純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |

先日、国ちゃんの一年に一回のワクチン接種に行ってきました。
体重測定と爪切りなども一緒にしてもらい、健康チェックです。
体重は2.25kgで、前回と変わりませんでした。
太ったという感じもなく、体重はこのくらいがベストかなと思います。
今回は体力がついてきたのか、国ちゃん、結構あばれました。
特に爪切りは足が痛むというのもあるのでしょう、ずいぶんと嫌がりました。
でもね、仕方ないんですよ。
ちょっと我慢してくださいな。



診察前にハイポーズ。
んー、だいぶご機嫌ななめですねぇ。



国ちゃんはご飯の時以外はほとんど鳴きません。
そして、いつでもおりこうさんです。
でも思った以上に抵抗したので、タオルでくるんで、爪切り、耳掃除です。
特に爪切りは大嫌いです。



耳掃除もお願いしました。
ついでに顕微鏡で見てもらいましたが、耳ダニはいませんでした。
やっぱり汚れです。

ご家庭で猫ちゃんの耳掃除をする時は、本当に外耳の汚れを拭きとってあげるくらいにとどめたほうがいいと思います。
綿棒などで見える部分のみを掃除してやる分には問題ありませんが、少し深く入れてしまったり、強く拭きすぎて炎症を起こしてしまうことがあります。
耳掃除の時に猫ちゃんが暴れて、鼓膜を傷つけてしまったりすると、歩行のふらつきや斜視になったりするなど、大きく健康を害することがあります。
思った以上に汚れていたり、かゆがったりしている時は無理をせずに獣医師の診察を受けさせてください。



どうみても、ニャーと鳴いているように見えますね。
普段国ちゃんはニャーとは鳴きません。
ミーと鳴きます。
でもさすがにミーではなく、ミャーでした。





無事ワクチン接種も済ませ、爪切りもしてもらって、すっきりしました。
国ちゃん、お疲れ様でした。

-----------------------------------------------------------------------------------------

「純情仔猫物語 2012-2013 カレンダー」

多くの皆さまにお申込みいただいています。
こちらの記事をご参照の上、お申し込みください。

すこしずつ到着のご連絡をいただくようになりました。
あ、「届きました」のご連絡は義務なんかではありませんから!
届かない場合や内容物に不足がある場合だけ、遠慮なくメールいただければと思います。



2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ




| 03:43 | 国丸 | comments(18) | - |

国ちゃんは相変わらず好調を維持しています。
お気に入りのビーズクッションの上で。



KAZU家に行くと国ちゃんはこのクッションの上でお昼寝していることが多いです。
こないだは国ちゃんが緑のクッションの上、チップさんがオレンジのクッションの上で同じ格好でシンクロして寝ていました。
その時はカメラを持っていなかったので撮影できませんでしたが、同じ方向、同じ格好で寝ていたので思わず吹き出しました。





もうすぐワクチンの時期なので、今週のどこかで病院に連れていきます。
折れ耳さんはやっぱり耳が汚れます。
耳ダニも繁殖しやすく、かゆみがストレスになることもあります。
病院に行く度にいつも以上に丁寧に耳掃除をしてもらっています。
あと、大変なのは爪切りですね。
巻き爪に加えて、肉球の変形がありますから、こまめに切らないと肉球に当たるんです。
刺さる前には切りますから、出血などはありませんが、他の猫さん以上に国ちゃんの健康チェックは欠かかせません。
さて、体重はどうなってるかなー

通院の様子はまたアップしますね。

今日の動画

国ちゃんと誰かさんの右手です。
KAZUさんの手じゃなくてお見苦しいですが、、、



携帯の方はこちら

-----------------------------------------------------------------------------------------

カレンダーには早速お申し込みの封筒をいただいています。
先週土曜日までに届いた分は本日月曜日にメール便にて発送いたします。
到着まで今しばらくお待ちください。
楽しみにしました、とのお手紙もいただいており、とてもうれしく、ありがたいことです。
個別のお礼もできませんが、おまけのポストカードをその気持ち代わりに入れています。
ですけど、ホント何もお気になさらずに、お申し込みだけしてくださいね。
ご購入いただけるだけでうれしいので、何か分身を送り出すようなそんな気持ちで梱包しています。

2クリック応援お願いします



| 00:51 | 国丸 | comments(14) | - |

国ちゃんが保護された時の写真を手に入れることができました。
保護場所での携帯電話を使っての撮影です。
まだKAZUさんの手元に来る前の写真です。



何を食べていたか、どのように暮らしていたのか、そのすべてを知るのは国ちゃん自身のみです。
生気のない目とだらんとぶら下がった前足。
感情を持つということ自体を知らないで育ったのでしょう。
この時点で体重約1キログラム。
月齢は約1歳5ヶ月でした。
全身に真菌が広がり、耳ダニもひどく、おなかの中はキャンピロや腸内細菌がひどく、医療行為を受けていたとはまったく考えられない状態でした。

スコティッシュフォールドの骨形成不全は人間の手による遺伝病ですが、交配による疾病はスコティッシュフォールド特有のものというわけではありません。
ペルシャに代表されるようなマズルの低い猫は意図して顔がつぶれている猫を交配します。
より顔がつぶれるように。
特にイギリスなどでは顔が中心に寄った猫が好まれる傾向にあるようです。
当然、鼻腔に関する疾病が出やすく、呼吸困難、目やに、などの悪弊を引き起こします。
後日あらためて、ペルシャなどの品種の交配における遺伝病などは取り上げたいと考えています。



KAZUさんに迎えられたのが2010年9月のことです。
保護の後、はじめての病院で。
体は痩せ細り、今後のケアの困難さが予想されました。




上の三点の写真は2010年9月12日です。


2010年10月2日

毎日の病院通いと適時のシャンプーで外見上の脱毛は徐々に収まりました。


2010年11月13日

はじめはネズミのおもちゃですら怖がり、遊ぶということすら知らずに育ったのだと、その心のケアが今後の課題となりました。
手でやさしくなで、話しかけ、国ちゃんも少しずつ普通の猫と同じような環境に慣れていきました。
この写真ははじめておなかを見せた頃の写真だと思います。


2010年12月31日

下痢も収まらず、まだ他の家猫さんたちからは隔離していましたので、太陽が出ている日はケージごと日向に運んでやりました。
この頃はキッカーで遊ぶことも覚えました。
今からちょうど一年前です。




2011年1月7日

KAZU家に来ておよそ4ヶ月。
下痢は収まらないものの、少しずつ体重も増え、毛並みも艶を取り戻しました。


2011年2月6日

大好きな毛布の上で昼寝する国ちゃん。
体はテレビリモコンと同じサイズです。
子猫のかわいさは言葉では例えようもありませんが、成長を忘れた成猫の姿は痛ましいものです。
それが骨形成不全や骨瘤に現れているとあればなおさらです。


2011年2月6日

この頃には上手にキッカーで遊ぶことを覚えました。


2011年2月16日

一度変形した足は二度と元には戻りません。


2011年3月12日


2011年5月16日


2011年7月25日17:28

KAZUさん撮影による国ちゃんの写真はこれが最後となりました。
ブログ記事ではこの後も国ちゃんは登場しているのですが、画像を前後して使用しているため、このモケケと国ちゃんの集合写真が最後になりました。
この後、国ちゃんの体重は驚異的に回復を見せることになります。

彼女が入院の直前に依頼してくれていたPCR検査でトリコモナスが大量に発見されていましたので、その対処とともに下痢も収まり、今に至ります。
もちろん骨瘤などは今後の経過とケアを怠らないよう注意が必要ですが、それ以外の点については完全に健康を取り戻しました。

