純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
みなさん、ミントさんへのお見送りの言葉をいただき、ありがとうございます。
また、私にもお気遣い下さりうれしかったです。

昨日、ミントさんの遺骨を引き取りにいきました。
近くの動物霊園で火葬をお願いしているのですが、お堂の中もたくさんの動物さんたちの写真などが飾られていました。
たくさんのお友達と一緒に旅立つことができて、きっとミントさんも寂しくなかったと思います。
お骨を大切に受け取り、まずはKAZUさんコーナーの前でお線香をあげました。


となりには竹ちゃん、そしてKAZUさんと、ミントさんにとってはなつかしい家族と対面しました。
みなさんも御存知の通り、ミントさんは臆病で神経質な猫さんでしたから、静かに自分の場所でくつろいでいることが多かったです。
あずきさんのような活発で遊び好きな猫さんだったら、もう少し早く様子の変化に気づいてやれたかもしれないなとは思いますが、あまりに急な体調の変化に対応しきれなかったのが実際のところです。

KAZU家の猫さんとしてはチョコさんと一緒に引き取られてきましたが、10年前はあまりデジカメで気軽に撮影するということもなく、小さい頃の写真は残っていません。
保存してある写真をズラーッと並べて探してみましたが、一番古いと思われるミントさんは4匹で写っている写真でした。


あずきさんがまだ小さいですから、2006年くらいでしょうか。



この2枚は2008年の写真です。
他の猫さんは比較的古くてもあるのですが、なにせミントさんは隠れてしまっているので、写真自体が少なめです。
私も同様に、ミントさんは少ないです。
私はミントさんとは仲良しだったと思うのですが、それでも玄関を開けるとお迎えに来てくれるような性格ではありませんでした。

外の世界に興味もまるでなく、自分の居場所でおとなしくしていたミントさんなので、最期の一週間はよく頑張ったなと思います。
もう少し早く諦めてしまうのがミントさんらしいかなとも思えました。
苦しい闘病生活ではありましたが、それが必要以上に長くならなかったのはまだ幸いだったかもしれません。
本当に苦しかったのは、亡くなる直前くらいで、その前までは身体は動かなくても落ち着いていました。
動物病院でも、他のボランティアさんからも腎不全は猫さん本人にとっては非常に過酷なもののようです。
それを聞いていましたので、看取りという意味では私にとっても苦痛なものになるのではないかと覚悟していましたが、落ち着いたミントさんの様子は見ていて心が穏やかではありました。
やはり、KAZUさんがあちらにいるという安心感がそう感じさせたのだと思います。
そうでなければ、より深い喪失感に襲われたと思いますが、本当にこちらからあちらへ旅立っただけ、そう感じています。
お腹を撫でてやると気持ちよさそうにゴロンとしたのも、ひさしぶりにしてやることができました。
最期の数日間はとてもありがたいものでした。
きちんと見送りができたのは良かったと思っています。

ミントさんは日本の猫らしい、綺麗な猫さんでした。
スタイルもよく、ピーンと張った尻尾も印象的でした。


もうすぐKAZUさんの三回忌があります。
彼女が亡くなってから、早二年が経とうとしています。
KAZU家の猫さんの死は遅かれ早から訪れるだろうと思っていましたが、予想以上に早かったのは残念です。
ただ、これも私のKAZUさんとの約束のひとつ。
ちゃんと約束を守っているよと、彼女の法要の時にミントさんも一緒に金木犀の下に埋めてやろうとおもいます。

KAZUさんと竹ちゃんの名前だけだったネームプレートも、作り変えないといけませんね。
ミントさんは他の三匹の姉妹をもう少し待っててくださいね。
そのうち、みんなが一緒になるのを見届けるまで、私も頑張らないといけません。

