純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 保護猫の近況 | main | ブリーダー放棄の犬猫 >>
まず、とらきちのねこさん日記から
パルボ注意報 第二弾 

これは長崎のお話ですが、関東でも増えています。
通年を通して発症する病気ですが
特に昔は冬が多いと言われています。

ワクチン接種率 1割〜2割
死亡率90%以上の怖い怖い病気です。
ワクチンさえしていれば助かる病気なんです。

外に出さないからは大間違いで、空気感染ですし
人間が持ち帰る事もあります。
ワクチンは年に1回(子猫の時期は年に2回)
通常5000円前後で接種できます。
どうか、命を守る為にワクチン接種をお願いします。

ワクチン出来ない病気の子もいます。
人慣れしてなくて、過酷な野良さんはワクチンしてあげたくても出来ません。
健康で普通の猫さんなら最低限ワクチンだけはしてください。

ワクチンについて、過去記事もご覧下さいませ。

ワクチンのメーカー


それと昨日のペットショップの事が、イラストですが
わかりやすく、えのきのこが書いてくれました。
本当に悲惨でした。

他の国では当たり前の事・・・
何でいつまでも日本って変わらないんでしょう。

今日はリンクばかりでごめんなさい。
何となくため息出ちゃう気持ちでしたが
天吉君(旧・ちっぽな君)の幸せそうな姿
(お正月の頃です^^ ありがとうございます)



尻尾の先は白い毛が増えてきたそうです(笑)



黒白の八割れさんをご希望で、お話をお伺いして
あー本当にこれってご縁だなと思う、素敵なご夫妻。
天吉君は最高に幸せだね。


そして、

あおちゃん、うみちゃんの里親様から何とも幸せなお写真





何回、もうやめようかな・・・そう思ったかわからない。

こんな幸せそうな育てた猫を見るたびに、エネルギーフル充電。
優しい里親様にどれだけ救われてるかわかりません。

コメントやメールや、たけちゃんの病院に駆けつけてくれたレオンの姉さん
ご支援頂いた皆さん、エールを送ってくださる皆さん
私だけじゃきっと出来なかった。

皆の力で繋がる命


ホントに、ホントにありがとう

1人でも多く見て頂きたいので2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



不幸な命をなくしましょう。

| 11:02 | 病気・行動学ほか | comments(13) | - |
モモ母 (2010/01/24 12:59 PM)
うーん…KAZUさんのブログを拝見する度、ため息が出てしまうのはどうしてでしょう?
ニャンコのワクチン接種率、1〜2割しかないんですか…
先日のTVタックルでワンコの狂犬病ワクチンの接種率が7割ぐらいで大騒ぎしてたのに?(まぁこれも問題ですが)
ニャンコのそういった情報が少なすぎますよね〜
もっとニャンコの切実な問題を取り上げて欲しいと思います。

確かにワクチン代はかかりますが、いざその病気になった時の治療代の方がもっと大変だと思うんだけどなぁ…
飼ってるだけで、ワクチン、去勢避妊手術といった最低限の事をしないのはダメですよね〜!

天吉くんやあおくん&うみちゃん、そのほかKAZUさんのところから優しくて素敵な里親様のところへ巣立っていったコ達の幸せそうなお便り、本当に嬉しいですよね!
保護主冥利に尽きるというか(笑)
辞められないお気持ち、よく解ります。
そんなKAZUさんを心から応援したいと思います。

本当は保護活動などしなくていい日本、ワンニャンが皆みんな当り前で幸せな生活が出来るようになれば一番なのですが。
ちいまま (2010/01/24 1:08 PM)
ちっぽな君大きくなって幸せそう!
うみちゃんあおくんの姿も私までとろけそうです。 はぁ〜可愛いなぁ〜


捨て猫だったちいがうちにやって来た時、まともに猫に触るのも初めてだった私は、どうしたもんかと考えまずは病院に連れていきました。掛かり付けがある訳もなくすぐ近くの動物病院にかけこみました。 愛想のない女の先生でしたが、猫初心者の私に細かく教えて貰いました。ワクチンの必要性と去勢手術の意味も。 去勢手術については可哀相な猫を増やさないためだけでなく、猫本人の病気の予防に大変有効である事も。

