純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 竹千代の手術 | main | 見捨てられた犬猫 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ごめんなさい、今日は少し怒ってます
長文、言葉が悪くごめんなさい

こちらは全国初ブリーダー登録取り消しのニュース全文です
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 繁殖用に飼っている小型犬約70匹の管理が不適切だったとして、
徳島県は8日、徳島市昭和町7のブリーダー
「ペットショップ八光」=高島明代表(82)=に対して、
動物愛護管理法に基づいて
動物取扱業者の登録を取り消す行政処分をした。

 数年にわたって定期的にケージの掃除をせず、
劣悪な環境で小型犬を飼育していたという。
取り消しは最も重い行政処分で、環境省によると全国初。

 県によると、県動物愛護管理センターが3月中旬、
「異様な鳴き声がする。動物虐待では」との通報を受け、
業者宅を立ち入り調査。施設内にチワワ、シーズーなど
小型犬約90匹がケージで飼われ、
それらの床には汚物が積もり、犬も汚れていた。

 業者は2007年の登録時は30匹を飼育。
当時の県の立ち入り検査では、問題はなかったという。

 県は、同法に基づいて改善を勧告したが、
業者が改めないため、6月17日に業務停止を命令。
業者は犬の譲渡を進め、6月末現在で67匹に減ったが
飼育環境は改善しなかったため、登録取り消しを決めた。
取り消し日から2年間は再登録できず、営業できない。

 県は「犬たちを劣悪な環境から一日も早く助けたい」といい、
犬を保護して同センターに一時収容する予定。
犬の清掃や健康診断、飼い主探しに民間団体や
県獣医師会の協力を求めていく。
県内のほかの登録業者にも、緊急立ち入り検査を行っている。

 環境省は「二度と同じような違法業者を出さないためにも、
厳格な対応が必要。県の処分は適切だった」と評価している。

2010年7月9日15時19分  読売新聞)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

それに比べて、茨城県知事よりやっと回答が来ました
(情報をくださった皆さんありがとうございます。なぜか私の所へは来ません)
  ↓ 以下抜粋します

当該動物取扱業者につきましては,所要の立入検査を繰り返し実施し,
改善が認められない場合には,法令に基づく措置を順次講じていく方針で
おりました。
そうした中,当該事業者から5月14日付けで廃業の届出があり,
動物愛護管理法第17条に基づき登録の抹消をしたところです。
しかしながら,これまでの経緯を踏まえ,
廃業に際しては,現行法令の範囲内で

(1)飼育中の犬猫については,譲渡先に引き渡すまで適正に飼育管理を
  行うこと。
(2)譲渡先がみつからない場合は,動物指導センター(以下, センター
   という。)がボランティアへの再譲渡を前提に引き受けるので,申し
   出ること。
(3)譲渡先については,住所・氏名,動物の種類等を文書で報告すること。

 を指導いたしました。
その結果,当該事業者が廃業時に飼育していた
犬47頭,猫33頭につ きましては,自らが譲渡先を探すとの意向が示され,
犬猫の譲渡先について報告書が提出されました。
当該譲渡先に対しては,センターが調査を行い,
報告書に記載された犬猫が適正に飼育されていることを確認しております。
概ね健康状態は良い中で,数頭,健康状態の悪い犬もおりましたが,
その後,動物病院を受診し,回復してきている状況です。
なお,県が当該犬猫を引き受け,譲渡先を探す旨も伝えましたが,
同意は得られませんでした。
また,皆様からご提案のありました当該犬又は猫の強制的な保護収容に
つきましては,法的な根拠も無く,実施すれば財産権の侵害等にあたると
考えられることから,県としてこれを行うことはできません。 
譲渡先の情報につきましては,個人情報に該当するため,
原則として非公開となります。
例外的に,当事者の同意があれば公開することは可能ですが,
各譲渡先に照会したところ,同意が得られませんでしたので,
非公開とさせていただきます。