こういう形で時系列に国ちゃんの様子を並べると、何か彼女の命と引き換えに国ちゃんが健康を取り戻したような、そんな感じすらしてしまいます。
本当に怖いくらい、今の国ちゃんは調子がいいのです。
以前の動画でご覧いただけるとおもいますが、歩き方は痛い部分をかばいますのでよちよちしてしまいますが、体の大きさを除けば普通の猫さんになりました。
国ちゃんのこと、福島からの親戚のこと、手元の保護猫たち。
残された者が困らないように、直近のやるべきことにはすべて道筋をつけて旅立っていきました。

本当に立派な最期の生き様だったと思います。

今年も後二日を残すのみとなりました。
本当は今日の記事で今年最期にしようと思っていましたが、考えていた流れとは違ってしまいましたので、大晦日に再度記事をアップします。


今日の動画。
チップさんとあずきさんは意外と仲良しの時もあります。
通行猫・Aさんも登場します。



携帯の方はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

「純情仔猫物語メモリアルストラッププレゼント」



もう皆さんお申し込みいただきましたか?
28日受け付け分までは出荷がすんでいますが、到着はもしかすると年明けになるかもしれません。
申し訳ありませんが、29日以降の受付分は年明け4日の発送となります。
もうずいぶん前に発送されているはずなのにまだ届いていないよー、という方はいらっしゃいませんか?
こちらで到着の確認ができませんので、心配な方はご一報くださいね。
tarochinnappy☆gmail.com (☆を@に変えてください)

一応年内でストラップお申し込みの記事は終えようと思っていますが、在庫はまだ残っていますので、追加のご依頼などでもお気軽にお申し込みください。
29日時点でもまだ封筒が届いていますので、年明けでも在庫がある限りは受け付けますので、遠慮されている方、忙しくて郵便局にいけなかった方もぜひお忘れなくお申し込みください。
だって、余ったって捨てるわけにいかないじゃないですかー

こちらにまとめてあります。
時々加筆修正すると思いますので、申し込み前にはかならず一通り目を通していただき、この記事にしたがってご応募ください。

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ




| 06:58 | 国丸 | comments(8) | - |

今日はいくつか撮りためている国ちゃんの画像の中から、かわいく写っているものだけをピックアップしてお送りします。





国ちゃんは、こうやってゴロンゴロンするのも好きです。
で、カメラに気づいて。











狙うはあずきさんのしっぽ!





去勢後も特に体調の変化もなく、手術跡もほとんどわからなくなりました。
ちょっと写っちゃってますけど、、、

元気でいてくれるだけでうれしいですね。

ミッキー部長でした。

-----------------------------------------------------------------------------

「純情仔猫物語メモリアルストラッププレゼント」



こちらにまとめてあります。
時々加筆修正すると思いますので、申し込み前にはかならず一通り目を通していただき、この記事にしたがってご応募ください。

2クリック応援お願いします 



| 01:45 | 国丸 | comments(14) | - |

そう、もうお分かりですね。
国ちゃん、去勢しました!
今月で2歳7ヶ月なのですが、いまだに発情は来ていませんでした。
ですので、去勢するかしないかは判断に迷いましたが、KAZUさんも6月頃に院長先生に去勢の時期の相談をしていたということもあり、今回の運びとなりました。
また、睾丸のひとつが体内に埋没気味であることもあって、将来腫瘍化してしまう可能性があることも去勢に踏み切った理由のひとつです。
竹ちゃんの時には、脳障害と思われる発作がありましたので、全身麻酔に耐えられるか判断に苦しみましたが、国ちゃんは四肢障害はあるものの、体重も安定してきており、それほど不安もありませんでした。
ただ、ブログの読者さんたち皆さんが応援してくださる国ちゃんですから、院長先生には変なプレッシャーがかかってしまっていたようですが(笑)
ここだけの話、前日からイメージトレーニングまでしていたそうですよ!

