純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いい子はお返事 | main | 幻の猫 >>
2011年純情仔猫物語のカレンダーを販売しています!
カレンダーのご購入はこちらから
  ↓


一部1000円(税込・送料込)



発送は今月末から行う予定です
沢山のお申込み本当にありがとうございます!(・∀・)



*お振り込みはカレンダー到着後でお願いします
すでにお振り込み頂いた方は納品書など同封させて頂きますが
お振り込み確認など前後してしまいますことご了承くださいませ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先日ご紹介した売れ残りという名のウシオ君とイサキ君
先住猫さんは2にゃんいらっしゃいますが
怖がりのサバナちゃんが好きで怒られるぐらいベタベタスリスリするそうです

私が見てきて思うのは
どんな保護猫も母猫を恋しがり探します
一所懸命お世話をしても母猫の代わりにはなれません

お母さんのココロさん



先日ロシアンとノルウェージャンのミックスと書きましたが
ロシアンとノルウェージャン×スコのミックス
ややこしくてすみません

里親様から驚いてご連絡頂きましたが
私もお写真を見て言葉を失いました

子猫たちが大好きなサバナちゃんは怖がりで
私が伺った時は姿を見せてくれませんでした

先住のサバナちゃん 女の子



以前、研究者の本を読んで
猫は猫の顔つきや顔を見て♂か♀かもわかるそうです

子猫たちがどんな気持ちでサバナちゃんに懐いたか
何だか胸が痛くなり
でも今がホントに幸せなんだと
サバナちゃんにも里親様にもあらためて感謝の気持ちで一杯です

「猫は忘れる」

確かに再会しても兄弟やもちろん私なんか覚えてる保護猫はいないけど
母を思う気持ちは子猫の時期にこんなにも強いのか



人間で例えてみたら当然だよね



愛護法の改正で希望が持てそうな事項は
生後8週までは母猫と一緒に過ごさせること

私の勝手な意見ですが
もう少し長く、せめてワクチン1回目が定着してからと思います

さて、国ちゃんですが
通院は一日おきで下痢は相変わらず
お薬もサプリも少しでもいいと思うものはあげていまが
子猫の時からの慢性化してる下痢のように思います

真菌の方はすっかり良くなり
首はほとんど毛がなかったんですが

ジャーン



生えてきました!!!

国ちゃんごめんね、お医者さんも頑張ろうね
けなげな国ちゃん みんな応援してくれてるよ

2ぽち応援ありがとう



| 09:36 | ブリーダー、ショップ | comments(9) | - |
レオンの姉 (2010/10/22 10:23 AM)
こ、これは…

無理もない、ですね…
たぶん偶然とはいえ、ウシオ君とイサキ君、
甘えるのは無理がないと言うか…絶句!

あ〜、ちょっとたれ目がチャーミングな
サバナちゃん、驚いているでしょうけれど、
どうぞどうぞよろしくお願いします。
最高な里親家にお迎えいただいた、
と言わざるを得ませんね。
こんなこと、あるんですね。

みるく (2010/10/22 11:35 AM)
国ちゃん、色々な表情を見せてくれるようになったんですね。「どうだ!」って感じのポーズ、可愛いです^^。

慢性の下痢は…大変ですね。私自身ピロリ菌で15年間苦しみました。人間の場合は慢性的に胃腸を痛めると、治癒した後も下痢と便秘を繰り返すようになってしまいますが、猫はどうなんでしょう?

生後8週で母猫から離して、そのあと1ヶ月ほど母猫以外の大人猫と一緒に暮らして家猫修行して、3ヶ月でお渡し、というのが理想的な感じがします。小規模で家庭的なブリーダーは、そういうところが多いです。もちろん譲渡契約は生後4週ぐらいから受け付けるわけですが。

店頭販売の業者は反発しそう。8週でオークション、9週から店頭に並べて、3週間以内に売れないと見た目に子猫らしくて可愛い時期を過ぎてしまいます。4ヶ月目に入った子猫は、店頭では、見映えしないですよね。耳が異常に大きく見えて、ぽやぽや和毛は抜けてしまうけど成猫の毛並みの美しさはなく、ニョロっと長くてやせていて…、成長過程の変化として、それはそれで面白カワイイのですが、知らない人には可愛いと思えないですよね、多分。「だったら店頭販売を止めてブリーダー直販にすればいいじゃない」と言うのは飛躍しすぎでしょうか。
うさぎ大好き (2010/10/22 11:38 AM)
サバナちゃんの画像、私も驚いてしまいました。

ママに会えたと思っているのかな。
やだ、涙出てきちゃいました。

これからは、もう、ママと離れなくていいんだよ。いつまでも、幸せにね。

国ちゃんの下痢、早く、落ち着いてくれるといいですね。
真菌だけでも良くなって、ちょっと、ほっとしてます。

お天気が悪く、肌寒いですね。

KAZUさんもご自愛くださいね。
みけ屋敷の執事(修行中) (2010/10/22 12:00 PM)
ごめんなさいm(_ _)m
一瞬
クイズ「さて、この子はだ~あれ?」シリーズかと
勘違いしてしまいました。

こういう巡り合わせってあるのですね!

(頭トロくて状況を理解するのにちと時間を要しました)

すみれちゃんのお見合いも
Dr.スランプ姉妹のおうち探しも
ウシオ君イサキ君に続けーっp(>_<)q!
と願ってます!