ミントさん、仲良くしてくれてありがとう。
今は竹ちゃん、KAZUさんと仲良くしてるかな。
ちょっとさみしくなるけど、もう少しだけ、そっちで待っててね。

みなさん、あたたかいお声がけ、本当にありがとうございました。




ミントさんにお花もいただきました。
ミントさんもKAZUさんも喜んでいると思います。
ありがとうございました。

次は他の猫さんの健康診断に行こうと思います。
また、ご報告します。

| 22:14 | 家猫 | comments(13) | - |
ミントさんは昨日(21日)夜7時55分、KAZUさんのいる場所へ旅立っていきました。
たくさんの方に応援、コメントをいただきました。
ミントさんにはちゃんと伝えました。
本当にありがとうございました。

ミントさんを私の事務所に連れてきたのが木曜日の夜でした。
金曜日の記事の通りですが、体調の悪化は見て取れるものの、まだ目に輝きもあり、ふっと目が覚めた時にはご飯を食べ始めることもあるかもしれないと思っていました。
とにかく水分補給だけはと、こまめにシリンジで水や高カロリー食を溶いたミルクなどを与えました。
ご飯は頑として飲み込みませんでしたので、体力がいつまで持つのか、時間の勝負だと感じましたが、何かをきっかけに体調が上向くこともあったりしますので、それにかすかな希望を寄せました。
ですがやはり現実は厳しく、徐々に弱っていくのは避けがたく、時々ソファから立ち上がって
下に降りるのですが、その足は細く、体つきも以前のミントさんのそれではありません。
夜は少し冷え込みましたので、体温が下がらないようにとヒーターをつけたのですが、どうもそのヒーターの暖かさが心地よかったようで、ヒーターが置いてあるところまで数メートル、よろよろと歩き、ヒーターの前で寝そべってもいました。

金曜日深夜には、時々、呼吸が浅くなったり深くなったりと、肺水腫が懸念される症状も見られましたし、ほとんど身体を起こすことはできなくなり今晩が山かと感じました。
しかし、ミントさんの目はまだしっかりとしていて、撫でてあげると気持ちよさそうに喉を鳴らしていました。



土曜日の夕方まではあまり様子も変わりませんでしたが、その後、頭を上げるのもつらそうになり呼吸も浅くなってきました。
もう強引に給餌することは止め、すこし水をあたえるだけにとどめました。
時折身体を重そうに入れ替えたり、頭を重そうにもたげるので、出来る限り身体が楽になるように、タオルで枕を作って置いてやると楽そうに頭をあずけます。
少しずつ、静かに時間の経過とともに身体も弱り、ミントさんなりの抵抗は見せましたが、
午後7時55分、KAZUさんのもとへと旅立ちました。
10歳と11ヶ月の猫生でした。

先週、入院した時には激しく体力を消耗しており、毛艶もなく必要以上に苦しい様子でしたので、それから比べれば、わずか10日間ほどですが、体力も少し回復し久しぶりに一緒の時間を過ごすことができました。

不思議なんですよね。
やっぱりKAZUさんが向こうにいると思えば、ミントさんがいなくなる悲しみもすこし和らぐというか、安心できるというか。
数日前はミントさんの死を覚悟して、別れが来ると思っても、KAZUさんに会えるんだろうなって、あまり悲しくないかなと感じてもいたのですが、実際にミントさんとお別れとなるとそれはそれで悲しくないはずもなく。
なんというか、一言では言い表せない感じです。

ミントさんの亡骸をタオルと私の愛用していた派手なバスタオルにくるみ、知人の花屋さんに向かいました。


ちいさな花屋さんですが、いつも仲良くしているところです。
夜遅くまで営業しています。
そこでたくさんの花束でミントさんの周りを飾りました。



きれいな花達でミントさんは完全に埋まりました。
日曜日の朝、荼毘に付すつもりです。
ミントさんのお骨はKAZUさんの眠る金木犀のたもとに埋めます。
苦しい最期になりましたが、それでもミントさんなりにじっと耐えて頑張りました。
考えていたよりも早いお別れとなってしまいましたが、KAZUさんもいますし、なによりも誰もが行く道です。