余計な知識が無かっのが幸いしたかも知れません。 偶然にもきちんとした先生に診て貰えたのも良かったです。
何かと猫相談にのって貰っている猫飼いの先輩は昔から猫を飼い慣れているせいでしょうか、去勢手術はしているのですが、猫のワクチンを知りませんでした。私なりにいろいろ説明するのですが、そこまでしなくても〜という感じです。 少ないとはいえワクチンの副作用の事など考えると無理矢理に勧める訳にもいかず、昔からの習慣、長年猫を飼ってきた自信のある人を変えるのは難しいですね。

でもこれからも猫談義しながらワクチンの事話します。



クウママ (2010/01/24 6:05 PM)
日本は年々ペットを飼う人が増えるのに猫が住む環境は良くないですよね。
センターに持込み処分する人・・猫を好きで飼ってるんだけど、病院代(ワクチン、避妊、虚勢手術)はもったいない。
避妊、虚勢手術、ワクチン代をケチるけど餌代、砂代トイレシートなら出せると言う考えが私は理解出来ません。
今までこういう事を知るのは非常に辛かったのですが、現実はもっと醜くひどい事が起きているんだなとKAZUさんのブログでいつも考えさせられます。
猫の目線で無償の愛でボランティア活動をされてるKAZUさん。
無償の愛とは見返りを求めないこと!!
頑張って下さいとしか言えないです。
茶ママ (2010/01/24 7:16 PM)
幸せをつかんだニャンコの姿にホッとします。
最初に手を差し伸べたKAZUさんはなおのことでしょうね。


実は、うちの子猫を保護したとき、病院の夜の診療時間まで時間があったので、どうしよう?!と、まず近所の小さなペットショップに連れて行きました。
そこで、動物愛護センターでは子猫から先に処分されることを教えてもらいました。
(恥ずかしながら、それまでセンターでは可愛い子猫から、引き取り手を探してもらえるとばかり思っていまして・・・)
「この仔たちを自分らは助けられないけど、助けてもらえるのなら・・・」と財布の中身も確認せずにやってきた私たちに、ミルクと哺乳瓶を半額で売ってくれました。
そこには店の中央にドーンとサークルがあり、子犬が二匹遊んでいるだけで、他に動物の気配はありませんでした。
その時は、動物のいないペットショップだな〜と思っただけでした。


正直、子犬や子猫がガラスケースに入れられたホームセンターなどのペットショップしか知らず、KAZUさんのブログで、そういう所は動物たちにとって悪環境なのだと、初めて気付きました。
近所のペットショップさんは良心的なところだったんだと。
自分の無知さが恥ずかしいです。

これからも色々なことを教えてください。
ズッコのマミィ (2010/01/24 9:11 PM)
猫のワクチン接種率が1−2割というのは低いですね。
世界中のエキスパートの意見を読んでいると、猫のワクチンには色々と言われる事もあるようですが、そういう場合でも子猫のワクチン接種は必ず必要と言われていますよね。
バルボは感染度が高いから、ワクチン接種してないと一緒にいた飼い猫や地域猫が全滅してしまう事もある怖い病気ですよね。
動物を飼う人の基本的な知識というのは、どうしたら広める事が出来るんでしょう…

KAZUさんがやってくれるおかげで、どれだけの猫達が命を拾われ幸せになった事でしょう。
活動を続けて行くのは、並大抵の苦労ではないと思います。
必要な時には、常に何かできる事があれば!と思っている私達を大いに利用してください。
るる (2010/01/24 9:28 PM)
いつもブログ拝見させていただいていますが、今回はじめてコメントします。

KAZUさんのブログをきっかけに無責任な飼い主やブリーダーや、それを取り締まることができない日本の法律を知って、自分がいかに無知であったか知りました。

私は去年の7月から捨てにゃんこを飼いはじめたばかりですが、こんなにゃんこ初心者の私でも今飼っているにゃんこを中外飼いするなんて(今は完全に室内飼いです)、ましてやセンターに持ち込むなんて考えられないです。
でも現実にはそんな酷いことする人がいるんですよね。同じ人間とは思えません。

私は茨城在中ではありませんが、茨城の大学に通っています。なので、茨城のブリーダーのことが人事だと思えません。 ついこの前も、動物病院の先生がワクチン接種しにきたにゃんこに、家族は診察室に入れず、ワクチンを打たずに打ったふりをしていたということがありました。信じられないですよね。ほんとこの県どうかしてます。近いうちに県知事にメールしようと思います。

