純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< そっくりすぎる姉妹 | main | ダブルお見合い >>
2011年純情仔猫物語のカレンダーを販売しています!
カレンダーのご購入はこちらから
  ↓


一部1000円(税込・送料込)

※お申込み頂きますと折り返し自動メールが届きます
 恐れ入りますが届かない場合はメールの間違いなどがございますので
 再度お申込みくださいますようお願い致します
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
狂犬病ワクチンは法で定められていますが
島国であるがため危機感がないのか
なぜか医者が儲けてるという神話(?)のような話を信じる人も

犬がこうなんだから猫のワクチン普及率が1割、2割は頷けます
ワクチンで防げる怖ろしい感染症がありますから
獣医師はワクチンしない人には飼って欲しくないという言葉をよく聞きます
何度も言いますが完全室内飼いでも感染します
猫のワクチン、犬の狂犬病以外のワクチンも義務付けて欲しいです

猫の保護をしてワクチン出来ると気持ちが違います
子猫の保護は本当に医療費がかかります
病院にかからない子猫はいないです
毎日通院することも、酷い場合は朝晩行く事もあります

猫を飼うにはフードや猫砂だけじゃなく
いざという時に医療費がかかるということを心にとめて
家族に迎えてくださいね

どんなに流血しても(これは我が家の場合ですが)



ワクチンはかかせません
それで守れる命があります

病院を怖がる子でも頑張ってワクチンは受けてください



感染してからでは遅いです

我が家は4種(白血病含む)をしていますが
将来FIPのワクチンが出来たなら(もっと確実な)
絶対に受けさせると思います

幻のミントさんは病院嫌い
病院に着くまで泣いてしまいますが
年に一度は健康診断とワクチンを両方してもらいます



猫は感染症が多いのが悩みの種
新しい猫さんを迎える方は先住猫さんの血液検査もお願いします



我が子を守る為だけじゃなく
病気や幼猫、老猫さんでワクチンをしたくても出来ない子がいます
その子たちの命の為にもぜひ年に一度のワクチンお願いします

追記 10月22日 23:30
カレンダーは明日発送の準備を行い来週に発送を開始します
恐れ入りますがお申し込みの時に自動返信メールが来なかった方は
再度お申込み頂き、備考欄に「自動返信届かず再申し込み」とご記入くださいませ
お手数をおかけしまして大変申し訳ありません
また迷惑メールにgooメールを指定している方は解除なさって
お申込みくださいませ

 2クリックで知ってほしいこと


| 20:48 | 病気・行動学ほか | comments(6) | - |
いら (2010/10/23 9:01 PM)
うちも病院の行き帰りは鳴き通しで凹みますが感染症は怖いので必ず毎年病院へいきます
注射がてら簡単な問診、健康診断をしてくれるので安心です(`ΦωΦ)v
mamechan (2010/10/23 9:19 PM)
国ちゃんの下痢の具合はいかがでしょうか?
楽天でプロコリンプラスという乳酸菌のお薬があるのを目にしたので、コメントしました?

早く元気になりますように?
KAZU (2010/10/23 9:35 PM)
★いらさん★
我が家も大合唱になりますが
触診も細かくしてくるので
癌や内臓の腫れ具合などきちんと診てくれます
悪くなってからでは遅いので必ず行ってます(・∀・)

★mamechanさま★
そうなんです。
プロコリンプラスはネット販売する前から
病院で下痢の子にずっと飲ませていて
国ちゃんにもあげているんですが・・・
今はサプリ3種類、お薬が2種類
注射が一日おきでフードはidですが
慢性化の下痢の可能性も強く
定期的な検査で積極的な治療をしています。
きっと子猫の時からじゃないかと感じてます。
ふうか (2010/10/24 12:14 AM)
はじめましてのコメントです。
2ヶ月前からKAZUさんのブログを拝見させてもらってます(^∇^)

私は2匹飼っていますが
最近10カ月の子が腹膜炎を発症しましま( ; ; )
捨てネコを保護したのを里親募集から見つけたのですが
ワクチンを打つ前からキャリアになっていたようです( ; ; )

ワクチンって本当に必要ですね( ; ; )

毎日闘病しています(´・_・`)
モモ母 (2010/10/24 8:58 AM)
ワクチンって、飼い主の最低限やるべきことですよね。
病気ややむを得ず接種出来ない場合は仕方ありませんが・・・ワクチン受けさせない飼い主はきっと『ウチのコに限ってこんな病気にかかるわけない』って思ってるんでしょうか?
FIP・・・天使になってしまった我が家のちょことこてつを苦しめた憎き病です。
もうかなり昔からこの病気はあるのにワクチンも根治薬もないなんて。
獣医学を研究してる人に『何で?』って話を聞きたいです。
この病気で亡くなってしまった大切な家族の命が無駄にならないように確実な根治薬とワクチンが一日も早く出来るよう切に願います。
KAZU (2010/10/24 9:25 AM)
★ふうか様★
保護してくださってありがとうございます。
腹膜炎は厳しいですね(;_;)
でも猫さんもふうかさんに出会えたことが
最高の幸せだと思います。
どうか頑張ってくださいね。

★モモ母様★
そうですよね。
ワクチンで防げる病気があるのに
なぜしないのか・・・守ってあげるのは
家族でしかないのにと思います。
母猫にワクチンをしていたら母体免疫で
ワクチンが出来るまで守れる命もあります。
過去パルボを体験し常に思うのはワクチンの大切さ。
悔いてからでは本当に遅いです。

FIPは一番怖い病気ですね。
研究もされているようですが
一日も早く確実に効果のあるワクチンを待っています。
モモ母さん、いつもありがとうございます!