純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< KAZU通信・2 | main | KAZU通信・3 >>

KAZUさんが病床で最後の最後まで気にかけていた、動物愛護管理法改正のパブリックコメントについて改めてご案内します。
その概要については下記サイトをご参照ください。

環境省HPパブリックコメントについて
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069
募集要項
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=17981&hou_id=14069

その他、数多くの愛護団体さん、個人活動をされている方たちがアップされていらっしゃいますので、ここでは簡単な注意事項とKAZUさんの長年の活動懸案であるスコティッシュフォールドなどの交配における遺伝病を作り出す繁殖制限などを盛り込んだ純情仔猫物語としてのパブリックコメントの正式版としてアップしたいと思います。

このパブリックコメントの作成に当たっては、KAZUさんの意向を今回の応募要領にあわせて、何度も推敲を重ねて下さった、ねこのお姐さん、みよちゃんさん、のお力添えのおかげで完成させることができました。
KAZUさんは下書きとして、保存してあったものを病床においては推敲することができなかったため、取り急ぎ、下書きのみをアップして欲しいとの意向がありましたので、皆さんにご覧いただきましたが、応募要領に則していない箇所もあり、そのままのコピーペーストでは無効となってしまう可能性もあったため、KAZUさんの主張を十分に盛り込んだものをねこのお姐さんとみよちゃんさんが幾日もかけて完成してくださいました。
KAZUさん本人に見てもらえれば、とても喜んでもらえるものになっていると思います。
お二方には注意事項から、パブリックコメント本文にいたるまで、すべてにおいてご協力いただきました。
こうやって、KAZUさんを支えてくださる方がいらっしゃることで、いままで活動してこれたのだと思うと、改めて支援してくださる方々のありがたさに頭が下がる思いです。

このまま印刷して、署名の上ファックスすることも可能なように、画像にてアップいたしますので、右クリックで「名前を付けて画像を保存」を選び、デスクトップなどに保存していただき、そのまま印刷してご署名いただけるようになっています。

とにかく、このパブリックコメントに情熱を注いでおりましたので、取り急ぎアップいたしますが、手順、応募方法など、私の勘違いなどもあるかもしれませんので、その場合は改めてご案内いたします。



それぞれ、サムネイル(縮小版)となっていますので、クリックして拡大し、それを保存して印刷してください。

    ----------------------------------------------------------------------


※注意事項

1.意見提出者氏名、住所、連絡先、意見のうち、どれかひとつでも洩れるあると無効。
 
2.意見書は、動物取扱業の適正化について(案)の順番に沿って意見を書く。

全ての項目について意見を書く必要はありませんが、

何ページの「○○○」という項目について「反対/賛成」である、理由は「×××」であるというように、書くという事です。

書き方の例として

(1)深夜の生体展示規制(P.1)について

(意見)

深夜展示販売を禁止する

(理由)

××××××

という書き方になります。

また、既にKAZUさんの下書きをコピペして提出された方の中で、提出し直したいと言う方は、○月○日に提出済みの意見書を、こちらと差し替えて下さいと明記の上、提出すれば有効であるとの事です。

 

3.今回の案文項目以外に、意見を述べたいという方もいらっしゃると思いますが

意見を書いても見て頂けません。

年末にもう一度、全体案の意見募集がありますので、その時に書いて欲しいとの事です。

 

4.意見書はそれぞれ皆様のお考えを訴えて頂くのがベストではありますが、

とても難しくて意見をまとめられないと、提出を諦めてしまう方もいらっしゃると思います。

どなたかが考えた意見書をコピペして、メールで送る事も、印刷して署名方式(意見提出者氏名、住所、連絡先を自署して頂く)で郵送、FAXすることも可能です。

--------------------------------------------------------------------------

KAZUさんが最も強く訴えたい事は、下書きの中の

「遺伝病を作り出す繁殖の禁止」スコの繁殖制限などについての意見だと思います。

今回の適正化案文項目(1)〜(14)の意見として見て頂く為には、どうしたらいいのか悩みましたが、

(6)「犬猫の繁殖制限措置」(P.4)の中に含める

そして、「猫カフェ営業の時間制限を法で規制」は

(1)深夜の生体展示規制(P.1)に含める様、環境省の方にアドバイスを頂き解決致しました。

 

 

それから、

(8)動物取扱業の業種追加の検討(P.5P.6

  ‘以の死体火葬・埋葬業者

  O係ぁο掲ホーム業者

  ザ軌蕁Ω益目的の団体

(12)動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物水族館・動物病院の扱い検討)(P.7)

13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物での説明義務項の緩和の検討)(P.8

についての意見と理由は、KAZUさんの下書きにはないものです。

KAZUさんにも同意をもらい、ねこのお姐さんとみよちゃんの意見を追記致しました。

 

 

この意見書が全てではありません。

考え方は人それぞれ、皆さまのお考えを元に、追加・訂正・削除してご利用下さい。

また、意見書に記載のない(8)(11)の項目についても、どんどんご意見頂けたらと思います。

-----------------------------------------------------------------

動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見書

1、意見提出者名 :

2、住所 : 〒

3、連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス :

4、意見

 

(1)深夜の生体展示規制(P.1

(意見)

生体販売規制に賛成

(理由)