サバナちゃん
ウシオ君イサキ君の方がサバナちゃんより大きくなっちゃうかもだけど…女は強し!で頑張って♪
ぽにょん (2010/10/22 1:01 PM)
こんにちは。

いつも拝見しています。

サバナちゃんと、ママネコさんの写真を何度も見比べてしまいました。
うりふたつ、というか同じ猫ちゃんではと、何度も文章も読み返したりして・・・。
びっくりですね!
子猫たちの気持ちが痛いほどよくわかります。
KAZUさんのおかげで、子猫たちも新しいお母さんに会えたんですね。
よかった〜!。

国ちゃん、早く良くなるといいですね。
小さな体を見ると胸が痛いです。

私の妹が、一昨年、里親募集の掲示板から、純潔のスコをほとんど無料でもらったのですが、(その子はいたって元気です。その頃は、私もスコという猫のおいたちを知りませんでした。)

妹がもらった子猫と同腹の子が5匹ほどいて、その同腹の子のうち、2匹をもらった方がいて、そのうちの一匹の様子がおかしく、(バクバク食べるのに吐いてしまう等・・)病院に連れて行くと、ひどい口蓋裂があることがわかり、心臓も奇形があることがわかったそうです。
同じ里親同士で連絡を取り合ってたみたいです。

手術するのには、専門の病院でしかできなくて、治療費は100万以上はかかると言われたそうです。
もらってしまった以上、返すわけにも行かず、
その里親さんは、困り果てていたらしいです。



募集をしていた方は、ブリーダーでもなく、普通の一般の方で、(もちろん悪意もなく)純潔のスコのオスメスを別の時期にペットショップから買い、何度か子猫を生ませていて、いろんな方にあげていたそうです。
お母さん、お父さんは、たち耳とたれ耳でした。

その後、連絡がなくなり、奇形のあったスコちゃんがどうなったのかは、わからないのですが、
国ちゃんや、たけちゃんといい、スコって、やはり問題のある猫なんだと思わざるを得ません。

って、問題は、人間にあるんですよね。
猫ちゃんには罪はないのに・・・。
なんて人間は罪深いのでしょう。

ブリーダーさんから猫を買うと、必ず避妊手術が終ってからでないと、血統書はいただけませんが、
ペットショップは、売れさえすればそんなの関係ないんでしょうね・・・。


妹がもらったスコも、このまま元気で成長してくれることを祈るばかりです。


国ちゃん、応援してます!たけちゃんの分も頑張ってね!

みよちゃん (2010/10/22 4:32 PM)
KAZUさん こんにちわ。

偶然とはいえこんなことあるんですね。
里親様もさぞびっくりなさったでしょうね。
ウシオくんとイサキくんがどんな気持ちで
サバナちゃんを求めていったのかと思うと泣けちゃいます。

サバナちゃんにとっては迷惑な時もあるかも(^-^)
でもどうかよろしくね。

国ちゃん、ほんとにしつこい下痢ですね。
でも毎日の通院が一日おきになったり、
真菌も退治できたし、
じゃ〜ん!毛も生えてきてすごい\(◎o◎)/!
すこしづづでも良くなってますよね。

国ちゃん、頑張ろうね、応援してるよ(*^_^*)
ねこのおばさん (2010/10/22 7:16 PM)
KAZUさん、こんばんは

ウシオ君とイサキ君が、お母さんの面影を
覚えているのかどうかはわかりませんが
サバナちゃんとココロお母さんが
あまりにもよく似ていて、切なくなります。
引き寄せられるようなご縁だったのですね。
生い立ちは決して幸せではなかったけれど
温かいご家族に迎えて頂き
お母さん似のサバナちゃんに甘え
幸せに暮らせる事ができて本当に良かった。

ココロお母さんも美猫さん
きっと良いご縁がありますよ!

国ちゃん、シャンプーや通院ばかりで
不機嫌そうなお顔ばかりしているのかと
思っていましたが・・・
なんともイキイキした表情ですね!
こんなに興味深々のお顔は初めて見ました。
もしや、例のハチマキ撮影か?
KAZU (2010/10/22 8:41 PM)
★皆様★
サバナちゃんが母猫にそっくりで
こんな偶然があるだろうかと驚きました
子猫たちはどんなに嬉しかっただろうに・・・

母猫も子猫を探します
それはそれは切ない絶叫にも似たような声で

なぜか「ごめんね、ごめんね」と謝ってしまいます
皆様のおっしゃる通り「人」で運命が左右される伴侶動物
どうにかして問題を解決したいですね
マンゴーライチ (2010/10/23 8:13 AM)
一足遅れてのコメントですみません。お母さんのココロちゃんとサバナちゃん。本当に似ています。2にゃんずの兄弟が母と慕うのも当たり前で、その様子を考えると胸が締め付けられました。まだ1歳で母猫になったココロちゃんのことを思うと、人間が犯した罪の深さになんて詫びればよいのか、御免なさい。謝っても許されることではありません。KAZUさんが繋いだ命のバトンが、母の面影を思い出されるサバナちゃんに繋がっていた運命に、母猫のココロちゃんが我が子達を思う愛の深さを感じずにはいられませんでした。人間は自分達のエゴの深さと残酷さをどれだけ感じ、知っているのでしょうか・・・KAZUさんが度々おっしゃられる言葉を思い出します。保護っ子の兄弟や親はどうしているのだろう皆さんはいかがですか?・・国ちゃん、首毛のふさふさがでてきましたね!KAZUままの愛情の深さに涙が出ました。国ちゃん、頑張れ!!