今私にできることは、こんなひどい現実をみんなに知ってもらうことだと思いました。まだ学生でお金を稼いでいないので保護活動はできません。
微力だとは思いますが友達や家族に、KAZUさんのブログに載っているセンターに持ち込まれた猫さんの写真や、悪質なブリーダーの話をしています。
私の話を聞いた友達はブリーダーやペットショップに対する見方が変わったと言ってくれました。

みんなの考え方が正しいところに向かって、もっともっと動物が住みやすい世の中になってほしいです。

文章長くなってしまい申し訳ないです。竹千代くん応援しています。
KAZU (2010/01/24 11:35 PM)
★モモ母さん★
あの犬の狂犬病というのも登録してるかどうか
甚だ疑問なので、フィラリアなどの予防に来てるか
他の犬のワクチンをしてるか
ちょっと怪しい気がします。

猫のワクチンはなぜか神話のように
室内飼いだと病気にならないと思われてる方が多くて
これは本当に間違いです。
どれだけパルボが怖い病気で死亡率が高いか。
センターで全滅、保護猫が全滅、よくある事です。

ワクチン出来ない病気の子や高齢の子は別として
ワクチンしないなら飼わないで欲しいぐらい思ってます。
人間だったらそれこそ大騒ぎの怖いウィルスで
ワクチンさえしていれば助かります。
これだけは本当に最低限してあげて欲しいですよね。

★ちいままさん★
どの獣医師さんでも、どんな名医でも
パルボだけはワクチンしか予防策がないとおっしゃると思います。
本当に苦しみますしバタバタと次から次へと亡くなります。
家だけでなく空気なので入院させてくれる所も少ないです。
愛猫が苦しむ姿を見た時に後悔しても遅いので
本当にワクチンはしてもらいたいです。

保護をしていて一番心がホッとする最初の瞬間は
ワクチンが無事に定着した時です。
それまでは神経をすり減らし隔離や消毒をしますが
最善を尽くしても凄まじい猛威をふるうウィルスです。

★クウママさん★
時々思います。
日本の猫が不幸なのは中途半端な猫好きな人がいるからと。
田舎ののんびりした所で中外飼いを10歩譲っても
ワクチンだけは1歩も譲れない。
それさえすれば死なないで済んだのに。
そう感じてる獣医さんが多いです。
一年に一度だけなのになぜ出来ないか
副作用で死ぬのは私は体験はありません。
人間のインフルエンザなど比ではないので
本当にワクチンをしてほしいと思っています。

★茶ママさん★
良いショップはきっと商売にならないでしょうね。
私の同期がペットショップに勤めて
持つ人(割り切る人)耐えられない人色々でした。
トリミングは出来ても生体販売が出来ない。
(その後始末が出来ない)
話だけですが、本当に酷い話ばかりでした。
こんなにペットショップの多い国も日本だけだと思います。

★ズッコのマミィさん★
パルボの恐ろしさは過去の体験で実際、地獄だと思いましたし
副作用云々と言ってるのは、これを見たらどう思うのか
こんなにも猫が苦しむんだよといつも切なくなります。
母猫がワクチンをしていれば母体抗体で守れたりするのに
処分される上にパルボで苦しむ姿を見ると
保護をしていてこんな辛い事はありません。
二次感染させた事はありませんが
日本のボラに対するイメージはパルボを出すと悪いという
誹謗中傷が始まります。
パルボの病気を出すのは二次感染は人間の罪ですが
その個体、最初に出たのはワクチン未接種の無責任な飼い主です。
パルボが出たらしばらく保護活動は出来ません。
家中、それこそリフォームのような感じの消毒作業になります。
ワクチン出来る子がなぜしないのか
我が子を怖い病気からなぜ守ろうとしないのか
私は理解できません。

★るるさん★
コメントをお読みして・・・ちょっと驚きました。
茨城の獣医さんがそんな事を。

色々な都道府県のお話を聞いても
(全部知っているわけじゃないんですが)
関東で一番酷いと思います。
こんなにも茨城県の名前を出していいものかと
最初は悩んだのですが、出さなきゃダメだと
色々知っていくうちに思いました。