・狭いショーケースに長時間展示され購買欲を煽り、深く考えぬまま購入することが、日本の犬猫殺処分の多さの第一原因である。

・欧米の先進国では生体展示販売はすでに法で禁止されている。

・深夜営業、移動販売は、社会問題になっており禁止すべきである。

・生体販売は全く賛成できないが、少なくとも時間制限を設けるべきである。

・犬猫の睡眠は重要であり、科学的に幼齢の場合約16時間と言われている。

・展示時間は最大6時間までと細目に加えるべきである。

・猫カフェ営業の時間を法で規制するべきである。

・繁華街のふさわしくない場所に朝方まで営業している店もあり、猫の健康面を全く度外視した営業である。

・風営法でさえ時間制限があり順守されている中、動物取扱業のみ規制強化がされていない。

・猫のストレスや健康を考えれば日照時間に合わせての営業が望ましく、アルコールなどの販売も猫カフェという観念からみて禁止すべきである。

 

(2)移動販売(P.2

(意見)

禁止に賛成

(理由)

・移動販売は深夜営業と同じく社会問題になっており、禁止すべきである。

・移動によるストレスや狭いゲージの中での集団感染も問題であり、管理体制やアフターケアが不充分であることから禁止すべきである。

 

(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化(P.2

(意見)

インターネットでの犬猫の販売を禁止し、対面販売・対面説明・現物確認の義務化の徹底は当然である。

(理由)

・空輸、陸送による幼齢犬猫の負担・購入者への犬猫飼養の説明義務が果たせない。

・写真と違う、実際の毛色と違うなどトラブルの原因になり得る。

・道義的に命をワンクリックでやり取りするものでない。

 

(4)犬猫オークション市場(せり市)(P.3

(意見)

ペットオークションの禁止

(理由)

・犬猫の競り市は先進国ですでに問題になっており道義的にも禁止すべき。

・悪質なブリーダーの温床の場であり、犬猫が欲しければ、直接繁殖者に行くシステムを今後確立すべきである。

・小売店、仲介者も繁殖者の環境を把握できない。

・感染症の観点から犬猫を集団にさせる場を設けてはいけない。

・犬猫の親、兄弟、遺伝病など追跡調査が困難である。

 

(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢(P.3

(意見)

生後8週齢迄、母親・兄弟から離してはならないと法で規制すべきである。

(理由)

・犬猫の社会性、健康面から鑑みて生後8週齢まで離すべきではない。

・科学的根拠がなくとも、イギリス、フランス、アメリカ、ドイツが法で規制している。

・日本の犬猫だけ特別丈夫なわけではない。

・日本人が、小さければ小さいほど可愛いと思う事から、現在の犬猫を苦しめ、犬猫の生産工場としている社会問題は諸外国からも指摘され、法で規制しない限りこの問題は解決できない。

・犬猫とも感染症が多く、小売店やペットオークション会場で集団感染がある。

・ワクチンは接種すればすぐに効能が現れるものではなく、定着まで10日〜14日が必要。母体抗体がある時期は接種しても無効であるので、すぐに死亡してしまう事や、集団感染を防ぐためにも、ワクチン定着後、生後8週齢以降でなければ販売してはならないと法で規制するべきである。

 

(6)犬猫の繁殖制限措置(P.4

(意見)

年に1度、1胎のお産まで、5歳以上の犬猫を交配してはならないと、法で繁殖制限すべきである。

(理由)

・一番問題になっているのはパピーミルと言われている犬猫の生産工場である。

・数値の曖昧さが、現行法で規制できなかった反省点も含め、明確も含め明確な数字が必要である。

・遺伝病を作り出す繁殖を禁止すべきである。

近年猫の人気ランキングはスコティッシュフォールドが1位だが、乱繁殖や無知な繁殖による骨形成不全症に苦しむスコティッシュフォールドが増えている。

イギリスではスコティッシュフォールドの繁殖を禁止しており、アメリカではアメリカンショートヘアー、ブリティッシュショートヘアーの交配のみ許可されている。

日本ではブリーダーのモラル・自主規制・自己申告などの曖昧な言葉で血統書が作り出され、またスコティッシュフォールド同士でも繁殖を許可している。

立ち耳と折れ耳という条件だが、血統書を見る限り非常に疑わしい。

消費者の立場から見ても、生涯に渡り苦しむ猫を介護せねばならず、遺伝病が出る確率の高いものは法で規制すべきである。

よって、スコティッシュフォールド同士の繁殖は禁止し、アメリカに習いアメリカンショートヘアー、ブリティッシュショートヘアーのみと、細目を設けるべきである。

人気が出れば出るほど、その品種の乱繁殖が行われ苦しむ犬猫が増えてしまう負の連鎖は、ガイドライン・自主規制・モラルなどでは期待できず、厳しい法規制を望む。

 

(7)飼養施設の適正化(P.4

(意見)

ケージ飼養、広さ、人員の規定を設けるべきである。

ケージの上にケージを積み重ねず、広さは、トイレ・食事のスペースを除き、犬猫が横になり耳と尻尾の先がケージに触れない広さとする。

同じ犬種などを狭いケージに数頭入れない。

犬猫どちらも10頭につき、繁殖業の人員1人とする。

空調施設の設置と温度管理の徹底。

(理由)

・狭い空間に閉じ込めれば、ストレス、感染症など健康に悪影響をおよぼす。

・同じケージに数頭入っている状態では、正しい交配記録も出来ない。

・人員規定も設けないと適正な管理が出来ない。

・数値の曖昧さが現行法で規制出来なかった反省点も含め、明確な数字が必要である。

 

