純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新人さんを紹介します。 | main | 「いぬとねこの譲渡会&バザー」ご報告 >>

8月末の前回の「動物取扱業の適正化について(案)」についてのパブリックコメント(意見募集)の集計結果が出ていますので、報告いたします。
多くの関連ブログでもすでに閲覧できると思いますが、当ブログでも皆様に呼びかけを行ないましたので、あらためて結果をお知らせいたします。

1)実施期間 平成23年7月28日(木)〜平成23年8月27日(土)

2)意見件数 FAX 8,162件 メール 50,767件 郵送 62,899件

3)意見提出者数 個人 122,138 団体 246

<各項目意見件数内訳>

  賛成 反対 その他
(1)深夜の生体展示規制 52,939 119 102
(2)移動販売 42,992 105 151
(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化 59,786 136 30
(4)犬猫オークション市場(せり市) 58,101 15,124 359
(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢(※) 93802(※) 36964(※) 2,778
(6)犬猫の繁殖制限措置(※) 57,474 34,753 1,940
(7)飼養施設の適正化 39,983 34,100 2,016
(8)動物取扱業の業種追加の検討    
  ‘以の死体火葬・埋葬業者 37,983 81 569
  ⇔樟故燹Φ類販売業者 36,519 27,134 1,224
  O係ぁο掲ホーム 36,082 22 978
  て以の愛護を目的とする団体 31,393 446 1,647
  ザ軌蕁Ω益目的の団体 21,273 65 1,690
(9)関連法令違反時の扱い 41,872 7 12
(10)登録取消の運用の強化 45,493 8,200 527
(11)業種の適用除外 9,748 25,689 51
(12)動物取扱責任者研修の緩和 2,458 28,403 6,686
(13)販売時説明義務の緩和 6,642 27,949 3,150
(14)許可制の検討 37,062 16 13

(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢 8週齢未満の販売の禁止 43,295
  何らかの規制措置 19,099
  45日齢未満の規制 31,408
  業界の自主規制に任せる 24,464
  現行基準のまま 12,500
  その他 2,778
※(5)のみ細部項目についての意見件数の集計が行なわれています。

賛成および反対ともに意見内容も詳しくまとめられ、小委員会で検討されています。
KAZUさんが特に懸念を示していた(6)の繁殖制限措置については、

「遺伝病の出る確率の高い交配は法で禁止すべき」
→人気品種による乱繁殖や無知な繁殖により、遺伝病で苦しむ犬猫を減らすため
→遺伝病を持つ個体を生涯にわたり飼養する飼い主は、介護が大変なため
人気ランキング1位のスコティッシュフォールドの中には、乱繁殖等による骨形成不全症に苦しむものが増えている。
→イギリスではスコティッシュフォールドの繁殖を禁止しており、アメリカでは、アメリカンショートヘアー、ブリティッシュショートヘアーの交配のみ許可している

と、意見内容も伝わっています。

KAZUさんがこれまででこのブログで訴えてきたことは、「処分ゼロを目指して」のカテゴリーにまとめられています。
今までの取り組み、感じてきたことなどが彼女なりの感性でつづられています。
http://kazurinn.jugem.jp/?cid=11

(1)の深夜の生体販売の禁止という項目については、政府民主党が年始の段階で午後8時以降の展示販売を禁止する方向で検討していましたので、それに追従する形で動物愛護管理法の施行規則などを改正し、来年6月から実施する方向で調整に入ったということです。

上記集計結果の環境省の資料はこちらからご覧いただけます。
http://www.env.go.jp/council/14animal/y143-23/mat01.pdf

10月25日に行なわれた「動物愛護管理のあり方検討小委員会(第23回)」の配布資料です。
http://www.env.go.jp/council/14animal/y143-23/mat02.pdf

また、「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く」に対する意見の募集(パブリックコメント)も11月8日に始まりました。
今回は12月7日(水)までの募集となります。
こちらについてはあらためて、皆様に内容等についてお知らせしたいと思います。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14414

今回の小委員会の傍聴を含め、資料の見方、検討内容等について詳しくご教授くださいましたみよちゃんさんにお礼申し上げます。

簡単ですが、ご報告申し上げます。

ミッキー部長でした。

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ



| 03:14 | 処分ゼロを目指して | comments(9) | - |
sally (2011/11/15 3:39 AM)
ミッキー部長

お忙しい中、パブコメ前半の記事を掲載頂きましてありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。
みよちゃん様、ありがとうございました。
さっちゃん (2011/11/15 8:11 AM)
どうか 一つでも 多く
みんなの願いが kazuさんの願いが
叶いますに・・・・☆
ねこ姐 (2011/11/15 12:58 PM)
今回のパブコメの募集はもうひとつあります。

「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の
一部を改正する政令案等の概要」
に対する意見の募集
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14412
法改正を待たずとも施行令で改正できる部分については
早期改正を行うとして、環境省は8月に行われたパブコメを踏まえ、
動物取扱業にオークション市場を追加、夜間販売の禁止等の
法改正を検討しています。
こちらも重要な案件になります。
同じく12月7日(水)必着ですが、
それぞれ提出先のメールアドレス・FAX番号が違います。


「動物愛護管理のあり方について(案)
(「動物取扱業の適正化」を除く)」は、
虐待の定義や取り締まりの強化、愛護センターや保健所などの収容施設の運営改善、
動物実験など、必ず改正させたい案件ばかりです。