とにかく、無事に去勢を終えました。
同時に、レントゲン撮影もしてもらいましたが、内蔵に奇形は見られず、いたって健康な状態でした。
脊椎の変形、奇形はありませんでしたが、椎間板が薄く、体を伸ばすことは苦手なようです。
確かに、検査で立たせるようなことがあると、嫌がるそぶりを見せていました。
四肢の骨瘤については現状維持、若干始めのころからすると大きくなってきているようにも見えますが、まだ歩けなくなるような状態ではありません。
この状態が続いてくれることを祈ります。



病院での国ちゃんです。
最近ではすこし我も出てきて、病院にはあまりいい思い出がないようです。
家では安心しきった優しい顔をしていますが、病院ではすこしふてくされたような顔をしています。



ちょっと、かわいくないですね。
ガンダムに出てきそうです。









お気に入りの国ちゃんのソファーです。
この上で丸くなって寝るのが趣味です。
それと、ご飯ですね。

「国ちゃんの趣味、ごはん!」

ミッキー部長でした。

---------------------------------------------------------------------------------

「純情仔猫物語メモリアルストラッププレゼント」



続々とお申し込みの封筒が届いています。
個別に受領のお知らせはできませんが、大切に保管しています。
受付日順に梱包していきますが、できる限りまとめて出荷作業を行いたいと考えていますので、お急ぎにならずとも大丈夫です。

こちらにまとめてあります。
時々加筆修正すると思いますので、申し込み前にはかならず一通り目を通していただき、この記事にしたがってご応募ください。

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ



| 03:51 | 国丸 | comments(15) | - |

久しぶりの更新になってしまいました。
ブログを書くのは初めてなのですが、少し気を抜くとすぐに間隔があいてしまいますね。
毎日更新するのって、よほど気合を入れないと難しいです。
KAZUさんは毎日、それも決まって朝方に更新していましたが、今更ながらによくやっていたなと思います。
彼女のスタイルは、時間のあるときに一気に数日分は書き上げて、後日アップするようにしていました。
意外とそうしている方って多いみたいですね。
人によってはもっと、一週間とか、二週間とか、そのくらい先まで書き上げて保存しておく方もいらっしゃるようです。
私は記事を書くのにものすごく時間と推敲をかけますので、KAZUさんのように勢いで書き上げるタイプではありません。
普段は仕事をしていますので、えい、と気合を入れて記事を書いています。
もっと気軽に更新すればいいんでしょうけど、性格でしょうか、何度も読み返して、読みやすいように構成されているか、難しい言葉を使ってしまっていないか、そんなことを考えながら執筆しています。
もう少し頻繁に更新できればいいんでしょうけど、そもそもKAZUさんのブログですから、彼女の意に沿うように気を使いながらだとやはりそれなりの時間がかかってしまいます。
あまり無理をして続かなくなってしまうようだと本末転倒ですからね。
ちょっと間隔があいても、ちょくちょく覗きにきてくださいね。
へんな時間に更新したりしますから。

KAZUさんの執筆スタイルについてはまた後日詳しく取り上げたいと思っています。

--------------------------------------------------------------------------------------

昨日は国ちゃんを病院に連れて行きました。
もともとヘルペス持ちと思われるのですが、ときどき目がしょぼしょぼしてしまいます。
いつもできる限り早めに対処するようにしていますが、とくに季節の変わり目や寒くなってくるとカゼの症状が出ます。




久しぶりの通院です。
最近は下痢の症状もほとんどおさまり、お薬は中断しています。
健康状態もよく安定しています。


目の周りを掃除してもらいます。
目薬はしみたようで、ちょっと痛がりましたけど。


いいこいいこしてもらって、よりいっそう顔がつぶれちゃいました。

で、衝撃的なこの数字。


また、体重が増えました。
2.15kgです!
しばらく前にまったく体重が増えず、1.6kgのあたりをさまよっていたころはそれがベスト体重かと思っていましたが、やはり下痢による影響だったのでしょう、栄養の吸収が安定すると体重も増えてきました。
依然として食事制限は厳しくしていますから、太ってきたということはなさそうです。
骨格からするとこのくらいの体重で安定してくれるといいのですが、これ以上増えるようだと少し不安になります。

普段の国ちゃんは相変わらず緑のバッタで遊んでいます。
飽きもせずにいつまでも遊びますよ。






ちょっと一休み、一休み。
国ちゃん、起きてますかー?

