純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 暖かくってうとうと。 | main | しらさぎカフェ オープンしました! >>

ちょっと最近気持ちも沈みがちで、更新も遅くなってしまいました。
大切な人を亡くす喪失感というものは直後の深い悲しみだけではなく、その後延々と続く虚しい日々にこそあるのかもしれません。
東日本大震災から二年が経ち、当然のことながらあの時のKAZUさんの様子と奮闘ぶりが思い出されます。
三宅島や淡路島での地震、海外での爆発事件など暗いニュースが多く、直接的、そして間接的にでも被害にあわれた方たちの気持ちをおもんぱかれば、その悲しみ苦しみは如何ほどかとただただ恢復を願うばかりです。

時間を見つけてはKAZUさんのお墓参りに行くようにしていますが、3月中頃に訪れた時には相変わらずおとなしく佇んでいた金木犀。





新芽が出てきているようですが、去年からずーっとこの状態のままで、本当にこの芽が伸びてくるのか疑問に思っていました。

3月中旬はちょうど水仙が見頃でした。



ただ、梅に遅し桜に早しとでも言うのでしょうか、もう少し早いか遅いかであればより一層花々を楽しむことができたかもしれません。

というわけで、先々週ですが再度訪れました。
毎年この時期にはイギリスから妹家族が帰省しますので、去年に引き続きみんなで一緒にお墓参りです。
早いものですね。
花ちゃんとジョージくんと一緒に猫ちゃんレンガを設置したのがちょうど一年前です。
前日、前々日と暴風雨で心配しましたが当日は朝から眩しいばかりの快晴でした。



イギリスではこんな快晴はめったに見られません。
たいていどんよりとした曇り空、晴れていても雲の薄い膜を通した感じのようです。
二人にとってはちょっとした小旅行のようなもので、海も近いですし楽しみにしてくれていました。



お寺の裏を散策。
自然いっぱいの場所です。

前回のお墓参りから三週間あまり。
なんと金木犀の様子が変わっていました!



あちこちから葉が伸びて、あふれんばかりの生命力にみなぎっていました!





この僅かな期間でこれほどまでに変わるのかと驚きました。
見た瞬間に思わず「すごい!」と大きな声を出してしまいました。
植樹から一年半、しっかりと大地に根付き、羽を広げるのを見たのは初めてです。
ほんとうに嬉しかった!
このまま枯れてしまったらどうしようか、などと考えてもいたくらいですから。
やっとこれでひと安心できるとともに、木になって生まれ変わりたいと願ったKAZUさんとの約束も果たすことができそうです。

いつも道中でお花を買うのですが、今回選んだのは極楽鳥花。



この花にも思い出があって、もう二十年も前になりますが、仲間内で人を花に例えるとどんな花になる?なんて話をしました。
あの人は百合、あの人はパンジー、そしてKAZUさんは極楽鳥花。
まあ、人によってはKAZUさんがどんな花なのか様々だと思いますが、当時の彼女はまさに極楽鳥花のような極彩色の組み合わせがぴったりでした。
ただ、KAZUさん本人にはどうも喜ばれなかったようで、いつまでも嫌味を言われていたのを思い出します。

大きくなり始めた金木犀に気分も上々で、みんなで楽しく海へと向かいました。

まだまだ水は冷たかったのですが、小さい二人にはそんなことはお構いなしのようです。









水着に着替えてだいぶ早い海水浴です。
水もきれいで大はしゃぎでした!

この海岸はKAZUさんの散骨をした場所でもあります。
私にとっても大切な場所の一つです。
また来年、みんなが元気で遊びに来られるのを願って。

次回のお墓参りはまた私一人になってしまいますが、金木犀の成長が楽しみになりました。
今年は花が咲いてくれるといいな。

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ




| 04:29 | KAZU通信 | comments(10) | - |
dori (2013/04/20 2:05 PM)
ミッキー部長さん、こんにちは。

KAZUさんの金木犀、芽が出たかなぁと気になっていたので金木犀を見ることが出来てすごくうれしいです。
KAZUさんも可愛い子たちが会いに来てくれたので笑顔で見てたのではないでしょうか。
妹さんのお子さんたち本当に元気ですね♪海に入って楽しそう♪

最近、地震が多く発生してるように感じるし、悲惨な事件も多くて、この世の中どうなってしまうんだろう・・・と不安になることもありますが、日々私らしく生きていかなければ・・・と思っています。本当は近所にいる野良犬を助けたいのに思うように出来ない自分に苛立ちを感じ、どうしようもない無力感に押しつぶされそうになってます。
動物病院の先生に相談しても難しいと言われました。もともと野良犬で生まれた犬は人間に馴れないのですかね・・・本当にやさしい目をした子なのですが人間を怖がってます。