さようならミントさん。
たくさんの思い出をありがとう。

また後日、ゆっくりと振り返りたいと思います。
みなさんの応援に応えられず申し訳ありませんでした。

| 00:41 | 家猫 | comments(31) | - |
先週末の様子では随分と具合も良くなってきたように見えましたし、数値的にも下降をたどっていました。
ただ火曜日の段階では、数値が横這いになってきたため、これ以上病院にいても寂しい思いをさせるだけですので一旦退院して自宅で様子を見ようと考えていました。
水曜日一日様子を見て、どちらにせよ木曜日に退院を予定していました。
ですが、水曜日、木曜日のミントさんの様子はあまりかんばしくありませんでした。
全体的に再度腎機能の数値が悪化を見せ、なおかつ貧血症状が進行していることが伺えました。
もちろん点滴により血液が薄くなるのですが、それ以上に造血作用が低下しており、本人に全く食事を摂る意欲が見られないことも、悪く影響しています。
吐き気などに原因があるようですが、吐き気止めなども効かず、なにか咽頭部に問題があるのかもしれません。
強制給餌してもまったく飲み込みません。
かろうじて水分は摂れるのですが、シリンジでいれこむといった感じです。
また、尿の排出が非常に悪く、身体がむくみ始めています。
こうなってしまうと、静脈点滴もできず、補液も悪影響があると考えられるため、ちょっと打つ手がありません。
入院させていても、現時点でできる処置も少なくなって来ましたので、動物病院の院長先生とも相談の上、昨日退院させることにしました。

貧血症状のせいもあるのでしょう、とにかく立つことができません。
かろうじて歩くには歩けるのですが、すぐにべたっと横になります。
苦しいのでしょう。
鼻も、口も肉球も真っ白です。
正直に申し上げて、このまま送り出すことになるのは目に見えています。
現実からは逃れられませんので、まずは家に帰って、KAZU家の猫さんたちと再会させました。
トイレに立つことができないので、その場でおしっこしてしまうのですが、病院でも綺麗に洗ってくれていました。


国ちゃんと2ショット。
ミントさんは数メートル歩くと横になります。
他の猫さんたちもとも久しぶりに会いました。
本来であればKAZU家で最期を迎えられればいいのですが、金曜日から長時間不在の時間ができてしまいますので、それはかわいそうですから、私ならしばらく一緒に入られますので、ミントさんには私の事務所で過ごしてもらうことにしました。
みんなにお別れをして、事務所に向かいました。
車の中ではキャリーの蓋を開けっ放しにして、外を楽しめるように。


いつも病院に通うときなどはキャリーに入れっぱなしでしたから、外の様子もあまり知りません。
もともと外には全く興味ないミントさんですが、たまにはちょっとドライブも楽しんでもらいます。
もうキャリーから出る脚力はありません。
事務所でははじめは下に毛布などを敷いて場所を作ったのですが、本人がソファーに登りたがるので、KAZUさんコーナーの前のソファーに寝床を作りました。


高カロリー食や普通のモンプチ、そういったご飯をいろいろと与えてみるのですが、どれにも反応しません。
強引に入れると吐く仕草を見せます。
かろうじてミルクと水はすこしずつ、一度に5ミリリットルほど与えています。
またあきらめるのも悔しいですし、ミントさんの眼力はまだあります。
もしかすると昨日の夜が山場かなと一晩添い寝していましたが、時々呼吸が荒くなるものの、まだ身体も動きます。
本来はとにかく食べないことには血液が作られませんし、体力は衰える一方ですので、なんとか食べさせたいのですが、無理にチューブを使うなどはもうやるつもりはありません。
あとは本人の気力だけです。
まったく移動はできませんが、まだ顔を上げて目をパチクリさせます。

