純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 猫の名前 | main | 動物虐待防止協会主催デモ行進 >>
先日の法改正の課題でもう少し詳しくお話させて頂きます
項目別に何度か取り上げますがあくまで自分で調べた上での
個人的意見です
実際にパブリックコメントなどお送りくださる方は
様々な資料やご意見を参考になさってお送りください

「犬猫の展示時間」

これは深夜営業の問題もあったかと思うのですが
一部の店舗チェーンで行われていたこともあり
業界内部の規制の声も多いです

自主規制という言葉は前回の改正の時にもありましたし
現状が変わらぬ今、明確な数字を定めることが必要だと考えます

現在のペットショップ、ホームセンターの開店から閉店までは
常に人目にさらされストレスの中、子犬子猫が売れるまで
狭いケースで過ごすことは健康問題に非常に問題があると思います

動物園は展示時間が最大8時間と定められています
それが幼齢時期の場合は各生態にあわせてもっと短いです

科学的に子犬・子猫の睡眠時間は約16時間と言われ
それを照明が常に明るいショーケースで客の希望があれば
起こされ抱かれ現在の規制なしの時間帯は問題があると思います
それは動物取扱業すべてにあてはまりますから
展示(ショーやテーマパーク)、貸出(テレビ、映画)、猫カフェも含みます

だからと言って最大営業6時間にしろと言ってるのではなく
展示スペースのみを終了させたりバックヤードで休ませ
フードなど物品販売は定時まで行うなどの意見も出てました

そして問題は時間帯です
6時間ならば午後5時から午後11時までいいのかではありません
最大午後4時までが限界です

なぜならば子犬、子猫は新しい環境に行くと体調を崩しがちです
ペットショップで犬猫の購入時に説明義務がありますが
それを入れて最短でも家路につき何かあった時に
動物病院の診療時間に間に合うべきと考えます
深夜営業の動物病院は非常に少ないです

その理由も含みますが深夜営業のペットショップは
犬猫の健康問題に良い影響を与えてると思いません
深夜営業の猫カフェも同様です
いくら室内といえど日照時間に合わせて生活を送らせることが
健全な飼育だと考えます

本音を言いますと
「生体展示販売禁止」の立場からは歯がゆいというか
やはりそこまで一足飛びにはいかない難しさを感じました
日本がドイツのようになるには、まだまだ時間がかかりそうです
あきらめたら終わりですからね、生体展示販売は禁止の気持ちであるが
どうしてもそれが不可能であればとそこはしっかり意見をしたいです

またそれを指導する各自治体は
事前通告の訪問は何の意味もないと思っています
先日の栃木県のブリーダーも茨城の阿見も
指導は事前通告で20回以上行っていますが
もっと早い段階で勧告がなされ、勧告の回数で取り消しがスムーズに
行われることを強く希望します

パブリックコメントでは各意見の細目を法として規制して欲しいのか
ガイドラインとして指導項目に入れて欲しいのかも重要です
前回は業者側の意見が多く成し遂げられなかったこと

年間殺処分に使用されてる税金は約57億円
そのお金をどう使って欲しいのか声を届ける良い機会です
(3月のパブリックコメントは動物取扱業についてですが)

次は販売幼齢時期についてまとめてみます

 2クリックで広めて欲しいこと 



 
| 21:12 | 処分ゼロを目指して | comments(2) | - |
うさぎ大好き (2011/02/24 10:38 PM)
こんばんは

どのぐらい前になりますか、新宿西口の雑踏の中、リヤカーのようなものを使った、移動販売を見ました。
手のひらに載るようなうさぎさん、仔猫ちゃん。首輪に鎖でつながれていたその子たちは、それはそれは、愛らしく、でも、本当に哀れで、「この子たちは、後どの位生き延びられるのだろうか」と、逃げるようにその場を離れました。
まだ若かった私は、そのおじさんに意見することも注意を促すことも何も出来ませんでした。

私の住まいの近くにある、大きなショッピングセンターのペットショップは、まだ良心的なのでしょうか、6時位になると、ガラスの内側のカーテンを閉めて、動物たちを休ませています。

でも。。。。

犬は、血統によって、大きさも姿かたちもかなり違いがありますが、猫ちゃんは、20万のアメショーと、うちのキジトラとの違いが、私にはわかりません。
高く取引される命がある一方で、授かった命を懸命に生きているだけなのに、邪悪な存在として、ゴミの様に処分される命がある。

どうにも納得できずに、前はウインドウを覗くのも楽しみだったのですが、今は、足を踏み入れるのも嫌です。

私も、生体展示販売は禁止を望みます。

また、取扱業は、届け出制ではなく、許可制に、特に繁殖業には、強い規制が必要だと思います。

私、いつも思うのですよ。
自分にされて嫌なことはしない、それは人に対してだけでなく、動物にも。。。
そう考えれば、もう少し良い世の中になるのにって。

またいろいろ教えて下さい。




KAZU (2011/02/25 9:27 AM)
★うさぎ大好き様★
私の子供の頃も西口のガード下にいつも大勢見てる人がいました
その光景が今でも忘れられずにいます

許可制になる声は多いのですが次回話し合われる予定です

血統書の発行も昔は偽造が多く
今はどうかわかりませんが
もっと厳しい審査で遺伝病を防いで欲しいと思います