へんなことを書いてしまいましたが、今年はKAZUさんの金木犀の花が咲くことを楽しみにしてます♪
はなふくママ (2013/04/21 1:15 AM)
ミッキー部長様、こんばんは!更新ありがとうございますm(_ _)m

春は色とりどりの花が咲き、木々の緑も青々として、心が躍る好きな季節です(*'▽'*)♪

 ただ、その反面、人事異動や新年度の始まりで周りの環境が変わり仕事の内容が変わり、落ち着かない季節でもあります。持病が悪化する時期なのでつらいです。

そんな中、変わらず元気でわがままな2にゃんの存在は最高の癒やしです。疲れて帰宅しても2にゃんが盛大に出迎えてくれるので、元気になれちゃうから不思議ですよね!

個人的には、心が沈んだときはとにかく寝る、これが一番良いことに最近気づきました。万人に有効かわかりませんが、無理をせず休むのが良いのだと思います。ミッキー部長さんも休日は頑張った自分を誉めてあげて、心と体をいたわってくださいね(^_^)

今年こそはKAZUさんの金木犀にお会いしに行きたいです!ちなみに、我が家の金木犀も春の嵐にも負けず元気ですよ(^_^)b
ゆきんこ (2013/04/21 1:13 PM)
ミッキー部長さん。
こんにちは。

3月という月はやはりちょっと落ち込んでしまいますね。
特に3・11のニュースや映像を見ると気持ちが落着かないというかざわざわっとします。
同じ東北人として1日も早く復興が進みますようにと思います。

金木犀、根付いてくれて本当に良かった!!
花のつく日が待ち遠しいですね。

チビちゃん達、楽しそうだけど冷たくないの?
大きくなりましたね。

はなふくママさんと同じく今年こそはkazuさんに会いに行きたいと思っています。

ミッキー部長さん
更新、ありがとう。
marinemama (2013/04/22 3:03 AM)
ミッキー部長様こんばんは。

お加減でも悪いのかと心配していました。
KAZUさんの金木犀、いつも守っていてくださってありがとうございます。

昨年の記事、よく覚えています。
月日が経つのは早いですね。
お二人さんも大きくなりました。

今年はお花が咲いてくれると嬉しいな。

ミッキー部長様、更新ありがとうございました。
ご自愛くださいませね。
らぶ (2013/04/26 10:04 PM)
KAZUさんのイメージ…ひまわり、かな。黄色がお好きで夏生まれだから(^-^)
過去と未来の間にいる自分という存在は 気落ちしている時は特に とても頼りないものに感じますよね…(´ー`)
杜甫の「春望」という漢詩が大好きなのですが 本当に人間の事などお構いなしに春はやって来て美しいですね。
ミッキー部長 (2013/04/28 12:53 PM)
doriさん

もう金木犀は安心できそうです。
少しずつ大きくなってくれそうです。

野良犬さんをどうするかは難しい問題ですね。
保護して家族探しをしてやることもできるでしょうけど、病気のことや性格の問題などクリアすることが多いですね。
なんともやりきれない気持ちが湧いてくるのが当然ですね。
なかなか簡単には答えは出ないですね。
ミッキー部長 (2013/04/28 12:56 PM)
はなふくママさん

ほっておいてもどんどん月日が流れていきます。
その時々の季節を楽しむ余裕ができたらいいのですが、、、
比較的ストレス耐性は高いほうだと思うのですが、解決できないことってこれはこれで折り合いをうまく付けなくてはいけないですね。
ミッキー部長 (2013/04/28 12:58 PM)
ゆきんこさん

少しずつ暖かくなってきて、気持ちも上向いて来ました。
年に一回の里帰りでしたが、小さいのに半日もかけて飛行機で来るのも大変だと思います。
いつまで続くのかわかりませんが、日本にいる間は色々と楽しく過ごせるようにお手伝いするようにしています。
ミッキー部長 (2013/04/28 12:59 PM)
marinemamaさん

更新遅くなってすみません。。。
なっちゃんも、猫さんたちもみんなげんきにしています。
ゴールデンウィークも仕事です。
ちょっとゆっくりできる時間ができたらいいのですが、、、
ミッキー部長 (2013/04/28 1:04 PM)
らぶさん

そうなんです、ひまわりがいいですね。
まわりを明るく照らすイメージがちょうどいいと思います。
春望の詩を見てみました。
言わんとしていることがよく伝わります。
人生は別れの繰り返しなのでしょう。
少しは慣れないといけないですね。