またまた国ちゃんのご飯風景を撮影してみました。
ちょっとノイズが乗ってますけど、気にせずに。



他の家猫さんも撮影してきましたけど、それは後日また。

ミッキー部長でした。

2クリック応援お願いします 





| 08:40 | 国丸 | comments(17) | - |

ここ最近の国ちゃんは本当に普通の猫と変わらない表情を見せています。
もちろん、華麗に走ることは難しいのですが、それでも、横になっているとき、紐で遊んでいるときなどに夢中になる様は以前の国ちゃんには見られなかったものです。
ごろんしてしまえば、足に負担もかからずに楽しく遊べます。
そんな自分の身体と折り合いをつけ始めたのか、自ら楽しいことを求めて冒険しています!






以前はじっとしていることが多かったので、KAZUさんも撮影しやすかったようですが、今ではよく動き回るのでピントが合わないことが多くなってきました!


これはなんでしょう、べつにほえているわけじゃないんですけど、国ちゃん、怖いですよ。


これはなんていう生物でしょうか?
とても猫には見えませんね!?


KAZUさんはあえて国ちゃんの障がいを隠さず、皆さんに報告してきました。
国ちゃんの現実をさらすことで、安易なペットブームに警鐘を鳴らしてきました。

国ちゃんの後ろ足は曲がってしまっています。
歩くときには肉球は地面につきません。
痛いので足の一番外の一部分だけをごくわずかに着地させて歩きます。
片足だけならまだましかと思いますが、残念ながら左右とも痛みがあるようです。


右足の一部だけ地面についているのが分かりますか?
足を上げた時を撮影したのではなく、これが精一杯なのです。




後ろ足に関していえば、点で体重を支える形になってしまっています。
こうやって足に注目して撮影すると、いかにいびつに曲がってしまっているかわかります。
幸か不幸か、これはKAZUさんのところに来たときから、それほど変わっていないように見えますので、これが悪化していくのかどうか、日々良く観察しています。

体重は現在、1.95kgとなっています。
おそらく、これが国ちゃんの標準体重なのでしょう。
これ以上増えるようだと、逆に足に負担をかけてしまい、歩行困難等の症状が出る可能性もあり、食事制限は慎重に行っています。
本当は国ちゃんはものすごく食いしん坊なんですけど、心を鬼にして、規定量を一日二回あげています。
国ちゃんはご飯がしまってある場所を覚えているので、そこに近づくとピーピーとそれはかわいい声でおねだりします。
あれほどかわいい声でねだられると、ついついあげたくなってしまうのですが、ごめんね、がまんだね、と声をかけています。

KAZUさんはこういう時、国ちゃんごめんね、ごめんねって、やさしく撫でながらあやまっていたのでしょうね。
KAZUさんの手は猫ちゃんにとっては魔法の手だったんだと思います。
猫ちゃんはみんな、彼女の手にやさしさ、ぬくもり、あたたかさを感じていたんですね。

国ちゃん、お母さんいなくなっちゃったけど、一緒にがんばって生きていこうね。
さびしいのはみんな同じだよ。

ミッキー部長でした。

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ



| 00:06 | 国丸 | comments(23) | - |

今日は国ちゃんをかわいく撮影してみました。
体重が増えて、全体的にお肉がついたので、首がなくなっちゃいました(笑)
今日はもう一度病院に行って、体重測定と健康診断してきます。

同じ薬を続けると耐性がついてしまう可能性もありますので、一度止めて様子を見たいところですが、すぐに水下痢に戻ってしまうようだったらそれもまたかわいそうです。
国ちゃんはやっぱり体の調子を細かく見ていき続ける必要がありますね。


カメラにちょっかいを出す国ちゃんです。
あまりにも多く撮影していたので、カメラのシャッター音にも慣れて、逆に遊ぶ余裕もでました。
本当に初めの頃から比べると、大進歩です!
KAZUさんの細かなケアがこうやって国ちゃんの成長につながってるんだと思います。


アップの国ちゃん。


こうしてみるとやっぱり丸いです(笑)
国丸くんなら丸くなきゃおかしいですよね。


前回、アップできなかったチョコさんです。
長女らしく、いつでも落ち着いています。


ミントさんの横顔です。
横顔もきれいです!