(8)動物取扱業の業種追加の検討(P.5P.6

(意見)

‘以の死体火葬・埋葬業者 及び、

O係ぁο掲ホーム業者は、動物取扱業に含めるべきである。

ザ軌蕁Ω益目的の団体には、法の取り組みに入れる事を検討するに賛成

(理由)

ペット葬祭業者が山中に動物の遺体を遺棄するという事件が起こり、遺族の心情を著しく傷つけ苦しめるもので決して許されるものではない。動物といえども大切な家族に変わりなく、遺体は尊厳をもって扱うべき。

今後このような事を起こさせない為にも、規制を設けるべきである。

・所有権を移し対価を得ながら、適切な飼育を行わず、病気の治療もせず放置しているホームが問題となっていることから、動物取扱業の中に含め、基準設定を設けるべきと考える。
・学校での飼育環境が劣悪なケースが多いのは否定できない。

生徒の自主性に任せきりで、先生が全く放置状態という所もあり、適切な餌・水・清掃・医療が受けられず、死んでいく動物達も多い。

これは、虐待の定義にあたるところから、何らかの規制・指導を行うべきと考える。

 

(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)(P.6) 及び、

10)登録取り消しの運用の強化(P.7

(意見)

違反時の登録取り消し及び拒否等の運用を強化し、条項を追加すべきである。

(理由)

・動物取扱業の指導は、事前通告では意味を持たない。

・特に悪質な場合は抜き打ち検査が当然である。

・指導回数を重ねても改善がみられぬ場合は、速やかに勧告し、

その勧告が2度目で取り消しをスムーズに行ってもらいたい。

・何度も事前通告し同じことを言うのは労力、税金の無駄である。

・現行法では、取り消し後2年経過すると再登録が出来るが、年数を引き上げ、最短でも5年、虐待(含ネグレスト)など悪質な動物愛護管理法違反は、再登録できない様

にすべきである。

 

12)動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物水族館・動物病院の扱い検討)(P.7)

(意見)

緩和すべきではない

(理由)

・明確な業種の記載がなく、必ず必要と思われる業種以外も緩和される可能性があり、緩和に賛成できない。

・緩和された業種は、命を扱う事への責任・意識が薄れる事が危惧される為、

変更するのであれば、回数を減らさず、業種ごとに研修内容を細分化する事。

13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物での説明義務項の緩和の検討)(P.8

(意見)

緩和すべきでない。

(理由)

・小動物といえども命に変わりなく、粗雑に扱うことは許されるべきではない。

・小動物は特に子供が扱うことが多く、説明はより必要である。

・身勝手な遺棄などにより、自然界の生態系を脅かす様な行為を防止する点からも、販売時の説明は必要であり、緩和を認める事は出来ない。

 

14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)(P.8

(意見)

許可制にすべきである。

(理由)

・現在は届け出の事項が埋まれば誰でも営業が出来、繁殖が出来てしまう。それが大きな問題になっている。

・問題となるブリーダーの共通点として、定年後、楽をして儲ける事ができるという意識で始めるブリーダーが多い。

・犬猫の看護(特に大型犬)、万が一売れ残りなどを終生飼育するとして70歳代の人間が成し遂げられる事はあり得ない。

・また、楽をして大金が入る職業ではないという、今後の問題提起も考えて60歳以上の登録を認めない年齢制限を設けるべきである。


----------------------------------------------------------------

ご自身の意見に沿うように加筆修正できるように、テキストにて追加いたしました。

 

皆さまのご協力をお願い申し上げます。

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ




| 04:27 | 処分ゼロを目指して | comments(65) | - |
静岡のワンコ (2011/08/14 5:17 AM)
ミッキー部長様、ねこのお姐様、みよちゃん様、パブリックコメントの作成有難うございました。心から感謝致します。
まぐろ (2011/08/14 10:07 AM)
ミッキー部長さん、ねこのお姐さん、みよちゃんさん、ありがとうございます。
KAZUさんの想いが詰まったこの意見書を多くの方に読んで頂き
多くの方にペット産業の犠牲についてもっと関心を持って頂き
そしてパブリックコメントに参加してほしいです。
こちらの記事を転載させて頂きますね。

それと、お忙しい中恐縮ですが
画像の元の文章をテキストでも上げて頂ければ
メールで送ったり追加修正等を加えたりができ
より多くの方に送って頂けると思います。

次回のパブリックコメント募集課題も殺処分減にむけてとても重要な内容ですね。
小委員会の資料が公開され次第、随時勉強して発信しようと思います。

KAZUさんが空で少しでも安心できる法改正と実運用にするためにみんなで力を合わせましょう。
moon (2011/08/14 10:33 AM)
パブリックコメント参加することにしました。
皆さまが書いてくださったものを参考に、私なりの言葉で伝えてみようと思います。

パブコメのことを知ったのもこのブログのおかげ。私の「猫飼いとしてあるべき姿」の意識を強くしてくれるブログです(^^*)