(抜粋おわり)

突っ込みどころ満載ですが
一番言いたいのは、愛護団体が劣悪であると通報したのは
昨年の8月が最初です。告発が11月
指導と言いますが狂犬病ワクチンを指導したのが
昨年12月が初めて、実際に接種したのは今年の3月末
ずいぶん茨城県は動物取扱業には甘く辛抱強いんですね

譲渡先について、途中行方不明の10数頭の情報開示の資料を
見ましたが、住所・氏名?
そんなの数件しかありませんでした

阿見・親子
つくば・男性
阿見・女性

大学ノートに書いただけの譲渡先

センターから愛護団体が書く書類はそれはもう沢山で細かいですけど

県庁は今年の春、保護します、かなり強制的に行います
そう約束してくださいました

逆にセンターは改善されてるから繁殖業を続投させると頑なでした

結局・・・
茨城県は助ける気なんて無かったんですね
こんなに酷いパピーミル工場でテレビにも取り上げられ
行政として何一つおとがめなしで、1頭も保護せず



じゃあブリーダーが廃業届を出さなかったら?
これが茨城の動物愛護
何匹、犠牲になったら気がつくの?



これのどこが認められる繁殖なのか
自分も一生ここに入ってみて



言葉が通じなくてもわかるはず
わからないなら、仕事間違ってます



もっと早く厳しい処置で動いたら
消えなくて良かった命



飼育状態がいいって
道具にされた犬猫をまた道具にしていいわけないじゃない

「絶望」

猫が口を聞いたらそう言うでしょうね



日本の犬猫には生まれたくない
そう外国に方に言われますが
茨城の犬猫には最も生まれたくない

私が茨城県民なら、こんな行政に税金が使われるのは
断じて許せないです

今まで犬猫を不幸にするのは中途半端に動物が好きな人と
そう思ってきたけど、中途半端に動物愛護の仕事をする人も
そうなんですね

知事に意見をしてから回答までの遅さ


茨城県は1頭も保護せず

署名約27000名の気持ちも無視

都合のいい時だけ民意を利用し言い訳は法律
所有権も最初からわかっていたはず
見捨てられた犬猫たち
これで数年後、本人もしくは息子さんが申請したら
許可するんでしょうかね
本当に悔しくて悲しくて呆れます
どうか2クリックで広めてください!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



不幸な命をなくしましょう。

| 08:44 | ブリーダー、ショップ | comments(17) | - |
| 08:44 | - | - | - |
mery (2010/07/14 9:58 AM)
はじめまして。
いつも読ませていただいております。
私茨城県人なのですがひどすぎます。
県知事はお金と利権と地位にしか興味がないんですよ。
こんな人が知事なのが恥ずかしいです。
動物の命なんて捨てるとでもしか思っていないのだろうか・・・。
悲しすぎます。
みよちゃん (2010/07/14 9:58 AM)
KAZUさん おはようございます。

私のところにもまだ返事はきません。
文書で出したからこれから郵送されるのでしょうが。
なんなんでしょう、呆れ返るにも程があります。
なにが相手側の同意が得られないので情報は非公開ですか、
自分たちがどれだけだらだらとした指導を繰り返してきたのか
自分たちの非は決して認めようとしない。
「私達だって動物たちのことを考えてやっている、
なんとか保護したいと思って説得している」
こう言ってた小松さん、
「あの人たちもネットをみて自分たちがなんでこうなったか
勉強してるんですよ、だからセンターに渡せば愛護団体に渡るのをいやがって頑なになっている」
こうも言っていた小松さん、
なにが説得ですか、自分たちが問題になってるのはまるで
愛護団体が騒いでいるせい、みたいな言い方をブリーダーに言ったのはセンターの愛護課長、係長、センター長じゃないですか。