できればチップさんをワクチンしたいところですね。
また洗濯ネットにお世話になりましょうか。
暴れるくらい元気があればワクチンもできるのですが、まだ完全に本調子というわけではなさそうなので、まずは健康診断からですね。

KAZUさんもまさか家猫さんたちより先に虹の橋を渡ってしまうとは思ってもいなかったでしょう。
できる限りこのブログを通して、KAZUさんにも報告していきたいですね。
あ、でもKAZUさんなら家猫さんたちと一緒にいるのかな。
わざわざブログを見に来ないでもちゃんと見ていてくれればうれしいんですけど、、、

家猫さんのところにいたら、他の猫ちゃんたちとは一緒にいれないんでしょうか。
それともあっちこっちに同時に出没できるのかな?
うーん、本人に聞いてみるしかなさそうですね。

ミッキー部長でした。

皆さんのコメントはすべて大切に読ませていただいています。
KAZUさんへの気持ち、私への励ましの言葉、どれも気持ちのこもった皆さんからのメッセージです。
私もこのブログの更新を通して、KAZUさんを感じられたらいいなぁ、と思っています。

2クリック応援お願いします 




| 10:47 | 国丸 | comments(52) | - |
 国ちゃん、久しぶりの病院です!
もう、慣れたものです。緊張すらしませんよ!

ここ最近は非常に調子がよく、下痢も収まっています。
そのおかげで、体重も増えました!

なんと1.9キロ!200グラムも増えました。

病院のスタッフからも驚きの声が上がりましたよ。

「国ちゃん、太った!」
「ますます、丸くなった!」



病院ではみんなの人気者なんです。



院長の診察待ちだって、ちゃんとお座りして、お行儀よく待っていますよ。
これまでの国ちゃんの猫生で、今が一番調子がいいのではないでしょうか。

KAZUさんからも喜びのメールが入りました!

「国ちゃんが1.9なんて夢見たい!!
ずっと1.6だったのに、保護当時はたった1キロだったのに!」

国ちゃんもKAZUさんに心配かけないようにがんばっているようです!

ミッキー部長でした。

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ





| 02:09 | 国丸 | comments(16) | - |
国ちゃんを保護して一度も聞いたことがないシャー!
この子は家猫がちょっかい出しても
子猫が何をしても本当に良い子で怒らない猫なんだなと思ってました

が、

初めていった「シャー!」に家族一同!おおおおお 
(ちょっとブレブレでごめんなさいね)



あれは何ですか?とガン見

しっぽボンとビックリ状態


あんこちゃんだよー



あんこちゃんお散歩の途中で我が家によって
一時帰宅できそうな親類がいるので打ち合わせ

あんこちゃん、国ちゃんだよー(猫だよ)



見つめ合って、国ちゃんが「シャー!」
国ちゃん、強い、強い

従姉妹に国ちゃんは子猫なの?
何でこんな足なの?
足痛そうだよ、怪我してるの?

(-ω-;)えーっと・・・
(きっと説明した後には馬鹿だと思われるんだけどね)

国ちゃんのシャー!が嬉しかったのは・・・

国ちゃんは数百匹の犬猫がいた倒産したブリーダーからの保護で
保護当初は病院で犬を見ても、そばで掃除機をかけても
普通の猫が驚くような感情全てが皆無でした

むしろ初めてのねずみのおもちゃに驚き怯えたぐらい
劣悪な環境で猫らしくなかったと思います



ご飯が好き
私とお布団で寝るのが好き
犬はシャー!なんだね

喜怒哀楽もっともっと出して国ちゃんの心地よさを見つけてね

2クリック応援お願いします 



 
| 22:48 | 国丸 | comments(2) | - |
<new | top | old>