昨日、里親詐欺・虐待容疑で犯人が逮捕されたばかりですが、
犯人は数年に渡り手当たり次第に里親を申し出て多くの保護主さん達を騙し、
どれだけ猫の命を奪ってきた事か・・・。
この事件は、警察と愛護センターの対応が早く、
通報があってから逮捕までとても迅速に行われました。
本来それが当たり前の事なのですが、
阿見町のブリーダーの時には環境省が虐待であると認めたにもかかわらず
行政と愛護センターがブリーダーを擁護し続けた為、
ブリーダーが逮捕されるまでに長期間を要し、
その間に全ての犬猫が転売されてしまう等、
あまりにも納得がいかない結果となってしまいました。
これは氷山の一角で、今も虐待と思われる行為各地で行われ、
通報されても野放しになっているのが現状です。
愛護法を変え、取り締まりを強化し罰則を厳重にしなければ、
不幸な動物達を救う事はできません。
もちろんパブコメは多数決ではありませんが、
私達が多くの意見を出さない限り法を変えさせる手立てがありません。

入院中、体力を消耗するからやめてとお願いしても、
メールや電話をしてきて愛護法改正のパブコメの事を
託してきたKAZUさんの熱意を忘れません。
『ほごだけしてたらえんどれすなんです。
どうかこのほうかいせいのためにがんばってきました。
よろしくおねがいします。』
『だいじょうぶ。たちなおりはやく、
ほうかいせいはこうはんもあります。がんばる』
最後の最後までツイッターで訴えたこの思いを、
何としても国に届けたいと思います。
たんぽぽ (2011/11/15 8:41 PM)
ミッキー部長様へ
こんばんは。
とても解り易く簡潔にまとめていただき、ありがとうございます。
わかりやすいって大事ですよね
今回もがんばってやりぬきたいです!
ねこ姐 (2011/11/15 9:29 PM)
ごめんなさい、間違えました!

虐待犯が逮捕されたのは10日です。
被害者の保護主さんが必死に探していた
猫ちゃんが遺体で発見されたのが昨日です。
申し訳ありませんでした。

それから、今回のパブコメの
動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)の方では
8月に行われたパブコメの動物取扱業の適正についても、
今般の取りまとめ案との関係で
新たな御意見がある場合は提出して下さいとの事ですので
その他の意見としてどんどん出していきたいと思います。
玉兎 (2011/11/15 10:24 PM)
KAZUさん&ミッキー部長さま、こんばんは

法律って難しいですね。
ただ小さい命を大切にしてもらいたいだけなのに、何故こんなに面倒で分かりにくいんでしょうか?

でも、やれるコトは全部全力でやらなきゃですよね!!
KAZUさんに喜んでもらうためにも、ガンバります!!

ねこ姐さまのコメントを見て涙が止まりませんでした。

ミッキー部長さま、みよちゃんさまこの続きもどうかよろしくお願い致しますm(_ _)m
みるく (2011/11/16 10:40 AM)
パブコメ後半、とっても難しいです。
ホント、法律の文章って、日本語じゃないみたい。
「飼育者は動物の生命と健康を守ることに留意しましょう。」
って、それだけのことなんですけどね。。。
美ぅ (2011/11/16 8:35 PM)
ミッキー部長さま

いつも更新ありがとうございます。
後半のパブコメは前半に比べたら少し関心度が低く感じられて
頑張って周りに広めています。
決して簡単ではないけれど、あまり頭のよろしくない女だけど
一生懸命自分の言葉で書いています。
絶対に間に合わせる!

ねこ姐さま。
twitterのKAZUさんのひらがなでつづられた心からの言葉たち
絶対に忘れることができません。
ここに集う多くの同志たちが、それぞれの声を国に届けますよ。空を仰ぎながら(^^)

今日は百か日ですね。「卒哭忌」ともいいます。
KAZUさんには一度しかお逢いしたことないあたしですが
自分でも驚くくらいに哀しくて寂しくて涙がぽろぽろ溢れます。
KAZUさんの傍にいらしたミッキー部長さまやご友人のみなさまの哀しみや寂しさとは
とても比べ物にならないと思います。
きっと寂しさは、ずっと胸の中に在り続けると思いますが
KAZUさんがやりたかったことを微力ながら応援していける様に
上向いて涙止めてパブコメを書き続けるのです。

早いね、百日。
今日は黄色いお花飾りました。



マコママ (2011/11/17 12:46 PM)
ミッキー部長さま

こんにちわ
マコママです。マコは元気いっぱいです。

お忙しい中「集計結果報告」ありがとうございます。
10万件の集計結果がででから、詳細がずっと気になってました。
賛成が圧倒的に多くてよかったです。

ペット販売「8週齢規制」が
最大の課題になっている事がよく解ります。
KAZUさんの懸念をされていた繁殖制限措置も
検討されてるようですね。

「動物愛護管理のあり方について」のパブコメが
募集されているんですね。知らなかった。

もしできましたら、前回のようにご提出される
パブコメの資料内容をご報告していただけると
ありがたいです。

今の時点では「ALIVE」の資料を参考にさせていただいてます。
内容的にすばらしいのですが、
自治体の収容施設の項目で、殺処分ゼロを目指す内容が
若干ものたらなく感じました。
都道府県や各都市の裁量で決められているのであれば
どこまで要求できるのか、知識がなく解りませんでした。

KAZUさんのご意志を引き継いでいくつもりなので
どんどんパブコメを告知していきます。
いろいろご指導よろしくお願い致します。