純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 一足早く | main | アンディとヴィヴィアン >>
昨日は環境省で中央環境審議会動物愛護部会
「動物愛護管理のあり方検討小委員会・第12回」が行われ
傍聴に行ってきました



その資料の中に朝日新聞のコピーが添付されておりました
平成23年2月22日付けのインターネットの猫の販売の問題です
この記事の業者に自治体は20回以上も指導に行ってます
小委員会の方からも、もっと早い段階で「勧告」してもよいのではないかと
意見がでました



栃木県 悪質ネット販売横行(朝日新聞)

このニュースと小委員会で取り上げられてる問題点が非常に多いです
12回目となりますがそれ以前の読める議事録はこちら
これを全部読むのは大変なのですが業者からの意見、ショップの意見
血統書を発行する側の意見、法律家、愛護団体などよくわかります

3月のパブリックコメントに向けて現在の進行状況、議題ほか
勉強させて頂き、ブログにわかりやすくお伝えできればと思っていましたが
大変それが難しいことと、とても1日、2日の記事では困難です

これはあくまでまだ決定事項ではないこと
動物愛護管理法は犬猫に限らず水族館、動物園、他さまざまな動物に対しての
法律ですがブログの趣旨に従って犬猫をメインにお伝えいたします



来月のパブリックコメントの参考になればと思いましたが
問題提起が動物取扱業だけでもかなり多く
全てをお知らせするのは困難ですのでピンポイントに絞りお伝えします

・動物取扱業の定義の明確化
・動物の販売、保管、貸出、繁殖、展示、訓練を「業」とする
 他に専門学校などで飼養されてる動物の届出
・愛護団体の届出制の提案
・老犬、老猫ホームの届出制の提案
・埋葬業者について
・繁殖業の人員による頭数制限
・ケージの望ましい広さ(数字で表すのは難しいとの意見)
・ケージの上にケージを置かない
・遺伝病疾患について
・1年間の出産回数制限
・繁殖動物のマイクロチップ義務化
・トレーサビリティー(追跡可能性)の確保
・移動販売、深夜営業(反対、業界側は自主規制)
・展示販売、インターネット販売
 これについては業界側で意見がぶつかり
 展示販売はきちんと購入者に説明義務が出来るという意見
 ネット販売側はストレスをためこむことなく販売できるという意見

・愛護関係側は展示時間の問題点(ネット販売は反対)
 幼犬・子猫の睡眠は一日16時間、
 6時間までとするのが意見(もしくはそれ以下)
・動物取扱業が取り消し後、2年の経過で再登録ができます
 (5年に引き上げ、または悪質な場合は無期限か)
・悪質業者(動物愛護管理法違反者)氏名の公表
・素人繁殖者
 (偶発的ではなく反復性、繰り返し出産させ営利を得るものも業に含める)
・犬猫幼齢動物の販売日齢

赤文字については後日もう少し詳しくお伝えしようと思います
(赤文字でないものも出来たら少し説明させて頂ければと思います)

これは全部ではありません、一部です
皆さんがここはこうして欲しいという意見を
可哀想という感情論ではなく社会問題として
法で規制して欲しいのか、ガイドラインにするのか
具体的に来月のパブリックコメントで届けて欲しいと思います

抜けてる点もあるかと思いますがお許しくださいませ
私個人の意見は控えてあります
後日、私が思うことはブログで発信させていただきますが
それが正しいといわけじゃないです、多分・・・希望です

でも思ったのですが・・・
資料にもありましたが
この法律を守らなければ「業」を営むことができなくなる
その緊張感を持たせるなど現行法を「生きた法」にすべきである

この言葉が何より大改正に向けて大切なことだと思うのです

難しい話題でごめんなさい、通常記事は後ほどUPします
この話題は今後もブログの合間にお知らせいたします
どうぞよろしくお付き合いくださいませ

2クリックで知ってほしいこと





| 08:50 | 処分ゼロを目指して | comments(6) | - |
うさぎ大好き (2011/02/23 10:29 AM)
こんにちは

お忙しい中、本当のお疲れさまでした。
こうしてKAZUさんに意見を伝えて欲しいと言われ、では、私はどうして欲しいのか?どうしたらいいと思っているのか?考え込んでしまいました。
いつも、現状を知らせて頂いて、それについて驚いたり、憤ったりと受け身でした。
一昨年、動物取扱業の届け出に必要な資格要件のために、とある資格を取りました。
その試験にも、当然、動物愛護法の項目があり、実際は、生まれて初めて、そう言った法律をこの目で見たわけです。

