純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

寝るところ、というのは寝場所のことです。
KAZU家の猫さんたちは思い思いの場所で眠りにつくのですが、それぞれが決まった場所で寝るというわけではありません。
その日の気分であちこちと寝場所を変えています。

でも国ちゃんだけは違います。
不思議なことに、なっちゃんの布団を敷いて、なっちゃんが布団に入るとどこからともなくピョコピョコと現れて、枕元にちょこんと座ります。
そしてそのまま丸くなります。
いつもなっちゃんの枕の右側です。
ここが国ちゃんの指定席になっています。



先日はなっちