純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 太陽と大地 | main | 野蛮国 >>
皆さんにやっとお伝えすることができます。

先日お話した悪質ブリーダーは茨城県阿見町にあります。
犬を最初はしてましたが
「犬は儲からない、次は猫をやる」
そうかき集めた純血種の猫たち
ノルウェージャン、スコティシュをごちゃまぜに入れ
2年間トイレ掃除もせず、もちろん猫砂なんてありません。
もらった新聞紙を細かくした物をそのまま入れるだけ。
新聞をめくるとウジ虫だらけです。




水は腐り、フードも腐り
亡くなった猫はそのまま
皮膚病などがあっても病院に行く様子もなく
エイズ白血病も全く知らないで
ただ、ただ産む道具として市場から買ってきます。

犬を辞めたと言いながら
また子犬も市場から買ってきました。

あまりに小さい子犬

弱ってお水を飲む元気もありません。

一生ケージから出る事も出来ず
産めなくなるまで網の目上で爪は伸び放題
一度もお散歩や草の香りを楽しむことなく一生を終えるのです。




こんな汚いケージで
遊ぶこともなく 、人間の道具として生かされる。


これがセンターで許可される範囲なんです。


先日もお話した通り、私は今の日本はもう動物取扱業を一旦ストップさせて
厳しい規制をやり直さないと、何も変わらないと思います。

ペットショップ
ブリーダー
猫カフェやテーマパーク

どれだけ悲しい連鎖をすれば終わるのでしょう。

愛がん動物の役目はそんなに人間の癒しや儲けに使用されないといけませんか。


私はここはある意味、第二のセンターだと思います。

すぐ

殺すか


生き地獄か


詳しい経緯など

ペット里親会様の上杉代表のブログでも紹介されてます。


先日のニュースJAPNの2日目に放映されたブリーダーがこのブリーダーです。


私には「税金も払えない」と言っていましたが
オーストラリアに旅行に行ってきたとも・・・
もちろん、その間お水もフードもカラカラです。

そこで保護したハヌルは今、里親様宅で真菌の治療中です。
かなり疥癬や真菌も蔓延してると思います。


どうか

環境省、環境大臣、茨城県知事
茨城県動物指導センター、 愛護課、
などの 各機関に メールや ファクスにて
茨城県阿見町の悪徳ブリーダーの 認可を 取り消す様に 要望して下さい。


私は

この子の瞳が忘れられません。






助けてあげたい

出来ない自分に腹が立ち、無能で何もできない不甲斐無い自分に

悔しくて、悔しくて、

泣きながら写真を撮り

こんな日本が嫌いで、

小さき命に群がる欲と自分勝手な人間たち




まだ足りませんか?

まだ癒しをこの子たちに求めますか?



認可が取り消され、猫たちを放棄してくれたら

真っ先に保護するつもりです。

猫だけで50匹前後います。


命が繋がれば、何をしてもいいんですかね?

もう日本のペット業界は根底から変わらないと不幸な命を増やすだけ

その日が来たら・・・

預かれるよという方

お心に止めてもらえませんか

この件についてはわかり次第発信させて頂きます。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-
個展のお知らせ
・レオンの姉さまとその姉さま、差し入れや署名などありがとうございました。
・ブログをいつも見てくださる方から子猫のフードとねずみのおもちゃを頂きました。
 すぐに仔猫に食べさせ、おもちゃで遊び本当に嬉しいです。
 必要な物をありがとうございます。
・びぃーすたいる様地域猫活動お疲れ様です。沢山の差し入れありがとうございました。
・あび様お会い出来て嬉しかったです^^可愛いくてお若くて
 お菓子もありがとうございました。育児の合間に頂きます。
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-


1人でも多く見て頂きたいので2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ  
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

こちらも良かったら応援してください。



子猫が多く処分されています

| 18:14 | 処分ゼロを目指して | comments(28) | - |
春夏秋父ちゃん (2009/10/16 6:59 PM)
やっぱりだめです
こんなこと許してちゃいけないんですよね
絶対にいけないんです
なんとか協力したいと思っています
我が家に何ができるのか
妻とも話し合って考えたいと思います
一時預かりとか我が家でできる範囲で微力ながらお手伝いさせてください
こんなバカな奴らがゴロゴロいる日本のペット業界って、いったいなんなんでしょう
行政もきちんと現場を見て判断して欲しいですね
命を大切にしない国は滅びるしかないと思います
動物も人間と変わらない命なんだと
みんなに再教育しないといけないんですかね
悲しい国日本ですね
明日茶 (2009/10/16 7:06 PM)
マザーテレサがかつて日本を訪れた際、
『日本はどうですか?』
と記者に聞かれて答えたのが次の言葉。

「豊かそうに見えるこの日本で、心の飢えはないでしょうか。だれからも必要とされず、だれからも愛されていないという心の貧しさ。
 物質的な貧しさに比べ、心の貧しさは深刻です。心の貧しさこそ、一切れのパンの飢えよりも、もっともっと貧しいことだと思います。
 日本のみなさん、豊かさの中で貧しさを忘れないでください」

日本人は心が貧しいって言ったんだって。
当たってると思うよ。
このままでいいわけがない。
ねこねこ (2009/10/16 7:12 PM)
はじめまして。
いつも読ませていただいてます。
私も行政に手紙を送ります。
この子達が解放された時には、一時預かりを引き受けます。
受け入れ態勢を万全にして待ってますから頑張って下さい!
あんこともかの姉 (2009/10/16 7:40 PM)
こんなブリーダーがのうのうと生きていることが許せません。
私もメールを送ります。
karin (2009/10/16 8:10 PM)
こんなむごい事を平気でできる人間がいるなんて、悲しくて仕方ありません。

私もメールを送りたいと思います。
何かしたいと思いながら、何をすればいいのか分らずにいました。
保護活動をされている方に比べたら、本当に些細な行動ですが。。。それでも、そんな小さな声が沢山集まって、行政に届くといいですね。
みけ (2009/10/16 8:32 PM)
里親会のブログでは、犬のことが主に書かれていましたから
猫もいるとは思ってもみませんでした。
犬がダメなら猫なんて、あまりにも酷すぎる。
「儲けるため」「道具として」
命をなんだと思ってるのか。
そういう人たちは、例えば自分で産んだ子供が売れるなら
どんどん産むんでしょうか。

ペットとして飼われている犬猫が、みんな幸せかどうかはわかりません。
野良猫ちゃんたちが幸せかどうかもわかりません。
でも、少なくとも
この子たちよりは幸せだと思う。

もし私にもお手伝いできるなら
微力でもお力になりたいと思います。
ユーリ (2009/10/16 8:33 PM)
あまりにも悲惨な状況にショックを受けてます。
初歩的な質問ですみません。
このブリーダーのしている事は法律上の「動物虐待」にはならないのでしょうか? つまり警察に通報しても何の対処もしてもらえないって事でしょうか?
もしそうならあまりにも悲しすぎます・・・・
まみ (2009/10/16 8:38 PM)
茨城のジジイ、猫始めたんですね。馬鹿一家。わかってるのに法律に逆に守られてるなんて…。法改正しかないですね。
のい (2009/10/16 8:41 PM)
こんばんは。
今、茨城県の県民相談センターにメールを送りました。
憤慨状態で送信してしまったのでろくな内容ではないのですが…
県政全般の相談ということなので、県で規制してもらえるといいなと思います。

この写真を撮るのは非常にお辛かっただろうと思います。
私だったら逃げ出していたかもしれません。
あまり無理せず…難しいのかもしれませんが…ご自愛ください。
KAZU (2009/10/16 8:42 PM)
★ユーリ様★
センターの指導が入って認可を取り消されない事から
虐待にはなっていないのでしょうね。

実際に見た私は
虐待以外には考えられませんでしたが・・・
みゆき (2009/10/16 8:43 PM)
今すぐにでも行政機関に訴えたいと思うのですが、
茨城の阿見町のブリーダーと言っただけで取り合ってもらえるのでしょうか?
お役所的には「阿見町のブリーダーだけではどの方か特定できないです」とでも言いそうで。

どのように訴えるのが一番効果的か教えて頂けたらうれしいです。
KAZU (2009/10/16 8:50 PM)
★みゆき様★
センターから2度最近指導に入っていますし
団体さんが通告もしてますから
阿見町だけでわかると思います。

署名運動も検討中です。
どうぞよろしくお願いします。
トミー (2009/10/16 9:03 PM)
昨日からのペット里親会さんのブログで茨城のブリーダーの事を知っていました。
今日のブログには、子猫の亡骸がそのまま放置されている写真も見ました。震えが止まりませんでした。 地獄そのものです!絶対に許せません!!

もちろん茨城のセンターにも苦情を入れるつもりです。出来る事は全てやってみます。

全てを開放してくれるその時がきたら、預かりも出来るよう病気などの知識もしっかり勉強しておこうと思います。
つくる (2009/10/16 9:05 PM)
どこにメールを送るのかわからず・・
環境省に送りました。

動物は命ですよね。私たちと何も変わらない。
自分達が逆にこんな風に扱われたらわかるのでしょうか。
(2009/10/16 9:07 PM)
あの時
馬鹿息子をぶん殴っておくんだった

ワンコ、ニャンコの為だからと
ガマンして耐えていたのにね


今頃
呑気に来週もこの手で行こうなと
話してるんだろうね

何時までも話してろ


その内
話しも出来なくなるからね


その時まで
頑張ろうね(^_^)
たかあき (2009/10/16 9:46 PM)
本当に酷い 言葉ならないです。こんなのがまかり通る日本って国は最低です。根底から変えなきゃ駄目ですね出来る事 協力させて頂きます。
レオンの姉 (2009/10/16 10:14 PM)
まず、今、茨城県知事のHPに意見を送りました。
できるだけのことをして見ます。
江戸っ子 (2009/10/16 10:19 PM)

まず基準がおかしい
どこをどう見たら認可となったのか理解に苦しみます!
私も各所にメールを送ります

あまりにも悲しい光景です・・・

M (2009/10/16 10:29 PM)
茨城県動物指導センターにFAXを送ります。
どうしてこんな状況を改善できないのか?!
何の為の「指導」センターなのか?!
何故これが虐待ではないのか・・・
泣きながら写真を撮ったKAZUさんの
お気持ちが痛い程伝わってきます。
どんなに辛かったか・・・。

私も微力ではありますが、この事実を知った以上
何かしたい!放ってはおけません。
まおはは (2009/10/16 10:36 PM)
犬は犬らしく、猫は猫らしく生きる権利がある。。。
そんなシンプルなことも理解できない人間が存在する
ことに、怒りを通り越して虚しさでいっぱいになります。

うちの小学生だって言いますよ、

「そんなこと平気でするなら、自分たちも一生
 ケージで暮らしてみればいいのに」

って。子供でもわかること、たったそれだけの想像力も
持たない人間が「命」を扱うなんて、許されることでは
ありません!!

ハヌルくんの仲間たちを、1匹残らず助けたいです。
この世には、いつでもお腹を満たす食事や、思い切り
走り回れる場所、安心して眠れるベッドがあるってこと、
知ってほしい、感じてほしい。人間の作り出した欲の
犠牲になった子たちに、人間として償いをしたいのです。
私は私ができること、したいと思います。
ノンママ (2009/10/16 10:41 PM)
こんなことが許可される日本て。。。
本当に言葉になりません。
まるで生き地獄じゃないですか。
お金儲けのために。。。
こんなこと許してはいけないと思います!
ルコママ (2009/10/16 10:57 PM)
今、以下のメールを管直人副大臣にお送りしました。
 菅さんは捨て猫を家族にしておられ、猫好きでいらっしゃるそうです。

日ごろのご活動に敬意を表します。
温かく、頼りになり、又猫好きでいらっしゃるそうなので、おすがりしたくメールをお送りしました。
どうか、このページを見てください。
 あまりに酷い犬猫のブリーダーを、勇気を持って告発されています。
助けを求めておられます。このブログ主も。犬や猫たちも。。

日ごろから猫たちの命を救うために頑張っておられる「純情仔猫物語」というブログです。
http://kazurinn.jugem.jp/?eid=752#comments

茨城県阿見町の悪質ブリーダーだそうです。
 お力をお貸しください。
どうか、宜しくお願いいたします。
 
 
 KAZUさん勇気のある行動をありがとうございます。

    
にゃんママ (2009/10/16 11:18 PM)
正式に、署名を集めることになったら、署名用紙をダウンロードできると助かります。

命を金儲けの道具にするなんて、絶対許せません。
1日も早く、この子達が助け出されることを祈ってます。




жRinoж (2009/10/16 11:35 PM)
私の実家の近所に野良猫を保護し、避妊、去勢手術を全て自腹でしている方がいます。
その方は喫茶店をやられていて、お店にも家にもたくさん猫がいます。
喫茶店に来店されるお客様の中から里親になられた方、お客様のお友達で里親になられた方もたくさんいます。
そこのお店は猫を保護するうちに猫喫茶のようになってしまったそうですが、ケージもキレイで猫たちもお客さんに挨拶したりして、本当に素敵な空間になってます。
血統書のついた子はそのお店にはいません。
それでも、愛情いっぱいで幸せな顔をしてます。

このブリーダーの元にいる子たちの悲しい目、忘れられません。
齊藤かえで (2009/10/17 10:31 AM)
初めて、お便り致します。余りにも悲惨で、言葉に詰まります。
どうして、こんな事ができるのでしょうか?日本という国は、おかしいですね。
この社会は、人間が作り上げた物だから、そこに暮らすこの子達は、人間の自由だとでも言うのでしょうか?
私も、何かお手伝いができたら、と思い、茨城県にFAX致しました。みんなに、幸せの光が降り注ぎますよう・・・
チロ (2009/10/19 10:36 AM)
いつも拝見しています。
このようなブリーダー、日本にどれくらいいるの
だろう・・・。
なんで変われないんでしょうね?日本は。涙が出
ます。

私は東北に住んでいるので保護などの協力はでき
ないかもしれませんが署名などの運動には参加し
ます。

KAZUさんのしていることは1%にも満たない、、、
そうかもしれませんがそこには救われた命が確実
にあるんです。

一日でも早く日本が変わりますように・・・。
めんまねえちゃん (2009/10/20 6:26 PM)
Theどんぢゃかチームのページから
リンクをたどってまいりました。
私も微力ながらちびちびとしたボランティアを
していますが、しかしとても追いつかず...

いつも、犬や猫、その他の生き物たちの
むごい扱いのことを知るたび、心が痛みます。
メールや意見書などできるかぎりこれから
参加したいと思います。

えいこ (2009/10/22 11:01 AM)
私は、直に電話しました。メールとかじゃきっとよんでくれないですよ。