細かいことですが・・・ゲージではなくてたぶんケージだと思います。cage なので・・・。間違ってたらすみません。。

knmeik (2011/08/14 11:38 AM)
KAZUさんのご冥福を心よりお祈りいたします。
病床で最後まで気にかけていられたパブリックコメントを今回初めて提出いたしました。
可哀想と言って泣いているだけでは何も変わりませんよね?見て見ぬふり、知らなかった事にして人任せではいけませんよね?KAZUさんには色々と教えられました。有り難うございました。
自分に出来る形で志を受け継いでいきます。
keiko (2011/08/14 1:01 PM)
kazuさんのご病状を知ってから、ご回復をずっとお祈りしてました。世の中に必要な素晴らしい方なので、これからもお元気でご活躍して頂ける事を切に望んでおりましたので、本当に残念です。kazuさんのカレンダーに載っている仔猫達を毎日眺める度、心を元気づけられて、こんなに可愛いのに悲惨なめにあっている猫達を助けているkazuさんは、なんて素晴らしい人なんだろうと思ってました。来年もkazuさんのカレンダーを見ることができなくて、とても寂しいです。本日kazuさんの案を署名をして環境省に送付しました。kazuさん、どうか天国で安らかになさってください。ありがとうございました。
まい (2011/08/14 1:09 PM)
ミッキー部長様、ねこのお姐様、みよちゃん様
そして、KAZUさん。

作成ありがとうございます。

強く強く賛同します。
パブリックコメントを送ります!

KAZUさん、無知な私に現実を教えてくれたのはあなたのブログでした。
ねこ姐 (2011/08/14 1:45 PM)
KAZUさん

KAZUさんから託された
最後のお願いを叶えてあげられたよ!

「ちゃとらはちわれ」さんが
パブリックコメントの記事を載せてくれたよ!

倫さんが頑張ってくれたんだよ!

嬉しいね、本当に嬉しいね

KAZUさんの思い
KAZUさんの願い
みんなで引き継いでいくからね。

倫さん、本当にありがとうございました。
ねこばば (2011/08/14 1:57 PM)
KAZUさんが亡くなられても、終わりじゃありません。KAZUさんが積み上げてこれれたことは、同じ志をもつ人の中で、これからもつながっていきます。
キキママ (2011/08/14 4:55 PM)
初めてコメントさせていただきます
先ほど友人からkazuさんの訃報を聞き
信じられません
あっという間に亡くなったkazuさん
お会いしたこともないのに涙が止まりません
私は杉並区で個人で猫ボランティアをしてます
たいへん、恐縮ですが
こちらの記事を私のブログに転載させていただきました
ねねこ (2011/08/14 6:39 PM)
kazuさんの願いが叶いますように。

パブリックコメント 純情仔猫物語ver.
このままFAX・郵送が出来るようUPしていただきありがとうございます。
自分でパブリックコメントをまとめ辛いと感じている方も意見を送る事が出来易くなったと思います。

色んな意見や考えを持っていたりしていてもパブリックコメントを知らなかったり、
なかなか「パブリックコメントを送る」ことにまで辿り着けない方も多いようです。
そこでなんですが、Emailでも送れるように今回のpng画像の内容をテキストでもupしてみてはいただけないでしょうか。

27日必着ですから最後の最後まで間に合うのがEmailだと思うので…。
情報を知ったのが遅かった、意見について考えているうちに日が経ってしまったという時でも間に合うと思います。

また、そのままコピーして送信したり、追加・訂正・削除もしやすく
特に若い方などには郵送やFAXよりも敷居が低いようです。

お忙しい中申し訳ありませんが、ご一考お願いします。

どうか現状が変わりますように。
Fuku (2011/08/14 8:03 PM)
パブコメ送りました。
KAZUさんが背中を押してくれたようです。
小さな力が集まって
「組織」に立ち向かっていけると思う。
heartland (2011/08/14 8:30 PM)
はじめまして。
くるさんのサイトを拝見しました。
早速パブリックコメントに参加させて頂きました。

微力ですがお手伝いできれば嬉しいです。
はる (2011/08/14 8:45 PM)
パブリックコメント送らせていただきました。
私なりにがんばりました。

KAZUさん、みんながんばってるよ。

天国から見ていてね。
Tenten (2011/08/14 9:19 PM)
KAZUさんの遺志を継ぐ為、
今パブコメ送信しました。

まだ悲しみで言葉が見付かりませんが、
心よりご冥福をお祈りします。

みんなの想いが、KAZUさんに伝わります様に・・・
いもくりあんこ (2011/08/14 9:49 PM)
ミッキー部長様、ねこのお姉様、みよちゃん様

新たに分かりやすく作成して頂き有難うございますm(_ _)m
自分も一度メールで提出しましたが、何か気持ちシックリせず…
こちらを参考に、また出し直ししようかなと思っています。

想いはひとつ、、ですね。頑張りましょう。。


相原やよい (2011/08/14 10:27 PM)
はじめまして。
今日「ちゃとらとはちわれ」「くるねこ大和」の両方で取り上げられているのを見て、パブリックコメントのことを初めて知りました。
KAZUさんの強い思い、ミッキー部長さんがその志を継がれていることを思って、本当に涙が出ました。
微力ではありますが、未来につながる一歩となりますよう、参加させていただきました。
mici (2011/08/14 10:30 PM)
陰ながら、KAZUさんのお苦しみが癒されますようお祈りしておりました…。

本当に残念で悲しく、言葉がございません。

今は只、心より、KAZUさんのご冥福をお祈り申し上げます。
ぽにょん (2011/08/14 11:05 PM)
ワタシは楽天市場の店長ですが
それ以前に、KAZUさんを尊敬してやまないいっかいの猫飼いです。