できる限りのことは、もう少し頑張ってみたいと思います。
奇跡的な回復に期待します。

| 16:39 | 家猫 | comments(18) | - |
 入院もちょうど一週間が経過しました。
当初の危篤状態からは回復を見せ、すこし落ち着きを取り戻しました。
まだ気持ち悪さも残っているのでしょう、立ったり、周囲の様子に気を払うような仕草は見せません。
腎機能を示す数値は全体的に下がってきてはいますが、いまだ高い数値でこれ以上下がるかどうかは微妙な感じです。
点滴を行なっていますので、その影響もあるのですが、貧血気味なのは気になります。
腎機能には造血ホルモンを分泌する働きもあるようで、腎不全になると貧血も起きやすいそうです。

腎不全になるとクレアチニンとBUNの数値が特に上がってくるのですが、それぞれ一種の老廃物のようなものですが、本来は腎臓でろ過されるべきものが血液中に流れ出す、といった感じなのでしょうか。

今後は脱水症状の緩和などを目的として皮下輸液を毎日行うことになります。
もう少し様子を見て、退院のタイミングを探りたいと思います。

この後、再度すぐに重篤な状態に陥る可能性もありますし、症状が緩和されたまましばらく落ち着いて暮らせる可能性もあり、どうなるかはちょっとわかりません、
ただ早めに家に返してやりたいなと思っていますし、今後も必要以上に入院させて寂しい思いをさせるのもどうかなとは思います。


昨日のミントさん。
体重も脱水分は取り戻した感じです。
入院時は2.6kgまで落ちましたが、1kgほど回復しました。


じゃーん、セオくんです!


保護部屋のあみから鼻を出してます。
ちょうどすっぽりとお鼻が収まるんですね。
どこまでもひょうきんなセオくんです。


| 08:44 | 家猫 | comments(9) | - |
 みなさんにご心配おかけしています。
ミントさんはまだ危険な状態から脱してはいないものの、小康状態を保っています。
おしっこはでているのですが、量が少なく、腎機能がどれほど回復するのかまだわかりません。
すこし毛艶は戻っては来ました。
高カロリー食などをあげてくれていますので、少しでも体力がもどってくればいいのですが、、、

まだ身体は重そうですが、ペットシーツを変えるときに身体を動かす仕草はすこし軽くなってきたようです。
すこし眼力も戻って来ました。
ミントさんはお腹を触ってもらうのが好きで、お腹を撫でるとゴロンと上をむくのですが、その仕草も見せています。
完全に上を向くことはできませんが、すこしお腹を出す感じがありますので、わずかですが回復傾向にはあります。
すこしずつでも、一日一日回復に向かってくれたらと願っています。

KAZU家の猫さんたちは知ってか知らずか、特にチョコさんはすこし寂しそうです。
あまり元気がありません。
ミントさんが落ち着いたら、チョコさんも一度血液検査をしたいと思います。
チップさんは至って健康そうです。
体重もしっかり、すこし太ったかも。
あずきさんはすこし痩せたかな。
国ちゃんは落ち着いています。


ぽてっとしたチップさん。
チップさんは大丈夫そうです。

とにかく今はミントさんの回復が最優先です。

| 04:54 | 家猫 | comments(12) | - |
昨日はおしっこがでたようで、小康状態を保っています。
体温も38℃まで上がりました。
口腔内に、腎不全に起因する潰瘍ができていて、食事を摂ることは難しそうです。
とにかく血液検査の数値がすこしでも下がらないことには次のステージに移ることができません。

ミントさんはひたすらじっと我慢して、苦しいでしょうが耐え忍んでいます。
この頑張りが報われると信じたいです。

また報告します。




| 07:58 | 家猫 | comments(19) | - |
この一週間ほどはKAZU家の猫さんたちの様子を見に行けていなかったのですが、ミントさんが先週末から急に食べなくなって、痩せてきたと聞きました。
日曜日から火曜日にかけては私が滋賀県に出張があったため、戻り次第すぐに病院に行こうと考えていたのですが、嫌な胸騒ぎもあって、今日仕事を早めに切り上げてミントさんを見に行くと、明らかに体調が悪くなっていました。

