純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 記憶なし | main | 茨城県阿見の現場 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
阿見町ブリーダーについてご報告があります

今まで途中経過をご報告できずに申し訳ありませんでした
弁護士さんのアドバイスと
犬猫を守る為
ほんの少しですが県に対して今度こそはと期待をした繰り返しでした

短期間の署名でも集まった約27000人の方々
おそらくそのまま署名運動をしていたら、想像を超える人数だった気がします
数の論理でもないけど、それだけ「これはあんまりだ」と
ご理解くださったと思います



その気持ちとはあまりにかけ離れた温度差の違う行政

沢山の方の地道な行政と話し合いと説得
それはほぼ平日、毎日であろうぐらい
県庁、センター、環境省と連絡をしてくださった方

今も県に強く抗議してくださっている議員さん

今年1月に警察の強制捜査もありました
その見解として、警察も環境省も県庁も
虐待の定義である「ネグレクト」と認められました
警察関係は今後動きがあると思います

ただ、県庁やセンターが動きブリーダーの登録取り消しは行われず
5月14日にブリーダー自身が自主廃業、金曜日にそれを受理され
形的には廃業になりました。

しかし
4月に確認出来た猫33匹、犬47頭
下旬には出産シーズンでもっと多くいたと思われます

5月17日に確認した時点では成猫13匹子猫22匹
なんと犬は1頭です

成犬、成猫たちは仲介人によってブリーダー仲間に渡りました
おそらく80頭ぐらいだと思います

残りの猫たちの保全について
行政にはもちろん
ありとあらゆる・・・思いつく限りの事をしました

毎日その連絡事項を最優先にし
なぜまた道具に使われることがわかっていて
何も出来ないだろうと
悔しくて、悲しくて、心何度も折れましたが
今現在でも保護できない状況です

登録取り消しについては
センターだけが後ろ向きで続投意見
綺麗になったから
狂犬病のワクチンをしてくれたから

それをしたのもセンターに報告してから半年以上も経った3月下旬
長年の間、一度も接種してないことに関して何も思わず
愛護法違反でこれから送検されるであろう場所の犬猫を
県は1頭も保護しないで解決と

保護しない理由に
私が訴えた言葉を逆手に取られました

私はブリーダーが今まで不要犬をまとめて10頭ほど
センターにたびたび処分に出していたと聞き
この件が発覚したのも数回目の持ち込みに気付いた方がいたからで

「センターが動物取扱業の不要犬猫をそう簡単に引き取り処分しないで欲しい」

その言葉の揚げ足取りで
そちらが引き取らないでと言ったから引き取らないでした

私は処分
殺さないで欲しいと言いましたが
保護しないでとは言ってません
常識があればわかるかと思います
署名提出の際に何度も何度も犬猫を保護してください
こちらも受け皿を用意しますと言ったのですから

問題の根底はもちろん基本はブリーダー自身ですが
県庁とセンター
むしろセンターの方は全くと言っていいほど
何もする気なしの姿勢です
自主廃業したからそれでいいというような感じです


密かに成猫の預かりさんも探してました
その団体さんはセンターできっと助けを求めてる子がいると知りつつも
茨城の子を保護したいとセンターに行くのをやめました
個人の方も1匹なら・・・と名乗り出てくださいました


結局、生き地獄か殺すか

長年放置した愛護センターの責任はどうなのか
愛護センターの役割として職務を全うしたと言えるのか

この事だけは、決して忘れないでもらいたい
死なないで済んだ命は絶対にあったはず

また道具として一生を終えるのかと思うと
申し訳なくて、涙が出て、ここ数カ月何度も心が折れそうになり
何か出来ないか・・・

マスコミも
議員さんも
方々手を尽くしてくださった方も

本当にごめんなさい・・・

私はあなたを心から保護したいと思い
心にその瞳を刻み続けていたのに



無力な自分に悔しくて
あなたの瞳が忘れられなくて

本当に・・・
ごめんなさい
皆さんの署名してくださった思い
いまだ達成できずにいます

昨日は茨城まで行き弁護士さんとお会いしました
今後、残りの猫を違法な形で売買されれば
それは県にすでに通報済みなので
黙認し加担したことになります
県の職務怠慢、同愛護法違反で告発します

