勝手に捨てられた子
もちろんセンターからの保護猫もモデルにしました

そして一番に
ご購入頂くのに納得のいくものをと考え味智子さんにお願いしました

かわかみ味智子さんのイラストはきっと子どもから大人まで
猫はこんなに愛すべき動物なんだと心に響いてくれる絵です
そして打ち合わせしていないのに各月に色んな毛色の猫に
してくださったことは胸が一杯になりました



あるセンターでは日に何回もガス室が稼働し
お話を聞いただけで目眩がする数の子猫たち

職員の方も出来るだけ助けたい
でも全部は無理だと貰われやすい子をよけてくれたりもします
黒白やサビ猫が選ばれるわけもなく
心の中できっと詫びても詫びても
その方が悪いわけじゃないのに懺悔の気持ちにさせてしまいます

毛色だけじゃなくタイミングや月齢にもよります
選ばれなかった瞳がいつまでも心に焼き付いて
職員の方の気持ちを思うと言葉になりません

皆が命に責任を持ったら
不妊手術させしていたら
誰も辛い思いをしないのに

なので
あえて私も昔の里子の美人サビたみちゃんを11月のモデルに選びました
味智子さんのイラストのサビちゃんは5月です
(今日だけ公開)



いつか

命を選ぶ事無く殺処分ゼロを目指して

2クリック応援お願いします 



 
| 23:26 | 処分ゼロを目指して | comments(7) | - |
2011年純情仔猫物語のカレンダーを販売しています!
カレンダーのご購入はこちらから
  ↓


一部1000円(税込・送料込)

沢山のお申込み本当にありがとうございます!(・∀・)
お手元に到着しご覧頂きまして追加分などは少しよけてありますが
カフェランゾーさんでお売りする分など計算しますと
極わずかになりました
お早めにお申し込みくださいませ

カレンダーのご入金をゆうちょ銀行にご指定の皆様
ゆうちょ銀行は支店番号が支店名になります
支店名は008(ゼロゼロハチ)です。

佐川の飛脚ゆうメールは発送から4,5日かかります。
到着まで今しばらくお待ちくださいませ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

猫ボラさんの種類は本当に様々です
成猫、子猫、子猫でも乳飲み子が出来る人離乳してからの人
地域猫を住民に説得しながらなさる方、陰で細々なさる方
手術をする人、しない人
啓蒙活動のボラさん、支援するボラさん
全部をする方はまずいないのではないかと・・・

私が出来ないのは地域猫

理由は中野区に助成金がないし安価で手術してくださる病院がなく
遠くにあってもペーパードライバーの私には捕獲器にタイミングよく入り
すぐに連れて行くことが不可能です

仕事や娘の介護で毎日同じ時間にご飯をあげに行き
片付けや住民の方に理解を得るのが時間的に無理
猫の殺処分問題はとにかく避妊手術だと思うので
昼夜問わず努力してくださる方には本当に頭が下がります

中野区のポスター



ひと昔前のポスターと大きく変わったのは
「猫に餌を与えないでください」
そんなポスターだらけだったのが

置き餌をせず食べてる間は見守り
終わったら片付けましょう
不妊・去勢手術を施しましょう

これは大きな1歩

悪い事をしているみたいにこっそりご飯をあげ
住民に頭を下げ理解を得るのが今でも大変だと思う

我が家の家猫はあずき以外は地域猫の乳飲み子
時に野良の母猫もパニックになると子どもを置いていく事も

自分に出来るちょっとしたこと
地域猫のお世話をしてる人には到底届かないけど
外の猫の寿命は5年前後
生き延びるのが難しい
最初は誰かが飼っていて捨てられたのにね



完全室内飼いか避妊手術
どちらか責任を持ってくれたら不幸な猫は必ず減るのに

ちなみに私は条件として両方お願いしています
 
2クリックで広めてほしいこと




| 19:24 | 処分ゼロを目指して | comments(7) | - |
2011年純情仔猫物語のカレンダーを販売しています!
カレンダーのご購入はこちらから
  ↓


一部1000円(税込・送料込)

※お申込み頂きますと折り返し自動メールが届きます
 恐れ入りますが届かない場合はメールの間違いなどがございますので
 再度お申込みくださいますようお願い致します
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以前なぜ保護をするのか
辛くて悲しい生死を見てああもう無理だ
パンパンになるまで泣いてくじけて
でも見ると「ほっとけない」その繰り返しとお話しましたが