毛艶もなく、極度の脱水症状が見られます。
口で呼吸をし、苦しそうです。

ミントさんは2002年6月30日生まれの10歳。
今月末で11歳です。
プレミアムフードしか食べていませんし、まだ早いだろうとたかをくくっていたのですが、急性の腎不全の兆候です。
病院は水曜日が休診日ですが、休日診療をお願いし、すぐに診ていただきました。

血液検査の数値は腎不全そのものを示す数値で、さらにその数値は何も対処しなければ数日持たないことを示唆していました。
急ぎ、静脈点滴をお願いし、後は尿の排出が行われるかどうか。
体温も35,6℃まで低下していました。

急性の腎不全は一般的にはユリ科植物やバッテリーの不凍液の誤飲などが疑われますが、その可能性はありません。
急性の腎不全というよりも、慢性的に兆候を見つけてやることができず、急に発症につながった可能性も否定出来ません。
これまでワクチン以外に病院に通うことなどなかった健康なミントさんでしたから、腎不全を疑うような症状も見られず、気づいてやることが遅れたのかもしれません。

先週見た時には今思い起こしても、それと思い当たるような症状は見せていませんでした。
腎機能の回復などは後のこと、まずは生命維持と重篤症状の緩和が必要ですので入院をお願いしました。

万が一の際はすぐに連絡をもらえるようになっていますが、今のところ連絡はありません。
明日の朝すぐに様子を見に行ってきます。

KAZUさん、ミントさんの姿が見えたら、まだ早いから帰りなさいって言ってあげて。




今年3月のミントさん。
この一ヶ月ほどのミントさんの写真は、すべてPC不良で消えてしまいました。
ちょっと前までは健康そのものだったのに。
油断してしまったか。
とにかく、重篤症状から脱してほしい。

様子がわかりましたら、また記事をアップします。




| 23:55 | 家猫 | comments(13) | - |

年が明けてしばらく経ちますが、猫さんには新年も関係なくいつも通りの時間が流れています。
特にミントさんは相変わらずの神経質ぶりでいつになってもその警戒する様子は影を潜めません。
一人で奥まった場所にいるときはくつろいでいることも多いのですが、部屋を徘徊する時はあたりの様子を伺いながら歩みを進めます。
本人も他の猫がいそうな場所はわかっているようで、怖々とその場所をチェックします。





ここはチップさんがよくいる窓際のカーテン裏。
腰がちょっと引けてます。



怖がりさんでもあるので、他の猫さんの動きには猫一倍敏感です。
すぐに逃げられるような体勢をとっています。
チョコさんは姉妹でもあるので唯一心を許しているのですが、そのチョコさんとも時々喧嘩します。
けっこう真剣な喧嘩に発展してしまいますが、逆に他の猫さんとは喧嘩しません。
喧嘩する前から降参して逃げ出しますから。

食が細いミントさんですが、KAZU家の中では唯一理想的な適正体重を維持しています。
毛艶もよく健康そのものです。
まだまだ長生きして欲しいですね。

---------------------------------------------------------------------------------------

ゆきんこさんからKAZUさんの月命日のお花をいただきました。
ゆきんこさんは東北の方なのですが、今年はどこも雪も多いようですから大変なこともあるかと思います。
その中でもお心遣いいただき、ありがとうございます。



2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ



| 19:32 | 家猫 | comments(6) | - |

みなさん、どんな三連休でしたか。
気づけば今年も残すところ一週間になりました。
月日の流れは本当に早いです。

KAZU家の猫さんたちも思い思いの年末を過ごしています。
まあ猫さんにとっては年末も年始も関係ないのでしょうけど、この寒い冬は外猫さんたちの様子が気になります。
それぞれのあたたかい居場所を見つけてくれていればいいのですけど、、、