もっと、もっと、自分の力で、受け身ではなく、学び、動かないと。。。。

現在の愛護法では、自治体は飼育困難になった動物を、引き取らなければならないはず。
大分昔になりますが、この項目がなぜあるかの説明を読みました。
もし、行政で引き取りを行わないと、飼えなくなった飼い主などは、町の薬局等で、毒薬を購入して、殺処分することがありうる。
そういった薬品の知識に疎い素人が与えるため、場合によっては、動物に多大な苦痛を与えるため、それを避けるために、行政が引き取り、安楽死させるのだ、とありました。
(健康な動物を開業獣医さんに持ち込んでも、獣医さんは獣医師法で、安楽死は出来ないはずですよね。)
だから、私は、行政の引き取りは、そういった観点からは、必要悪であると考えていました。
が、実際は、多くのセンターが、炭酸ガスや真空状態にして、動物は苦しみながら殺されている。
現在、私の住む県では、4月に譲渡センターが開所するそうですが、それでも譲渡出来なかった動物たちは、炭酸ガスによる処分方法は変わらないそうです。

先日の立川の講演会で、譲渡数と殺処分の推移から、犬は、あと数年で、殺処分ゼロの可能性も見えてきた、が、猫は、まだまだそこまでの域には達していませんでしたよね。

殺処分ゼロを達成できるまでの間、何とか、出来ないのか、と、思っているのです。

長々と失礼しました。
KAZU (2011/02/23 10:51 AM)
★うさぎ大好き様★
現行法では「引き取られねばならない」とあれば
パブリックコメントでその細目をなくして欲しい
それでもいいと思うんです
今日は一気に書き上げたので逆に難しい印象を
与えてしまったかなと思ってます
現実も難しいです、あまりに問題点、議論する項目が
多すぎるのです。
でも自分がここはこうして欲しいというのを
ピックアップして掘り下げてみるといいと思います。
私も少し絞りそれを今後は噛み砕いてご説明いたしますが
そうしているうちに確実に伝えたいことが見えてきます

ここだけは絶対に変えたい!
そこを調べてみるとやりやすいと思います。
らぶ (2011/02/23 12:12 PM)
とても勉強になります。専門的な知識は全くありませんが今まで自分が疑問に思ってきた「生体展示販売」のことはパブリックコメントで意見したいと考えています。血統書付きは購入が決まってから産ませることで無駄な繁殖もなくなるはず。
みよちゃん (2011/02/23 1:56 PM)
KAZUさん こんにちわ。

傍聴ご苦労様でした。そして有難うございます。(m_m)
KAZUさんの行動力には改めて感服します。
伝えたいこと山盛りにある中、きちんとわかりやすくまとめてくださってとても勉強になります。アリガトウ!

3月にある、動物取扱業に対してのパブリックコメントは具体的な意見・要望を書くのがいいですね。そしてその数も非常に大事と伺いました。5年前は圧倒的に業界側からのコメント数が多かったとのことで、その時愛護法のこと何も知らず、何もしなかったこと今更ながら恥ずかしいです。(;。;)
うさぎ (2011/02/23 10:52 PM)
KAZUさん

こんばんは

お返事ありがとうございます!
また、お気遣いありがとうございます。

「難しい印象」と言うよりも、問題点の多さに、改めて圧倒されてしまったのです。

そうですね、少なくとも一つのテーマを掘り下げていきます。
感情的にならず、ある程度の検証も含め、説得力のあるコメントにしたいと思います。

センターは、殺処分前提ではない引き取りを求めます。
本来、飼い主となる人間が、終生飼養すべきなのは当たり前です。が、様々な事情で、やむを得ず、手放さざるを得ない場合、やはり、どこか受け皿が必要だとは思うのです。欧米のような、民間の大規模シェルターが無い日本では、行政が担うほかない。
もし、受け皿が無ければ、山中に遺棄したり、それこそ、毒殺などが横行するのではないかと危惧します。
また、飼育放棄(飽きた、世話が面倒、子供を産んだから、親子共々いらない等)は、飼い主のモラルの問題もあります。そして、このような人々の引き取りを拒めば、餌も上げず、散歩も行かず、劣悪な環境で、餓死させる人も出るのではないか?
では、どうすれば、動物の福祉を守れるのか?
例えば、動物を取り扱うのも、飼育するのも、ライセンス制にしたらどうか?
そう考えると、今度はそれを実行するためには、どうしたらいいのか?
この辺りに来ると、実現不可能と思えてしまう。
このコメント欄をお借りして、文章にしていたら、「ここだけは絶対に変えたい!」と言うものが見えてきました!

また長々と失礼いたしました。

KAZUさんもお忙しい中、ありがとうございます。また、噛み砕いてご説明頂けるのを待っていますね。

(普段、あまり難しい事を考えないので、いろいろ教えて下さい!)





KAZU (2011/02/24 10:38 AM)
★らぶさん★
そうですね、その通りだと思います。
心強いというか・・・
本当にらぶさんには助けられました。
ありがとうございます。

★みよちゃん様★
前半の傍聴にみよちゃんが行ってくださったのが
何より私の今に繋がっています。
ありがとうございます。
私も5年前に声をあげていませんでした。
今回は必ず届けようと固く決意しています。

★うさぎ大好き様★
11月にもパブリックコメントがありますので
3月のパブリックコメントは動物取り扱業について
そこだけ絞るといいかと思います。
自治体やセンターのあり方はおそらく後半で
意見ができると思います。
動物取り扱業だけでも中々絞るのが難しいかと思いますが
どうぞよろしくお願いします!