純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いつもいっしょにいたいから 〜ペット動物の災害対策〜 | main | 国ちゃんワクチン接種。 >>

今日は子ども向けのパンフレットを紹介します。
表現は子ども向けにやさしく書かれていますが、内容はむしろ一般の大人に向けても十分なものです。
非常に基本的なことばかりですが、こんな簡単なことでさえ考えたり、守ったりできない人が多いのが現実です。
動物との共生はお子さんの情操教育にもふさわしく、環境が許すのであれば、ぜひ猫でも犬でも、新しい家族に迎えていただきたいものです。
特に殺処分が平然と行われている日本では、一匹でも救うため、明日の命を断たれてしまう犬猫に目を向けていただければと思います。
ペットショップで購入する犬猫と殺処分になる犬猫に何も違いはありません。
かわいさも、愛情も、皆同じだけ持って生まれてきました。

















特に大切なのは最後まで面倒をみることができるかどうかです。
ペットは生き物です。
ある日突然にコトッとは死にません。
病気で苦しむ猫もいれば、四肢不自由になる犬もいます。
そして、間違いなく犬猫のほうが先に寿命を迎えます。
また近年はペットフードの栄養価も高くなり、かつ医療も進み、ペットも高齢化が顕著です。
それを踏まえて、飼う前に考えてみる。
そして飼い始めたからにはその生命が尽きるまで寄り添うことが飼い主のつとめです。

----------------------------------------------------------------------------------

「純情仔猫物語 2012-2013 カレンダー」

多くの皆さまにお申込みいただいています。
こちらの記事をご参照の上、お申し込みください。

すこしずつ到着のご連絡をいただくようになりました。
あ、「届きました」のご連絡は義務なんかではありませんから!
届かない場合や内容物に不足がある場合だけ、遠慮なくメールいただければと思います。



本日28日到着分までを発送しました。
到着まで今しばらくおまちください。

2クリック応援お願いします



| 20:03 | 病気・行動学ほか | comments(8) | - |
marinemama (2012/02/28 10:02 PM)
ミッキー部長様

ペットはおもちゃではないことを、小さいころから教育することも必要な事ですね。


今日待ちに待ったカレンダーが届きました。


KAZUさんの手書きのメッセージから、KAZUさんの命に対する強い思いが心に響きました。
メッセージのバックになっているKAZUさんの金木犀…素敵です。

ミッキー部長さんのKAZUさんに対する想いが、カレンダーのあちこちに感じられます。

いろいろ種明かしをしない方がいいですね(笑)

皆さんの期待以上のカレンダーですよ(*^_^*)
おまけのポストカードも可愛いです♪

どうもありがとうございました<m(__)m>
dori (2012/02/29 11:19 AM)
ミッキー部長さんおはようございます。

私もカレンダー届きました♪
カレンダーを見て表現しがたいのですがこみ上げるものがありました・・・
やっぱりまだ少しツライ でも素敵なカレンダーです!

私も災害時の家の子たちのことを色々考えてますが・・・
用意出来る物は出来るだけしておこうと思ってます
ただビビリなカイ(黒猫)が見つかるかどうか・・・
上手に隠れるんですよね〜 呼んでも返事もしないし出てきてくれない(泣)
日頃からカイの隠れ場所を確認しておかないと(家の中です)
もう11年くらい前になりますが震度5弱の地震があった時 16歳だったチョロ(シャム猫)は私が家を留守にしていて慌てて帰ったのですが怯えた様子もなく出てきてくれました やっぱり性格の差なのでしょうか?
あおっぺ (2012/02/29 1:19 PM)
私は小さいころから常に家には犬がいました。

親から、飼った以上は家族なんだから最後まで、と言うのは当たり前と教えられ育ちました。

犬や鳥、うさぎなど様々なものを飼って育ちましたが、末っ子のせいもあり、自分の兄弟のような感覚で小屋の掃除などもとても楽しかった思い出があります。

今私の子供も同じような感覚で育っています。

大人が見本を見せていれば必ず子供も引き継ぐのではないでしょうか?

人間も動物。命に格差はありません。

皆が大事に思える世の中になりますように。
ねこばば (2012/02/29 2:11 PM)
こんにちは。ペットとの約束を読んでいて泣けてきてしまいました。この七つの約束がどんなに大切なことか。動物を家族に迎えたくても、約束が守れないからと諦める人はある意味正直で、ちゃんと動物のことを考えているのかもしれませんね。
ミッキー部長 (2012/02/29 11:04 PM)
marinemamaさん

カレンダー気に入っていただけたようでなによりです。
ありがとうございました。
ミッキー部長 (2012/02/29 11:07 PM)
doriさん

地震の揺れは猫ちゃんによって敏感に反応する子もいれば、落ち着いていて動揺を見せない子もいて、その猫さんによるんだと思います。
慌てないで!って言っても無理なので、その子に合わせて準備しておきたいですね。
ミッキー部長 (2012/02/29 11:13 PM)
あおっぺさん

おっしゃるとおり、動物を家族に迎えて一緒に暮らすことで学べることはたくさんあると思います。
住環境にもよると思いますが、可能であれば特に殺処分対象になっている犬猫に目を向けてくださる方が増えるのを期待しています。
ミッキー部長 (2012/02/29 11:15 PM)
ねこばばさん

おっしゃるとおり、飼えない、自信がないなら飼わないのもペットへの愛情表現の一つです。
途中で放棄してしまう人があまりにも多く、残念なことです。
簡単なことですが、意外と守るのには責任感がないと難しいと思います。