この返事を盾にしてガンとして言い張るつもりなんでしょうね。
冗談じゃない。

徳島の動物愛護管理センターの担当者の人と話ましたが
若くて元気な人なら県が告発するという選択肢も考えられるが、
高齢の人に経済的にもきびしいのに告発して罰金刑かそれが出来なければ拘留かはかなり悩んだ。
やはり登録取り消しして所有権を手放してもらう方向にと、
粘り強く話し合いをした。最初はやはり商売はしたいという希望
を持ってたがこれ以上は無理ではとの話し合いで同意をしてもらった。やはりこの場合は粘り強い話し合いしかありませんでした。  このようなお話でした。

ただこの話の中で
市場に売られる犬猫の値段が想像以上にやすい、この価格で商売をやって行くには荒っぽく大量に生産するか、商売度外視で大事に繁殖させるか、今の状態ではきちんと管理して適正な飼養をしてブリーダーをやるのは業として成り立たない。
との話しもありました。

この話をきいて今更ながらペットショップで生体販売をさせている日本の法律の中ではいつまでたっても不幸な動物達はなくなることはないと強く思いました。
どんなに時間がかかってもなんとしても法律の改正をしなければ
いけないです。

mery (2010/07/14 10:06 AM)
再度すみません。
この記事をツイッターでお知らせしてもよろしいでしょうか?
リンクも貼りたいのですが・・・。
もしよろしかったらよろしくお願いします。
KAZU (2010/07/14 11:05 AM)
★mery様★
一番声が届くのは茨城県民の方です
血税がこのように使用されています
リンクかまいません
どうか県民の方がNOと判断して頂きたいんです
ぐーやま (2010/07/14 11:32 AM)
KAZUさん、昨日はお忙しい中メールのお返事をありがとうございました

この県からのメール、本当にポカーンと口が開いてしまいました
誠心誠意、考えて考えてメールを差し上げたのに、こんなに時間が経ってから、しかもこんな子供だましの内容の返事とは、呆れるやら悔しいやら、、本当に悲しいです

「ネットを見て勉強」っておかしいですよね
問題はネットの中じゃなくて自分たちの足元にあるのに
県もブリーダーもネットで騒がれていることが問題なのだと勘違いしています
茨城県、お粗末すぎます
さらに質問状を出しましたが、次の返事は何ヵ月後でしょうね
しかし納得できる、誠実な回答を得られるまで何度でも出します
ゆうたん@ (2010/07/14 12:52 PM)
私のところにも返事すらまだ来ません(−−;
同じような返事を書くのに飽きちゃったのかしらんw

こんなこと続けていたって、
いつかは責任問題に問われますよ!
覆い隠せば隠すほど
問題が大きくなるって分からないのかしらね。
「ほとぼりが冷めてスルーされる」のを待っているなら
いつまでだって冷ましてやらん(−−;
にゃまだん (2010/07/14 1:36 PM)
はじめまして。
いつも猫たちのために活動をして下さって
猫好きとして感謝の気持ちでいっぱいです。

私も阿見町の悪徳ブリーダーの記事を読み
いてもたってもいられず「知事宛て」にメールをしましたが、
当たり前のように返事はきません。
知事本人及び知事の周りのブレーンと称する人間が無能なのだと思います。
子供じみているかもしれませんが
こんな酷い人たちを神様はきっと許さないはずです。

あきらめず、私たちは猫や犬たちのためにできることをしていきましょう!
メイママ☆ (2010/07/14 1:46 PM)
KAZUさんご無沙汰しています。
もうただただびっくりです。絶対にやる気ないですよね、ちゃんと命を助けようなんてこれっぽっちも思ってなかったんですよね。ドイツだったら動物の虐待とかこういったブリーダーなんていたらもう大変ですよ!ものすごく厳しい罰則があります。
日本は介護保険とかドイツの法律を結構見習ってここまできてるんだから、こういったところも見習えよ!といいたい。
さしゃ (2010/07/14 1:49 PM)
こんにちは。
悲しいやら、悔しいやらで涙が出ます。
私も知事あてにメールを出しましたが、
返事は来ません。
他府県では相手にされないのでしょうか?