アエラの太田さん「犬を殺すのは誰か」
その本の中でも触れてありますが
犬猫の専門学校を卒業しても
現実のペット産業が受け入れられなくて仕事につけない人が多いのです

今でさえいるのだから私が20歳の頃は
出来る人の方が少なかったです

子どもの頃、普通に
「ケーキ屋さんになりたい」
「花屋さんになりたい」

そんな夢のひとつに
「ペットショップで働きたい」
そう思った子どもでした

覚えれば覚えるほど
勉強すればするほど
知ったのは悲しい現実でした

カレンダーのかわかみ味智子さんの絵を見ると
可愛くて夢があって賑やかで
ホントはこんなに猫って愛すべき存在なんだよ
大切に大切に大切にしようね
何か可愛いすぎて涙が出ちゃいます
ゴマグリモナカ



どうしても表情豊かな犬がメインに殺処分については語られますが
猫にももっと生かすチャンスが欲しいのです
即日や翌日処分で名前を呼ばれる事無く積む命

悲惨な気持ち365日は辛いけど
本当に味智子さんの絵は元気をもらいます

以前お願いしたたけちゃんの絵のおまけ



実はこの絵は家族全員一番好きで
今でも見るとポロポロ泣けてきちゃいますが
たけちゃんらしく夢があって何よりあったかい

チャリティカレンダーというより作品として
皆さまの一年を祝福するものをお届けしたかったのです

子どもの夢や優しい心がそのまま育み
笑ってトリマーさんになりたい!と願いが叶う日本になりますように

なりそこなったおばちゃんの切ない願いです

殺処分ゼロを目指して 



 
| 09:18 | 処分ゼロを目指して | comments(12) | - |
先日のアエラ「犬に優しい自治体はどこか」
アエラのホームページより右上をクリックすると
そのアンケート結果がご覧いただけます こちら 

アンケートを見てまずご自身のお住まいの地域などを
ご確認ください
そして返還・譲渡率などかなり違います
まさに命はヒトによって左右されるのだと

これは平成09年度のアンケートですが
処分数などは「犬のみ」です
ここに猫を加えたり、猫の返還率は本当に皆無に等しいので
怖ろしい数字になります
殺処分半減、ゼロを目標にするには、猫問題は避けて通れません

また動物取扱業の立ち入り調査について
「苦情時」というのが多くて驚きました。
わからない闇の部分で劣悪な飼養をしパピーミルの場合は
苦情という一般市民の力でしか発覚出来ないのはおかしくないか
本当に問題は山積みです



アエラのホームページからバックナンバーも購入できます
まだお読みではない方もぜひご覧くださいませ


茨城ブリーダー問題もお心にとめてくださっている方が多いかと思いますが
告発人の1人として司法については弁護士と警察にお任せし
行政(県)に対しては、支援者さんが地道にお話をしてくださってます

犬猫の行き先について、廃業後の合法的なやり取りなのか
その後、犬猫たちは無理な繁殖が行われていないか
長い間、放置した責任は県にもあると思いますから
うやむやにしないでしっかり答えを出してもらいたいと思っています
行き先について把握済み、状態についてある程度は情報開示されると
そういう予定ですが、本当にそれが(同業者に転売を促す)
正しかったのか、そこから考えて欲しいんですが
知事からは、いまだ何の返答もありません



廃業したから解決じゃないんです



主役は犬猫



この子たちの犬生、猫生が一番大事なんです
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
・ズッコのマミィ様よりフードのご支援がありました
 子猫たちに早速食べさせます^^ ありがとうございました
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
1人でも多く見て頂きたいので2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



不幸な命をなくしましょう。

| 07:34 | 処分ゼロを目指して | comments(7) | - |
月曜日発売のアエラ「犬に優しい自治体はどこか」

詳しいヤフーニュースは こちら

細かなマークをまだ全部チェックしきれてませんが
私が一番気にしていた「身分証明の提示」

各都道府県(政令都市や中核市をのぞく)は23か所が
提示を義務付けてません

これはリピーターを防ぐためにも
指導の関連にも必要だと思うし
自治体レベルで今すぐ実施可能だと思います

 

