純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< チビタくんとチャビくん、その2 | main | 眠たいチップさん。 >>

絶好調の五目ちゃん、今日は血液検査で病院です。
診察待ちのかわいい表情です。





あいかわらず調子がよく、ご飯もよく食べ、よく遊ぶ毎日です。
体重も一気に増え、700グラムとなりました。

血液検査は猫エイズ、白血病ともに陰性でした。
採血は怖かったのか、びゃーびゃー大声で泣き続け、他の診察室のワンちゃんが怯える始末、、、
これも元気がある証拠ですね。

とにかく元気が有り余っていて、いっときもじっとしていません。
おもちゃも大好きで、必死に食らいつきます。
写真もなかなかうまく撮れません、、、
動画も挑戦していますが、まったく追いつきません!
そんな五目ちゃんの元気な様子は写真でお分かりいただけると思います!









もういつでも里親様を募集できる状態ですが、いくつかお話もいただいていますが、まだ本格的にトライアルまでの運びまでは至っていません。
兄弟がパルボウイルスが懸念されるまま亡くなりましたし、五目ちゃんのPCR検査を行いましたが、パルボウイルスは陽性でした。
この原因としては、入院する前に兄弟が亡くなった後すぐに、通常よりも早くワクチン接種を行いましたので、生ワクチンが陽性反応を示すことがあるためです。
パルボウイルスに感染していたのかどうかは、結果として確定することができませんでしたが、可能性としてはあったかもしれないということも踏まえて里親様を募集することになると思います。
基本的には毎年のワクチン接種を行なっている猫さんであれば大丈夫ですが、10歳を越えてシニアとなったり、純血さんで生来免疫力が弱い猫さんなどは万が一のことを考えるとおすすめできません。
五目ちゃん自身としては、パルボウイルスに感染していたと仮定すると、一度感染して生還すると体内に強い抗体ができますので、今後発症することはありません。

350グラムの子猫がパルボを発症して生還したということはほとんど聞いたことがありません。
五目ちゃんはとっても強い子です。
五目ちゃんの今後のこと、先住猫さんがいるとすれば、五目ちゃんとの関わりなどきちんと理解してくださる里親様をみつけてやりたいと思っています。

2クリック応援お願いします



| 03:41 | 仔猫の紹介 | comments(5) | - |
ねこ (2012/07/03 6:11 AM)
http://ameblo.jp/farmarcadia/ コメントから失礼します よかったら ブログにのせてあげて下さい..
dori (2012/07/03 11:18 AM)
五目ちゃん 本当に可愛い猫さんですね〜♪

五目ちゃんは強運の持ち主!!

五目ちゃんのことを理解し、大事に大事に思ってくれる里親様 きっと現れるよ!!
チビタ (2012/07/05 7:50 PM)
五目ちゃん元気で何よりです。

パルボの件ですが、五目ちゃんくらいの月齢の子はワクチンの接種にかかわらず感染したら後は死を待つばかりです。
私の友人の家で発症し、それは悲惨な状態で子猫が犠牲になりました。

五目ちゃんはたぶん、時間を置いて検査をすれば陰性反応が出ると思います。

五目ちゃんに良いご縁が有りますように。
ミッキー部長 (2012/07/09 2:11 AM)
doriさん

五目ちゃんは元気いっぱいです!
きっと新しい家族が待っていてくださると思います。
ミッキー部長 (2012/07/09 2:14 AM)
チビタさん

おっしゃるとおり、この体重での生還は奇跡に近いですよね。
ただ、パルボウイルスの残存期間が半年から一年と言われていますし、可能性としてそのことは念頭に置いておかないといけないのは仕方ないことだろうと思っています。


アドバイスありがとうございます!
五目ちゃんを気にしていただき、うれしいです。