チップさんは寒くなるといつも以上に毛がモフモフになります。
もともとやわらかな毛質なのですが、冬毛に生え変わるのか、毛割れするほどに立派な毛並みになります。









特に首元が素敵です。
触ると嫌がるのであまり触れることはできませんが、柔らかでいつまでも撫でていたくなるような質感なんです。
ちょっと最近は年齢のせいか大人しく寝ていることが多くなりました。
そんなチップさんの傍らには少し距離をおいて、国ちゃんが。



やっぱり国ちゃんはチップさんのことが好きなようですね。

年末は大掃除や来年の準備などみなさんも大忙しのことと思います。
くれぐれもお怪我のないようにお過ごしください。
あ、まだ年内ブログは更新しますよー
あと一回は約束します!

----------------------------------------------------------------------------------------

大阪のAさま、千葉のゆきだんごさんからご支援、メッセージカード等いただきました。
大切にお預かりいたします。
ありがとうございました。

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ



| 10:54 | 家猫 | comments(9) | - |

2013年カレンダーの1月の写真はあずきさんです。



抱っこが大好きなあずきさんは常に人に乗っかろうと狙っています。
行く先々についてまわって、そのタイミングを見計らいます。
すこし立ち止まると、すぐに後ろ足をパタパタさせて一気に登ってきます。
この写真もそうですが、単に上を向いているだけではありません。
これからよじ登りますよ、という意思表示です。
なので、どうしてもあずきさんの写真は上を向いている写真になってしまいます。



よくある構図です。
今日はそこに国ちゃんが通りかかりました。



国ちゃんの姿を見て諦めてくれたあずきさん。





よし、今度は僕の番だぞ!
というわけにはいかないか。
国ちゃんは縦の運動は苦手です。
30センチほどの段差ならへっちゃらですが、普通の猫さんのようにあっちからこっちへ、勢いをつけて飛び回るのはできません。
でも色々なものに興味津々の国ちゃんは平面でも楽しく遊べます。
みなさんは動画でそんな国ちゃんの様子はご存知ですよね。

ちょうどシルエットが出ていたので、別の角度から撮影。







ちょっと太ったかな?
だいぶ丸く見えませんか?
また近いうちに体重測定と爪切りに行かないとね。

---------------------------------------------------------------------------------

先日の「いぬとねこの譲渡会&バザー」の売上報告です。

会場総売上 383,540円
純情仔猫物語 旭出生産福祉園バザー品売上 22,960円
ご寄付分配金 9,200円

バザー売上は福祉園に渡し、報告を行いました。

また会場でバザー品のご寄付をくださった方、カレンダーをご購入くださった方、皆さんご協力ご参加ありがとうございました。
回を増すごとに売上もご来場者数も増えてきています。
私自身は今は保護猫はいませんが、物資の移動や運搬など、都度ブログで活動報告はしていませんが、バックアップの活動は継続して行なっています。
主催者はみなさまのご寄付と応援によって支えられています。
今後ともご支援のほど、よろしくお願い申しあげます。

---------------------------------------------------------------------------------

「純情仔猫物語・2013カレンダー」

皆様の元に届き始めています。
よろこんでくださる方のメッセージをいただき、うれしいです。
それだけでも作ってよかったなと思います。

かわいいかわいい竹ちゃんと国ちゃんの写真集も入ってます!
来年一年がすてきな一年になるよう願って作りました。

お急ぎにならずともしばらくは受け付けます。
どうぞよろしくお願い申しあげます。

ご注文方法などはこちらから。
http://kazurinn.jugem.jp/?eid=1688




21日受付分までを出荷しました。
数日で届くと思いますが、一週間を経っても届かない場合はお手数ですが再度メールでご連絡いただければと思います。
たくさんの方のお申し込みありがとうございます。

東京Tさま、いわきFさま、広島Nさまからご寄付をいただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ



| 02:29 | 家猫 | comments(4) | - |
<new | top | old>