本日、心ばかりですが楽天店長ブログで拡散いたしました。

一人でも多くの方々の参加を祈っております。
KAZUさんがいなくなったことがまだ信じられません。

安らかにお休みくださいませ。
本当にお疲れ様でした。
そして、有り難うございました。
わらび (2011/08/14 11:11 PM)
ミッキー部長、ねこ姐さん、みよちゃんさん
分かりやすくて使いやすいように作成くださり有難うございます。
こちらの記事もブログに転記させていただきます。
kittymama (2011/08/14 11:39 PM)
昨夜は、あまりに急なご逝去を知り、涙が止まりませんでした。
いつも貴重なご意見や情報を知り、22歳と21歳の老猫達の晩年に役立つことがたくさんあったのに、コメントを残しませんでした。
こちらの猫ちゃん達の里親になれない状況が歯がゆかったからです。

「くる猫」さん、「ちゃとらとはちわれ」さんで、パブリックコメントをご紹介いただくのが、KAZUさんのご遺言だったと知りました。私がファンだった方々が、こうして繋がっている姿を見るのは、感動でした。
KAZUさん、ありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします。

最近、汚れて弱った猫が、すでに高齢化している外猫グループに加わりました。内猫は、気難しく健康に問題を抱えているので、同居猫は難しいのです。ボロボロ猫のコンちゃんは、心臓弁膜症に、腎臓機能もひとつ失っています。薬を療養食に混ぜながら、なんでこんなことに、と思います。無責任な飼い方、無責任な繁殖の犠牲者だと思うと悔しいです。
kittymama (2011/08/15 12:41 AM)
書き忘れてしまいました。パブリックコメント送ります。
moon (2011/08/15 2:46 AM)
パブコメ、出しました。KAZUさんのご遺志を無駄にしないよう私なりに考え、送ることができました。

KAZUさんの何百分の一でしかないけど、まだまだ世の中で苦しい思いをしている猫のために、しっかり頑張ります。
このブログが私の猫のための活動の原点。へこたれそうになったら何度も読み返して、気合入れ直します。
リュカ (2011/08/15 8:26 AM)
動物に関する現状を教えてくれたのはKAZUさんです。
パブリックコメント、提出します。
KAZUさん本当にありがとう。動物愛護管理法の改正が叶うこと見守っていてくださいね。
師匠 (2011/08/15 9:00 AM)
KAZUさんの思いが、
たくさんの大きな輪になって、
たくさんのblogで紹介されているのを見ました。

くるさんのとこでも、でぶねこめんまさんにも。

KAZUさんはみんなの心の中に生きてるし、生き続けるし、また会える。
また新しい体で生まれ変わるころには、KAZUさんが望んだ世の中に私たちがしていないとKAZUさんに怒られちゃいますね。
ひとりでも多くの人にパブリックコメント出してもらうよう頑張りましょう。
rinko (2011/08/15 10:27 AM)
はじめまして
いつも拝見させていただいておりましたが
まさかこんなことになってしまうなんて本当に残念です…
KAZUさんのご遺志を尊重し、皆さんで作っていただいたこちらの記事をリンクさせていただきました
どうぞよろしくお願いいたします

KAZUさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます…
emi (2011/08/15 11:44 AM)
ミッキー部長様、いろいろとたいへんな中、Eメール用にテキスト化したのものを、アップして頂きましてありがとうございます。

Eメール環境にあっても、プリンターをお持ちでない方も多いと思いますので、たいへん助かります。

先ほど、カズさん、ミッキー部長様、ねこのお姐さん様とみよちゃん様の下書きを元に、パブリックコメントを再提出いたしました。

わたしひとりの力では、到底なしえない、細部の内容まで明記されており、とても助かりました。

これもカズさんと皆様もご尽力のおかげ様でございます、ありがとうございます。m(_ _)m

これからも、日々わたしにできる所から、すべての生き物との共存に向けて、尽力していきたいと思います。

すべての猫Lover&動物Loverの皆様に感謝♪
oka (2011/08/15 1:54 PM)
KAZUさん、ミッキー部長様

まだ涙がこぼれて仕方ありません。

猫好きな方でも今回のパブリックコメントの事を知らない方が大勢いるのだと、くるねこ大和さんの所のコメントで思いました。
その分票が増えるとも考えられますね。

微力ですがひとりでも多くの方に送ってほしくて、テキスト化してくださったものをブログに転載させて頂きました。

これから実家の家族にも頼んで来ます。



猫充 (2011/08/15 2:35 PM)
パブコメの内容について、分かりやすい解説書を作ったので
もしよろしければご参照ください

情報まとめサイト
http://jbbs.livedoor.jp/news/5403/
パブコメ解説サイト
http://nekojyu.web.fc2.com/pc.html
あやめ (2011/08/15 2:47 PM)
はじめまして。

くるねこ さんの所から来ました。
パブコメ、送信しましたよ。
テキスト化してくださっていたものがあって助かりました。

皆さんの想いが届くことを祈ります。
yukio (2011/08/15 2:56 PM)
KAZUの御冥福を心より御祈り申し上げます
まぐろ (2011/08/15 3:04 PM)
お忙しい中、テキストを掲載して下さりありがとうございます。
月猫 (2011/08/15 3:51 PM)
一読者です。