茨城は新しく空港が出来るそうですが
本当に県民の方が県政を変えて深く考えて頂きたいなと思います。
知事の任期も含めて選挙の時にどなたに1票入れるのか
それは各地域に住む皆も同じですが無関心だとダメですよね。

皆さんに伝えてくださってありがとうございます。
エリ (2010/01/24 11:43 PM)

里親さんからの御写真本当にカワイイですネ
KAZUさんが一匹一匹心を込めて育てて、そしてお渡ししている姿に心打たれます。
KAZUさん大変でしょうけど応援しています。
応援していますしか言えずごめんなさい。

うちにも二匹猫ちゃんがいますが
ワクチンもして家の中で飼っています。
結構犬好きな人はいますが猫嫌いな人が
多いので、もちろん外に出すと迷惑をかける
ということもありますが何されるか分からないような気がして絶対に出ない様に玄関に
サクを付けたり網戸を強くしたり工夫しています。こんな時代ではなく皆がもっと猫に
優しい時代になりますように祈るばかりです。KAZUさん応援しています。
KAZU (2010/01/25 12:48 AM)
★エリさん★
ありがとうございます。
どうして頑なにワクチンをしない人がいるのか
私にはさっぱりわかりません。
守ってあげられるのは家族しかいないのに・・・
3種なら相当種類もあって、たった一年に一度。

それにお金を惜しむ人がいざ病気となったら
どうするんだろうと考えてしまいます。
エリさんの猫さんは幸せですね^^
そんな方が全部だと猫も幸せなのにと思います。
キャト (2010/01/25 12:53 AM)
ちっぽなくーん♪白い毛増えてきましたか!
凄く大きくなりましたね〜。
イギリスの話で申し訳ないのですが、一般の治療費は
日本の2〜5倍くらいですが、予防になるワクチン、不妊・去勢手術、
マイクロチップは低価格です。
それだけ広まるようにしているんだと思います。
日本のワクチンが高いとか獣医師の金儲けとかのお話しを見ると
ええええええ?っと思ってしまいます・・・。
カルアの里親 (2010/01/25 3:12 AM)
先週しらさぎ動物病院 で3種のワクチンを打ってきました
4種・5種に関してはウチのはストレスを考えると少し不安なので今回は見送りすることにしました。
とりあえず様子見で、もし調子が良ければ4種・5種もと考えてる所です。
KAZU (2010/01/25 8:44 AM)
★キャトさん★
ワクチン接種の価格も病院によって差がありますが
電話で価格を聞いて、比較的安いところがあれば
それでもいいから、とにかく受けてと思います。
死に直結する病気でこれが人間なら全員すると思います。

今、たけちゃんが毎日飲んでるサプリは瓶ごと購入しましたが
半分に割ってクラッシャーで砕きます。
以前に頂いた物が大活躍で毎日使用しています。
サプリがご飯の合図になっているみたいで
ピルカッターを持つとタケちゃんの目がキランと光ります。
あれがなければ急いで探してる所でした。
キャトさん、本当にありがとう。

★カルア君の里親様★
ご無沙汰しております^^
カルア君大きくなったでしょうね。
元々大きくなるタイプでしたものね。
しらさぎさんは5種は推奨してないので
4種までだと思います(白血病含む)
クラミジアは死につながる事はなく
院長は副作用の点で3種を勧めています。
希望であれば取り寄せてもらえると思いますが
我が家のように出入りが多いと4種にしてますが
カルア君のような環境なら3種でいいかと思います。
詳しくは時期が来ましたら病院にご相談くださいね。

カルア君を一番最初に保護してくれた方が
カレンダーを買ってくださって、それはそれは喜んでくださいました。
そういう言葉を聞くと私も嬉しいです。
本当にありがとうございます。
メイママ☆ (2010/01/25 9:46 AM)
先週うちのこ宛に「2/15くらいがワクチン接種(更新)日ですよ」みたいなおはがきが獣医さんから届きました。
週末にその日程の打ち合わせに行きましたが、何せメイは病弱な娘さん。昨年のワクチン接種後に発熱し、急遽病院に駆け込んだ経緯も有り、このこの体調の一番良い、春先まで待ちましょう、ということになりました。今年は副作用を抑えるレメディとかを先に服用して万全を期すつもりですっ!やっぱりワクチン打ってないと怖いですもんね。大切な家族ですから。