県は
「ブリーダーに渡っても違法ではない」

これが・・・茨城の愛護の行政です

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



子猫が多く処分されています

| 10:18 | ブリーダー、ショップ | comments(34) | - |
| 10:18 | - | - | - |
りとる (2010/05/20 10:29 AM)
何故、同じ愛護の行政に、こんないも差があるんでしょう。。。
熊本では殺処分ゼロを更新しているというのに・・
マキロン (2010/05/20 10:56 AM)
茨城の現状がこれほどとは・・・・・。
言葉もありません。
愛護の精神は微塵も感じられません。
この事実をもっともっと多くの方に知ってもらい、
とくに茨城県民の皆さんが声を大にしなければ
いけないのでしょう。
それでも・・あれだけの署名を集めても事態が
打開されないなんて・・・。
そこに無関心では括れない悪意さえ感じてしまいます・・・・。
peachi- (2010/05/20 11:12 AM)
涙が止まりません。

ただただ、不幸なわんちゃん・猫ちゃんを今度こそ幸せにしてあげたい。
ただそれだけの思いが、どうしてこんな形で裏切られることになるのか。

どうして。どうして。

その言葉しか出てきません。
レオンの姉 (2010/05/20 11:13 AM)
本当に酷いと思います。
私達の声を無視し、
悪徳ブリーダーのする事をみすみす
見過ごして時間を与えて命を粗末にし、
本質をうやむやにしてしまった茨城の愛護センターや行政、絶対許せない。
申し訳ないけど、茨城県が嫌いになっちゃいそう。

転売されていった子達の事、どう思っているの?
愛護センターの人達はなんとも思わないの?
聞いてみたいです、直接。
本当にがっかりです。
どうしたら…
愛実 (2010/05/20 11:31 AM)
KAZUさん、おはようございます。

この膨大な数の署名を見てなぜ素直に「命を守ってほしい」という願いに気付いてくれないのでしょうか。
何がしたくてセンターに就職したんですかね?
しかも言葉の揚げ足をとるなんて、大人げない。
小学生だって今時そんな理屈はこねませんよ。

例え1匹の命かもしれない、
でもその1匹を救えないのなら2匹も3匹も救えない。
 
 小さな事の積み重ねでしか、大きな成果は得られない。

どんどん、やりましょう。
命を守りましょう。

この白猫ちゃんの声になって、
私達がしぶとく、しつこく、意地になってやってやりましょうよ。
謝らないで下さい。
私達の声を集めて届けてくれて、
心無い言葉にも盾となってくださって、
こちらこそごめんなさい。

全然力になれていないけれど、
どうにか応援して、必ず命に繋がるようにずっとずっと私は諦めないです!
みぃにゃん (2010/05/20 11:55 AM)
署名に参加した一人です。ある意味窓口の愛護センターがこんな態度とは・・・。署名の数なんて意味のない対応・・。腹立たしいです!でも正義は勝つ!です。なかなか目が覚めてくれない世の中ですがいつかきっと動けば進みます!それを信じるしかないです!!
もも (2010/05/20 11:58 AM)
ひどい。。。
熊本のボランティアの方のブログを読んでいますが、熊本市動物愛護センターの職員の方には茨城には微塵も感じられない動物への愛があります。

動物達の事、KAZUさんのお気持ちを考えると、やりきれません。
ねこのおばさん (2010/05/20 12:01 PM)
KAZUさん、ありがとうございます。

私達が要望してきた事と全く違う結果になってしまい、本当に悔しい、悲しいです。
知事にも県庁にも、知事自らブリーダー登録取りの業務命令を下して欲しい、センター職員を変えて欲しいと要望したにもかかわらず、返ってきた回答は「自主的な廃業を促し適切な指導を継続する。司法判断が示された場合には,国とも協議のうえ取り消し処分を含め厳正な対応も検討する。」センター職員の件に至っては回答もなし。
虐待と認めながらどうして動けないのか、全く理解できませんでした。
もっと早く行動してくれていたら、逮捕してくれていたら、沢山の子達が救えたのに。

力不足で本当にごめんなさい。
せめて残っている子達だけでも救ってあげたいし、行政にこれで一件落着なんて思わせる訳にはいきません。
県・センター職員の職務怠慢、同愛護法違反の告発に、署名など後押できる事がありましたら、これからも発信して下さい。
応援しています!
ちいまま (2010/05/20 12:02 PM)
酷い、あまりにも酷い事。 ブリーダーの手に渡った子たちを保護する手立ては無いのでしょうか。こんなむごい事ができるなんて。
私達にできる事はないでしょうか。
長い間矢面に立ち訴えてくださったKAZUさん達の気持ちはどれほどだったかと思います。
そして、何よりこれからも繁殖のために利用されなければならないあの子達を思うと、いたたまれないです。
あび (2010/05/20 1:30 PM)
すいません、うまく言葉が…
怒りと、なんともいえない感情がお腹のあたりに
ドンときてます。
それ以上にすごく悲しい痛みが胸をしめつけます。
残った子はどうなるんでしょう…
行政の非道さが腹立たしいです。
ちゃんと言葉に綴れなくてすいません。
トミー (2010/05/20 1:55 PM)
本当に言葉で感情を表せないほどの怒りで我慢できません。

どうして茨城の行政は訳の解らない人達ばかりなのでしょう!!
そんなに意固地になって何がしたいのでしょう!!
考えられないです。

悔しくて悔しくてしょうがないです。

KAZUさんやみなさんは何にも悪くないです。
謝らないで下さい。

私も絶対諦めませんから!!
もんたん (2010/05/20 3:51 PM)
私の住んでる茨城県、これほどまでにバカなのか・・・
くそったれ共め!!!
行政の人たちは いかに仕事をしてないか 楽しようとしてるか、まるわかりですね。

なんで こんなにも血がかよってない考え方なのか・・・
茨城県民を代表してカズさんに 謝ります。
すいません。本当に理解に苦しむ行政ですいません。

今から茨城県庁に抗議してきます。
もんたん (2010/05/20 4:24 PM)
抗議のメールをおくってきました。
みなさまも できたら茨城県庁ホムペにアクセスし、
意見メールをだしてください。
頭の固いっつーか いなかいなかしてる、いなか特有の融通の一切きかない、脳の構造をもった職員に激怒の文章を
 ぜひ・・・・・・。
ずうずうしくも連コメ 失礼しました。
江戸っ子 (2010/05/20 7:07 PM)
揚げ足を取って、真意を理解しようともしない
面倒なことを避け、保身に必死
最低ですよ・・悔しいです
とにかく、犬猫たちの健康と命の話なのに・・
なぜわからないのか?!
人なんですかね?!

抗議メールを送ってきます!


Mikiko (2010/05/20 7:43 PM)
はじめまして。本当に悲しくて、頭に来てしまい、書き込みさせていただきます。

私も、このブリーダーに関して、昨年11月に茨城県のHPから意見メールを出しました。それに対して来た返事は以下の通りです(少し長くてすみません)。でも、何にも、変わらないのですね。市民の善良な声を無視し、この様に適当にあしらって、事を済ませようとする。。。市民を、命を愚弄しているとしか思えません。

(以下、昨年11月7日付、茨城県保健福祉部生活衛生課からの返事)

ご指摘のありました阿見町のブリーダーにつきましては,先般,飼養施設の状況,動物の
管理の方法等に関して,動物の愛護及び管理に関する法律(以下,「法」という。)第24条
に基づき立入検査を行い,改善すべき事項について,法に基づく所要の行政指導をしており
ます。なお,改善結果につきましては,文書により期限内に具体的な内容を報告するよう求め
ているところです。
 今後,この改善報告に基づき,確認のための立入検査を実施し,改善が認められなかった
場合には,法第23条(勧告,命令),さらには法第19条(登録の取り消し,停止)に
基づく措置を講じてまいります。
明日茶 (2010/05/20 7:55 PM)
…いや〜…

とりあえず今、絶句。
みよちゃん (2010/05/20 8:00 PM)
矢面に立ってくださったKAZUさん、皆さんの気持ち、
署名をされた沢山の皆さんのこんな事許されないという気持ち・・。

ブリーダーからブリーダーへ渡すために訴え続けたのでない・・・、というKAZUさんの思い・・・体が震えます。

問題が表面化してからセンターの指導、開示請求で受け取った書類を見る度情けなくなります。だらだら続く内容のない指導。掃除をさせておけばいいのかと怒りに変わります。

狂犬病の指導で町との協力体制が必要なのに町の申し入れにも
いやこれは県の仕事だから町は来ることはないと、センター課長。3月の改善勧告で狂犬病接種がきちんとされない場合は告発をすると、個体識別の指導もはっきり書いていたのは町です。

阿見の猫の個体識別はちゃんとなってますか?
犬は狂犬病が義務づけられてるので出来ますが、猫はワクチン接種が義務ではないので特にないですね。
では一字一句 「猫・に・ワ・ク・チ・ン」と書いてないと出来ないのですか?
う〜んまあそういうことですね。ただ講習会では指導してまよ。
とセンター長さん。

だらだらの指導のつぎに矢継ぎ早の自主廃業への動き。
あわてふためいている内に肝心の犬猫がどうなっているのかも確認できません。県にもセンターにも保護してください、お願いします。せめてまだいる子だけでも保護してください。お願いします。なんど電話しても、あの人達に所有権があるので、廃業するまでは一般の人へにしろブリーダーへにしろ売買は禁止できない、の一点張り。法律はそうなのかも知れません。でも虐待認定を受けているのだからせめて一時的な保護をして下さい。
保護は?「むりですね」 では放棄を促してください。「やってます。もう可哀想だからこちらで引き取りますからって何度も説得してます。でもあの人達が納得しないと強制的にはできないです」

橋本知事が自主廃業を促すように、そして犬猫の保護をと指示していたら、四角四面の法解釈のセンターも県もやったのでしょうか、それとも所有権があるから無理ですと知事にも言ったのでしょうか。

居場所は確認していると県もセンターもいいます。まだ居場所が分かっている内になんとか出来ないのでしょうか。諦められません。知事宛ファックス送ります。

長々とごめんなさい。






KAZU (2010/05/20 8:16 PM)
★みよちゃん様★
ずっと支えてくださってありがとう・・・
みよちゃんさんとうめはんさんが
サポートしてくださらなければ
私はとっくのとうにくじけていたと思います

今知人から連絡が入りました

子猫0
成猫2
犬1

業者が持っていったのでしょう
せめて残りの2匹と言っても渡してもらえないそうです

悲しくて悲しくてたまらない

結局何も出来ず
また苦しみながら生きてなんて

私のばかやろう

茨城のばかやろう

本当に本当にごめんなさい

助けられず本当にごめんなさい・・・
ЖRinoЖ (2010/05/20 8:39 PM)
何故?
どうしてそこまでしてまで金儲けを優先にするのか理解が出来ませんね。
KAZUさんの言ったことを逆手に取るなんて…許せないの一言です。

KAZUさん、あまりご自分を責めないでください。
KAZUさんが居てくれたからこそ、私たちもこの状況を知ることが出来たのですから。
私に出来ることならお手伝いさせて頂きたいと毎日思ってます。
弘美 (2010/05/20 8:43 PM)

KAZUさんのblogを前から拝見させていただいています。
私の大切な猫はおばあちゃんですが、名前をかずのこといいます。
だからKAZUさんに親しみがわいています。

私は山梨に住んでいますが、こちらで茨城県の現状を知ってから県にメールを送っています。
今回も抗議のメールをしました。

私の声など小さなものですが、まとまれば大きな力になると信じ、叫び続けていきます。出来ることをしていきます。
KAZUさんの声も日本中に届いています!
だから、諦めないで!
(2010/05/20 9:44 PM)
私は今後どんなことがあっても
茨城県だけには住むまいと心底思いました。
テキトーな仕事をして給料をもらえればいいやと思う
輩ばかりなんでしょうね。
ズッコのマミィ (2010/05/20 10:15 PM)
一生懸命やっても、どんなに努力してもなかなか超えられない壁ってあるんですね。
その壁が何人かの人間の考えで買える事ができる可能性があるだけに、こういう現実を知るのはとても口惜しいです。
住民の願いの聞きいれを拒否する行政には、どういう意味があるんでしょうか??
基本の基本の基本なんだけどなーって、がっくりしますね。
でもKAZUさんの周りには、これからも壁を乗り越えるべく力を合わせて頑張ろうと言う人が沢山いるのですから、どうか頑張ってください!
miki (2010/05/20 10:55 PM)
KAZUさん、こんにちは。

なんか呆れてしまって何を書いていいんだか…

阿見町のブリーダーは廃業してもそこにいた子たちはよその場所で何一つ変わらない日常をおくっているって事ですね。

写真で見た子たちをピカピカの笑顔にしたくて会社で署名して貰ったりしたんですけどね。

KAZUさんのせいではありませんから、どうぞ、謝らないでください。悪いのはブリーダーと茨城県の担当者のやる気のなさです。

元気出して下さいね。






猫友 (2010/05/21 12:01 AM)
文章、書いて頂きありがとうございました。


カズさん、ごめんね。ごめんなさい。

たけちゃんの仲間達、本当にごめんなさい。
tome (2010/05/21 12:19 AM)
私も涙が出てとまりません。

センターの人達は、犬や猫の気持ちを考えた事があるんですかね?どうせ、ないですよね!こんな酷い状態でも放っておいて、あげくのはてに保護もせず、見捨てるなんて!

動物愛護法違反で職員を訴える事は出来ないんですかね?常識的に考えて、そこまで放っておいて、最後は保護できないなんて、業務怠慢ですよね。(KAZUさんのあげあしまで、とってるし。)

悪徳ブリーダが手放した犬猫は、また同じ様な環境の業者に渡された可能性大ですね。どこの業者に引き渡したのか?そこまでセンターの方達は追いかけて、センターの名に恥じない仕事をしてもらいたいです。そこまでやるのか彼らの仕事だと思います!そして、渡した先の悪徳業者の登録も末梢してほしい!

私も、茨城県に抗議のメール出します!!
マース (2010/05/21 12:48 AM)
KAZUさんお久しぶりです。
この件に関しては私の方でもいつ来ても良いように
席を空け待っていたのですが。。。
とうとうこんな事に。。。悔しいです。そしてとても悲しいです。
この事を多くの方にも知ってもらいたいと思います。
転載させて頂きます事をお許しください。
みよちゃん (2010/05/21 10:17 AM)
ねこのおねえさんが書いてくださった知事の回答書。

なぜその中に犬猫の保護を、指示してくれなかったのか、愛護に関してどのような認識なのか、今、居場所が分かっている内にただちの保護への英断を! いつするかを教えてほしいと封書で送ります。

310-8555 茨城県笠原町978番6 橋本県知事様

このように送ると知事が目にするそうです。

みなさん、一緒に送りませんか。


ゆずちょび (2010/05/21 11:04 AM)
私も署名に協力させて頂きましたが、社会人の娘と
大学生の娘も、職場や大学に署名用紙を持って行って、同僚の方やお友達に、協力してもらいました。

皆、犬や猫を飼っていないそうですが、話を聞いて胸を痛め、署名してくれたそうです。

そのようなたくさんの署名に参加した人の思いが
全く伝わらなかったかのような結果に、悔しくてたまりませんね。


でもこのまま引き下がるわけにはいきませんよね。
メールや手紙、マスコミへの要請など
出来る限りのことをやってみたいと思います。
トラ印 (2010/05/21 8:07 PM)
KAZUさん初めまして。
以前からお邪魔していますが、今日の記事、本当に腹が立ちます。命あるものを何だと考えているのでしょうか?私達と同じように感情を持っているんです!!
沢山の人にこの事を知って貰いたくて、今日杉本彩さんのブログのコメント欄にこの記事の事を書かせて貰いました。
事後報告になっていまい、申し訳ありません。
KAZUさんのお気持ちを考えると、胸が苦しくなります。。。でもこちらのブログでブリーディングの現状や猫ちゃんの保護活動の事を詳しく知り、このままではいけない!と自分に出来る事をしなくては!と。。。
自分を変えるきっかけをくれた、KAZUさんに感謝しています。そういう人が沢山いると思います。だから必要以上に自分を責めないで下さいね。
ゆき (2010/05/24 5:44 AM)
今、ブログ全部読んでいってます。文章に何度も、心折れそうになると、出てきてブログを読む事しかできてない自分が情けなくなります。毎日沢山の動物達が殺されてる事を思うとゆっくりなんかしてられない でもかずさんの身体も気をつけてくれないと、みんなを助けられないから‥
気持ち分かりすぎて複雑で何て言ったらいいのか‥
ゆめ (2010/05/24 9:53 AM)
今回の茨城の件、ブログを読ませていただきました。