KAZU様
パブコメ送りましたよ。

心から尊敬しています。
しろつか (2011/08/15 4:14 PM)
上記のEメール用にテキスト化されたものをoutlookexpress6のメール作成画面にコピペして送ろうと思ったのですが、unicodeが含まれるらしく、unicodeで送信するか、そのままで送信するのか確認されます。文字化けするかもしれないとのことなので迷っています。ここでこのような時にコメントすべきことではないかもしれませんが、不安なく送りたくて。メールの設定は確認済みなので、どうすればいいものやら..
ムササビお京 (2011/08/15 4:51 PM)
ミッキー部長、みよちゃん様、ねこ姐様、ありがとうございます。
友人にコピペしてもったので周りに声掛けします。
kAZUさんに笑顔でご報告できるよう一人でも多く伝えたいと思います。

寝て、起きて、昨日の悲しい出来事は夢だったはず。

いつものようにkAZU さんのblogを開けてみる。

ほんとうに
神様が連れていっちゃった。あかんのに。。。
別れはほんとに悲しくて、つらくって。でもある人がね。
縁のある人とは別れても天国で待ってくれてお迎えしてくれていると。
別れというけど、実は別れってないんだよと。別れられいんだよと。

じゃあKAZUさんに縁をきられないような生き方をすれはkAZUさんも喜んでくれるよね。

KAZUさん、動物達の未来が明るくなるように
やれることをやってみる。

ありがとう。
KAZUさん。

ねこ (2011/08/15 5:14 PM)
家族、親戚、友人家族に協力して貰い、何通か送ることが出来ました!!

こんなに簡単なことなのに、とりかかるまで2週間かかった私。

正直、KAZUさんの訃報を聞いてから慌てて行動した私…。

これまで人任せ、KAZU任せだった自分に気付かされました。

KAZUさん、ずっと何でも任せててごめんなさい。応援のコメントだけ送って満足してました、ごめんなさい。

でも今回は本当に、微力ながらもKAZUさんのお力になれるかもしれません。

パブコメ締切まで残り約2週間、もう少し頑張ります!
ねこ (2011/08/15 5:29 PM)
>しろつか様

直接的な解決法ではないのですが、
メールの送信先に、ご自身のアドレスも追加してみてはいかがでしょうか。

相手に送ったものが文字化けしていないかどうか確認する事はできます。

もし、しろつか様自信に届いたメールが文字化けしていれば、残念ながら相手(環境省)にも、同じく文字化けして届いているかと…。

その場合は、他の送信方法を考えなくちゃですが、アナログな私から見れば、もうFAXが確実ですね(苦笑)

お役に立てたか怪しいですが、とても一生懸命だったので。一緒に頑張りましょう☆
りとる (2011/08/15 7:00 PM)
KAZUさん

パブコメ送りました

いまKAZUさんの願いが大きな大きな
大きなものに変わろうとしています

まだ涙がこぼれますが生きてるからこそ出来る事
続けていきます
しろつか (2011/08/15 7:00 PM)
>ねこ様アドバイスありがとうございました。解決できたようです。(5)の理由のところにある「10〜14日」の、「〜」の部分が原因だったようで削除し打ち直したら、確認画面が出てきませんでした。自分に一度送ってみるのわかりやすくて良い確認方法ですね^^、安心できそうです。
猫仮面 (2011/08/15 9:03 PM)
KAZUさん、パブコメ送りました。
今はお盆だし、竹ちゃんと一緒に家に帰ってるのかな...。
にゃこ (2011/08/15 10:16 PM)
ミッキー部長様、ねこのお姐様、みよちゃん様
大変まとまったパブコメ案を作成していただき本当にありがとうございました。
案に自分の意見を盛り込んだものを送信しました。
友人にも送ってもらえるようたのんでいるところです。
あと数名は送信してくれそうです。
それも、こうした案を作ってくださったKAZUさんと皆様のおかげです。

小さな一歩でも、集まれば大きな力となる。
KAZUさんの遺志を継ぎましょう!!
しろ (2011/08/15 11:40 PM)
>ミッキー部長様

今更ながら、KAZUさんのドライフラワーショップのHPを見ました。

なんとなくは知っていたものの、作品までは拝見しておらず。
すごく素敵な作品を作っていらしたのですね・・・。
本当に何もかも気づくのが遅すぎました。

こちらはもう販売はしていないのでしょうか。
もし在庫があるのであれば、ぜひご連絡頂きたいです。

コメント欄に、失礼致しました。
Kumiko (2011/08/15 11:47 PM)

KAZUさん

きのうはあまりに悲しくて一日放心状態で過ごしたけれど、きょうはしっかり考えました。
残された私たちにできることは、KAZUさんの遺志を継ぐことしかない!と。

ミッキー部長さんがアップしてくださった下書きを元に私なりに思うところをたっぷりと盛り込み、長ーい意見書を、たったいま送信したところです。
KAZUさんに少しだけ恩返しできたような、そんな気がしています。

くるねこさん、ちゃとはちさん、そのほかたくさんのブログにどんどん転載されて、大きなうねりとなって、みんなの思いが実りますように!