徳島県ではできるのだから、やはり関わる人の
意識の違いなのだと痛感しました。
ねこのおばさん (2010/07/14 2:39 PM)
KAZUさん、こんにちは。

毎度の事ですが、返事を出す人、出さない人
どうやって決めているのでしょうかね。

法律が、それを取り扱う人によって
こうも違ってしまうものかと、本当に呆れるばかりです。
他府県の行政は、徳島県の対応を見習うべきです。
前例がないとか、虐待にあたらないとか
訳のわからない言い訳は、もう言えません。
行政も警察も、劣悪な環境での飼育を行う
パピーミル工場を、虐待行為と認め
違法業者取締りに当たるべきです。
茨城のブリーダーも、早く告発していれば、
登録取り消しと、所有権を放棄させ
すべての犬猫を保護できたはすです。

命を金儲けの道具としてしか見ていないから
こんな酷い事が許されてしまう。
やはり法改正が絶対に必要です。
ドイツのように、頭数が制限されないから
いつまでたっても、金儲けしか考えない
悪徳ブリーダーがいなくならない。

今回の件で思い知らされたのはブリーダーの年齢。
やはり年齢制限も設けるべきと思います。
一般家庭で、動物を飼育する高齢者の方は、
1匹の犬、猫でさえ、毎日のお世話が大変だとか、
自分が先に逝ってしまわないかと心配されています。
頭数が少なくては、儲からないからと
常識ではありえない数にまで、犬猫を増やし
儲からないから、従業員は雇わない。
それで毎日きちんとお世話ができない事は
考えればわかるはずです。

日本は先進国と呼ばれるようになっても
中身は相変わらず野蛮人のまま。
両ブリーダーの様な人間は
二度と動物に関わらせてはいけない、
再度の登録は認めない法改正を望みます。
江戸っ子 (2010/07/14 2:52 PM)
本当にそうですね、「関わる人の意識の違い」
失礼を承知で申し上げれば・・茨城には住みたくなです。
腹立たしい!



チャリ助 (2010/07/14 4:48 PM)
はじめまして。KAZUさん。
茨城県の、行政判断と対応に憤りを感じました。
回答のレベルが、おそまつすぎます。
「大切な命は、人間も動物もみな平等である」
という、原点をどこかに置き忘れてしまったのでしょうか。

ゆずちょび (2010/07/14 6:20 PM)
私も、知事に手紙を出しましたが、お返事は来ていません。その他、茨城のセンターをはじめ、県議さん、環境省、複数のTV局、新聞社などなど、メールの返信もどこからも来ませんね・・・。

センターはともかく、皆さんお忙しいのでしょうが、どこも動いてくれないことはとても残念です。

徳島の話を聞いて、本当に行政によってこうも取り組み方が違うのかと、改めて茨城の行政に対して憤りを感じています。

うめはん (2010/07/14 8:28 PM)
今までの経緯や譲渡先の状況に関する説明は、これだけで終わりということでしょうか?

団体をはじめボランティアの人達ができる限り納得できるような形で説明するという話だったのですが。。。
みはき (2010/07/14 11:03 PM)
こういうのってテレビでは取り上げてくれないのでしょうか?「東京マガジン」とか取材に行って、全国に報道されればいいのに・・・。
ジョナジョナ (2010/07/15 9:39 AM)
始めまして
酷い状況ですね
沢山の汚いケ−ジの中に わんちゃんが沢山いたんですね
1年間ケ−ジの中に入れたままなんて
信じられないです
行政はもっと厳しく管理して欲しいです
もも (2010/10/26 1:13 PM)

私は大学1年で今ちょうど動物取扱業務に対する法律について論文を書いています。

何回この記事を読んでも
悔しくて悲しくて涙がでます。

一度廃業したブリーダーは登録できないように
すべきです。論文でもこの事件のことは書こうと思っています。