行政や議員の方々は、給料を頂ければそれでいいんですよ。
大きな問題にされるとやっかいですからね。
なすり合いです。

「命」とい観点せ、心からみていないのです。
そんな議員を選んだのは、県民だし、茨城県の行政で働いている一部は、天下りだし・・・


この問題を、茨城県だけとして取り上げる事も非常に大切ですが、このような悪徳ブリーダーは、後を絶ちません。
一番は、マスメディアに訴えて取り上げて特番を組んで頂くことが必要だと思います。

現状を、TV局や報道に伝えて取り上げて欲しいものです。

その上で、行政の方の対処を観たいですね。
この子達のように、飼い殺しにされている行政の方々も分かるのでは???
(すみません、暴言です。このくらいの暴言は許されますよね)
リンママ (2010/05/24 10:51 AM)
はじめまして。
茨城悪徳ブリーダーの存在を知り署名を集めた者です。
こんな結末になるとは思いもせずで、信じられません。暑い夏がやってくる前に助けられると思っていました。生き地獄から解放されずに他のブリーダーに渡るなんて…心臓がえぐられるような思いです。
茨城の職員がここまでとは…これでも同じ人間なんでしょうか。。
このまま何もなかったことには、出来ません!
絶対許せない。
マスコミの報道で茨城職員を徹底的にたたいて欲しい。日本中の人に、犬・猫の命をなんとも思わない愛護センターがあること、悪徳ブリーダーがそのまま野放しになっていることを知って欲しい。
そして動物愛護管理法の改正が絶対に必要だということを示して欲しいです。
各機関にメールします!
声を上げます!

KAZUさんのブログをリンクさせて頂きました。
事後報告をお許し下さいm(__)m
あお (2010/06/20 6:11 PM)
絶対許さない。水戸の県庁前で抗議デモやりましょうよ!友達にもブログを見てもらいみんな泣いてましたよ。いろんな人に声をかけブログみてもらってますから・・・。みんなかなり怒ってます。茨城県最低!!!!
ken (2013/06/09 11:48 PM)
述べられているブリーダーの違法性については、私は論じません。

興味もありません。

違法なら違法でしょう。


犬猫が好きな人は、この世にいていいと思います。
他人にたいした迷惑をかけないで、妥当な数を飼っているなら、その人の趣味です。

でも、命が平等でないことを理解しない人間は、私は嫌いです。

愛護教・共感教の狂信者という奴らです。

社会的地位が高かったり、学識があれば、狂信者ではすまず、愛護教・共感教の詐欺師という人物たちです。


犬猫を嫌う人は存在してはいけない、牢屋に行け、というやつらは、人権を理解していません。

犬猫は、下等生物です。人間以下です。
人間様と平等ではないのです。

気に入る個体だけ、飼い主がお目こぼしで、機嫌のいいときだけかわいがって「やる」のです。

犬猫を痛めつけたからといって、人間に対する、悪では全くありません。

見たくない人間に、わざと見せない限り。

愛の「押し売り」、愛の「ストーカー」が、どれだけ他人に損害を与えるか分かっていない人間に、愛を語る資格は無いと思います。


ただ、私の感情を述べただけです。

誰に対しても、何か強要脅迫するものではないし、
共存を否定するものではありません。

共存を否定するのは、愛護共感狂信者達のほうが多いのが、現実ですが。


今の動物愛護法を読んでみろって、おっしゃるのですか?
お答えします。
愛護共感派の意見しか入っていない、法律のほうが間違っていると、はっきり申し上げて、思います。

動物支配虐待派の意見と、動物愛護共感派の意見の両方を、法律に入れることが求められていると、思います。
バランス感覚が欠けた人たちは、自分たちの派閥の小さな小さな世界の中だけで生きて欲しいです。
宗教改革に敗北した後の、旧教派のように。

間違っても、社会人とは言えないですね。