今回は犬にスポットがあてられているので
猫の場合はアンケート内容も変わる所が多いと思います

特に収容期間は犬と断然違いますし
処分数もかなり猫が多いです

そして、処分方法の是非ではなく
愛媛県の試みは私は賛成です

真実を知ってもらう事
現状を広める事は何より必要です

私の住んでる東京でセンターの方に以前お聞きしましたら
撮影も見学も(収容施設はOK)殺処分公開は駄目でした
理由をお尋ねすると

「職員が差別的な目で見られるので守る為」でした

これも賛否両論あると思いますが
乱暴なやり方だけど
何度も持ち込む人は最後まで見届ける事を義務付たり
ご自身でスイッチ押してもらったり
今のままで身分証明提示なしで少額を払い
厄介払いみたいな事はいくら手術してくださいと啓蒙しても
その場で忘れられてしまうと思います

飼い主によっても変わる運命
自治体によっても左右される命
本当にヒトなんですよね

でも定期的に流されずこの問題を追い続けてくださる
アエラ編集部太田さんには感謝の気持ちで一杯です

多くの方に見て頂きたいなと思います


そして昨日はちと心配でした



劣悪ブリーダーから保護されたレオ君
放置された兄弟の亡骸に添い寝して
頑張って生き抜いたスコのmixです

右足がおかしいとのことで
スコ特有の遺伝病がある為
どんなにか里親様がご心配だろうとご連絡させて頂きました

ご返信くださった言葉に

「例えレオくんが歩けなくなったとしても、
 我が家で愛し続ける事は変わりませんし、
 今までと何も変わりません。」

有難くって言葉になりませぬ(涙)

一応、大丈夫そうですが様子をみて
病院でご相談してくださるそうです
同じ病院だから安心だね^^

このまま何もありませんように

本当に遺伝病については乱繁殖に憤りを感じますので
今度お話します

*お願い*
猫友の松ちゃんのトライアル先から猫が脱走しました
探しています。お届けが済んだばかりですから
元気くんはお家がわからないかもしれません




元気君はとてもビビリちゃんで人見知りが激しく
保護主の松ちゃんが毎日探しています
浦和キャッツ



12日朝九時半ころ迷子

白茶トラ
しっぽが長く先が曲がってます。

元気くん・男の子・二歳

追記・17日深夜無事に保護できました!

1人でも多く見て頂きたいので2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



不幸な命をなくしましょう。

| 10:02 | 処分ゼロを目指して | comments(7) | - |
私のしている猫の保護活動は主にセンターで処分寸前の子猫たち
もしくは自分が発見したり助けたいと思った子猫たち

成猫さんはしたくても我が家がもう限界の成猫の数と
全部、女の子でそれぞれも仲良くない為
ストレスや喧嘩が怖くて受け入れられない

だから地域猫活動をしている方のご苦労や日々のお世話など
きっと想像も出来ないくらい大変な思いをされていると
もちろん子猫も寝ないで看病や強制給餌、哺乳
感染症の予防でそれはそれで大変なんだけど

ここからは勝手な私の意見

「野良」

野良ちゃんと私も使う事があるけど
元々は野原の放浪することから「野良」って言うらしい



我が家の周りの地域猫
人慣れしているけど仲間からは受け入れられず
いつもポツンといることが多いです
地域猫さんが毎日ご飯とお掃除に来ます


いつもいつも思うけど
どこかの将棋名人の裁判でも少し思ったけど

野良猫にご飯をあげなければ、何を食べろって言うのかな
都会でネズミを探すのは難しいし

ただご飯だけ無責任にあげる人をいいって言ってない
嫌いな人との共存も考えないと駄目だろう
裁判の問題になった場所を見たわけでも
実際にどんな被害だったのかわからない
なぜ名人が家の中では駄目だったのかもわからない
これはホントに勝手な私の意見

でも

イリオモテヤマネコとか
ライオンとかトラとか

何かイエネコを勘違いしてるような気がして

何度も言うけど
野良猫は野生動物じゃないから

ただ人慣れしてないだけで
元々は人間が飼いやすいように改良して
捨てられて、そこから繁殖して

街中に人間が改良したブロイラーがあちこちいたら変なように
ホントは猫があちこちいるのもおかしいはず
だけど猫だけ特別に野良猫という名前で野生で生きてけと言われてしまう