なんの芸もないうちの猫ですが、あのKAZUさんちから来たんだよ、とみんなに自慢したいです。


kittymama (2011/08/16 12:30 AM)
ミッキー部長さん、ねこのお姐さん、みよちゃんさん、ありがとうございました。

パブリックコメントを送ることができました。
クマ子 (2011/08/16 1:12 AM)
私もパブコメを提出するにあたり2週間かかりました。パソコンの環境がわるく資料が見られずなどでして。
どうにかKAZUさんの遺志と自分の想いをまとめて昨日提出いたしました。
そして後にこちらを拝見したら、テキスト形式でUPされていましたので、家族からはそちらを基として送らせていただきました。
友人にもお願いしているところです。
ミッキー部長様、ねこのお姐様、みよちゃん様、
どうもありがとうございました。

KAZUさん...
6月始めにメールで聞いていただいた推定15歳半の地域外にゃんこ、、家に入って一ヵ月半になります。外に出たがる事もなく静かに家族として暮らしています。
決意できたのはKAZUさんのお陰です。
今頃は竹ちゃんや沢山の子たちと一緒に、大事なご家族、ご友人、そして可哀想なにゃんこや、私達を空の上から見守ってくれているのでしょうか。
お会いした事もない方との現世の別れを、こんなに哀しんだ事は初めてです。
無念でしょう、
でもどうかどうかKAZUさん、
安らかに。










うさぎ大好き (2011/08/16 8:17 AM)
KAZUさん
ほんの数日でしたが、自分のことで忙しく、KAZUさんのブログを拝見する事が出来ませんでした。

やっと落ち着いたので、久しぶりに訪問しましたが、言葉を失ってしまいました。

今は、何と申し上げてよいのか、驚きと突然のお別れに混乱してしまって。

KAZUさんにお礼も励ましも、何もすることが出来なかった。

気持ちが落ち着いたら、パブリックコメントを送ります。

涙が止まるまで、お時間ください。






かぶ (2011/08/16 9:47 AM)
くるねこさんのところでKAZUさんの訃報をしりました
パブリックコメントはちょっと面倒だな。。。
それが私の気持ちでしたKAZUさんの強い思いを読みちゃんと熟読し皆様のブログを参考にし自分で考え送ろうと思います

いろんなブログでKAZUさんへの感謝の気持ちが書かれていてなんでこんなに素敵な方が亡くならなくてはいけなかったのか・・・。
と悔しく思います。

でもきっとKAZUさんの気持ちを受け取り動物たちのためにより改善をと願う人が多くなると信じています
私もその一人になります。

どうかやすらかに。
お疲れ様でした。
Forest (2011/08/16 10:51 AM)
お世話になりっぱなしで何の恩返しも出来ないまま逝ってしまわれて、KAZUさんから頂いたメール大切に大切にしますね。

私も今パブコメ送りましたよ、KAZUさんの遺志が反映されるよう祈りつつ・・・

安らかに、そしてありがとう。

ミィー (2011/08/16 11:10 AM)
KAZUさん、残念です。
頑張って、また国ちゃんの所に戻ってくれると信じてました。早く逝ってはいけない人だったのに・・・
どうか安らかに ご冥福お祈りします。

パブコメ、ジュルさんの所のをコピーして送ったところでしたが、今日KAZUさんのも参考にして(特にスコティッシュフォールドの繁殖制限)作り直しました。
今からFAXします。
明日茶 (2011/08/16 11:23 AM)
KAZUさん見てる!?
すごいよ!
KAZUさんの思い、みぃぃんなにちゃんと届いてるよ!
みよちゃんさん、ねこ姐、ミッキー部長、
それからもっともっと沢山のいろーんな人の心、
こんなに大きく動かしてるよー!!
見てる!?

ちゃんと見ててよーーー!!!
ごんはは (2011/08/16 11:38 AM)
ミッキー部長さま、ねこのお姉さま、みよちゃんさま、
本当に本当にありがとうございます!!
KAZUさんが遺してくれた輪が、どんどん広がって
いますよね。

大きくなったら、KAZUさんみたいに猫を助ける
人になる!と宣言しているうちの娘も、自分の言葉で
コメントを書き上げました。大の作文嫌いで、学校の
宿題はほとんど提出しない中学生息子までも、なんと
自ら、コメント作成中です。

KAZUさん、あなたの思いは次の世代にもしっかり
繋がっていますよ。どうか見守っていてください。
nyagaimo (2011/08/16 3:55 PM)
はじめまして。
同僚から聞いてやってきました。
こちらの記事、私のHPで紹介させてください。
本当に申し訳ありませんが、
期限まで時間がありませんのでコピペさせていただきます。
少しでも多くの人に知ってもらう為に私も微力ながら
動きたいと思います。
moko (2011/08/16 4:46 PM)
今日パブコメ送りました。KAZUさんが心砕いて作成されたこのコメントで愛護法が改正されますように。KAZUさんの想いが実を結びますように。

毎朝起きるとすぐに純情仔猫物語を開くのが日課でした。来年のカレンダーも楽しみにしていました。悲しくて悲しくて言葉になりません。

KAZUさん、ありがとうございました。本当に、心からありがとうございました。

どうぞ安らかに。

やまねももんが (2011/08/16 5:04 PM)
KAZUさんのブログで、たくさんのことを学ばせて頂きました。
ありがとうございます。
心よりご冥福をお祈りいたします。

微力ではありますが、パブリックコメントに関して、私のブログ「星空が好き、猫も好き」でも記事にさせて頂きました。
見てくださる人は多くはありませんが、数名のブログ友達が意見書を提出してくれました。

まだまだ10日あります。
ここで気を抜かずに、ラストスパートしましょう。

猫関連のブログに集まる方々には、今回のパブリックコメントはかなり話題になっているように思えます。
でも、そうでない人たちは全く知らないと言っても良いぐらいです。
私もそのような人たちに情報発信をしているのですが、なにせ微力です。
何か良い知恵をお聞かせ願えればと思っています。
宜しくお願いします。
さっこ (2011/08/16 9:36 PM)
微力ながら、パブリックコメントを提出させていただきました。
良い方向へ向かうことを祈っています。
KAZUさんや皆さんの思いが届きますよう。
くゆ (2011/08/17 1:16 PM)
KAZU様、ミッキー部長様、ねこのお姉様、みよちゃん様のご意見をベースにすることで、その存在すら知らなかった私にも、パブリックコメントを送ることができました。ありがとうございました。

みんなの気持ちが正しく国に届きますように。
ぺこり (2011/08/17 2:29 PM)
パブリックコメント、作成しました。
参考にさせていただきました。
KAZUさん、ミッキー部長さん、ねこのお姐さん、みよちゃんさんありがとうございます。

この素敵な輪がどんどん広がって
法改正に繋がることを願ってやみません。
はく (2011/08/17 3:42 PM)
パブコメ送りました!下書き参考にしました。ありがとうございました。

ただ途中に、動物愛護協会のHPなども覗いたのですが、
今回の件について、何も書かれていなかった事に驚きました。

財団法人として、国から優遇されているわけですから、
動物愛護管理法の改正について、その必要性の有無等を考察するとか、
一般人のブログよりも積極的に活動して頂きたですよね。


なんで何もしないのでしょう・・・。
結局はペット業界側の組織なのでしょうか・・・。
これまで機会があれば募金等してきましたが、今回少し不信感を持ちました。

こういう事もKAZUさんに聞けば何か教えてくれたかも知れないですね。
kittymama (2011/08/18 12:58 AM)
パブリックコメント、友人のHPの掲示板に紹介してもらいました。KAZUさんや何人かの方の文案をもとに(本当言ってコピペ多し)作成した文案も載せてもらいました。

少しでもKAZUさんのご遺志と、お親しいみなさまのご努力に応えられますように。
あと10日、できるだけのことをしたいと思います。
マキロン (2011/08/18 10:35 AM)
パブリックコメント提出しました。
こうやって少しずつでいいから、この輪が広がっていくといいですね。

改めてKAZUさんの情熱を実感しています。
ネットを巡っていても確実にパブリックコメントを提出しようという声が広がっているからです。

今の私にできることは、身近な猫好きさんにパブリックコメントを提出していただけるよう働きかけることかなぁと思っています。
そんなに友人多くないですが、小さな一歩が大きな一歩になることを信じています。
子猫 (2011/08/18 5:38 PM)
パブリックコメント送りました。
スコティッシュの遺伝病など何も知らなくて、
このブログで初めて知りました。
国ちゃんを見て、その酷さを知りました。

KAZUさんの無念の思いが多くの人に伝わり、提出される方が少しでも増えることを願います。
雪千代 (2011/08/19 9:50 AM)
パブコメ送りました。

数ある猫保護ブログの中で、一番好きなブログでした。
KAZUさんの優しさ、強さ、時折のぞかせる茶目っけ…。
KAZUさんがいなくなってしまうなんて、本当に悲しい。
会ったこともないのに、こうして言葉を綴っていると涙が止まりません。

どうか、安らかに…
心よりご冥福をお祈りいたします。
meg (2011/08/20 9:50 AM)
ミッキー部長さん、ねこのお姐さん、みよちゃんさんの下書きを元にパブリックコメントをメールで送りましたが、環境省のメールボックスがいっぱいになってるらしく受け付けられなかったので、また時間をおいて再送信してみます。きっとみなさんのメールがたくさん届いてるからなんだろうなぁ。

KAZUさん、竹ちゃん達と一緒に天国からみててくださいね!みんなの力できっと世の中を変えてみせますよ!!

厚かましいかもしれませんが、こちらのブログのこと、私のブログでもぜひ紹介させて下さい。猫ちゃんや動物たちのこととは全く関係のない弱小ブログではありますが、一人でも多くの人に動物たちを取り巻く厳しい現状を知ってもらい、考える機会を持ってもらえれば…!と思っています。
うららにゃん (2011/08/21 1:27 PM)
お盆で帰省していた為、1週間ぶりにブログを見てKAZUさんの訃報を知りました。

びっくりしてしまって言葉が出てきません。
必ず病気を克服して戻ってきてくれると信じていたので、こんなに早く天国に行ってしまわれるなんて・・・いくらなんでも早すぎます。

KAZUさん、今まで本当にお疲れ様でした。
いっぱいいっぱいがんばりましたね。
KAZUさんのがんばる姿はいつもブログで見ていましたよ。

もう竹ちゃんには会えたかな・・・

KAZUさんのご冥福をお祈りします。

パブコメ、絶対に送ります!
marie☆ (2011/08/24 7:56 PM)
まだ涙がとまりません・・・
でも少しでもKAZUさんのご遺志にこたえられるよう、微力ながらがんばります。
パブリックコメント 純情仔猫物語ver.
ブログにリンクさせていただきました。
ありがとうございます。
Ginger (2011/08/25 6:41 PM)
パブリックコメント作成ありがとうございます!送ってやりましたぜい!