日向ぼっこをしてるその姿だけで自由が幸せと思ってしまう錯覚
室内飼いの子とあきらかに違う寿命
何日もご飯にありつけない猫だって沢山いると思う

室内飼いが可哀想なのか



猫はそれで十分危険から守れるし楽しんでも暮らせてる



病気になればすぐに病院に行ってくれるし
感染症や喧嘩で傷を負う心配もないし

術後服が痛々しく感じるより
多摩川で必死に生きてる猫たちの写真の方が
捨てる事の結末があまりに残酷で目を背けたくなる



医者や学者じゃないからわからないけど
私にはどうしても

野良猫じゃなくて

「飼い主のいない猫」 

愛玩動物じゃなくて

「伴侶動物」

それが一番正しい名前のような気がしてならないです

先進国でこんなに日常茶飯事、外に猫がいて
センターでは毎日1000頭あたり処分され
やはり何かおかしい国だと思う

トイレも設置し、避妊手術もして、
生きる為のご飯をあげてる人を訴える気持ちになれないのは
私が猫が大好きだからだろうか

繁殖制限しか今後、飼い主のいない猫のコントロールはできないし
それにはご飯で懐いてもらうのも必要だったり
あの判決後、地域猫さんに対する苦情がグンと増えたと聞いた

昨日のアエラの記事のニュースは、こちら

*お願い*
猫友の松ちゃんのトライアル先から猫が脱走しました
探しています。お届けが済んだばかりですから
元気くんはお家がわからないかもしれません



元気君はとてもビビリちゃんで人見知りが激しく
保護主の松ちゃんが毎日探しています
浦和キャッツ



追記・無事に発見できました!
ありがとうございました!

どうか家庭猫になりますように
茨城県阿見ブリーダーの記事
20日21日22日23日

どうかあなたの2ぽちでお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



不幸な命をなくしましょう。

| 08:44 | 処分ゼロを目指して | comments(18) | - |
ここの所、どこも春の子がピークになってます
ボラさん宅は満員状態で・・・
センターがどういう状況か気になります

あるセンターでは現在80匹〜100匹
これ、1日で殺処分される数字です



野良猫の子どもをわざわざ捕獲してこんな数字になるとは
絶対に思えないので、無責任な中外飼いの上生まれた子
困るならなぜ手術しないんでしょう

これは本当に許せない、親子猫
なぜこんなことができるんだろう



数年間、ご飯もあげて共に暮らした子が
子どもを産んだだけで殺されるなんて・・・

今はもういない子猫たち



殺されるために生まれてきたんじゃない

100匹近くも持ち込まれたら説得も拒否も難しいと思います
飼い主さんの意識を変えさせるには今後、愛護法改正で
持ち込み料金の値上げやリピーターは罰則
センターで一番多く処分されるのは子猫なので
飼い主さん次第でこの数字は絶対に変えられます
いえ、変えなくちゃ

(センターの撮影のご許可を頂いてますが
 地域名は申し訳ないです、ごめんなさい・・・) 

仲間も1匹でも多くと頑張ってます
特にキャリアの子だとお話が中々なくて
次に保護する事ができません
ぜひ家族にお迎えくださる方、譲渡会を開催しますので
猫たちに会いに来て下さればと思います
子猫、中猫、成猫さんが参加予定です

あとIさんのワンコや我が家の小さい猫は写真お見合いコーナーがあります

*お知らせ*
純情猫フリマ&ねこ譲渡会
      
猫好き集まれ!

期日・6月12日(土)
時間・12:00〜17:00
   (ねこの譲渡会は体調に合わせて途中参加)
    14:00〜17:00予定
   猫ボラ仲間の猫が参加します
場所・カフェ ランゾー

住所:板橋区東山町52−12
最寄り駅:東武東上線「ときわ台」駅 徒歩8分
 



「ときわ台」駅南口から降ります。
美容室と肉のたむらさんの間の道をまっすぐ行き、
川越街道まで出てください。

川越街道をわたって、
国際電測さんのところをはいってください。
(向かいはペットショップがあります)
少し歩くと、左手に「CAFERANZO」があります。
(東山公園よりも手前です)

白い四角い看板が目印です。

マイバックをぜひお持ちくださいね(・∀・)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
・Dるい様フリマ用品と子猫のフードありがとうございました!
・つっちー様医療費のご寄付ありがとうございます
・T島様医療費のご寄付ありがとうございます
皆様に助けて頂いてます、ホントにホントにありがとう(;_;)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

どうか家庭猫になりますように
茨城県阿見ブリーダーの記事
20日21日22日23日
悲惨な現状を広めたい
どうかあなたの2ぽちでお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



不幸な命をなくしましょう。

| 11:16 | 処分ゼロを目指して | comments(21) | - |
<new | top | old>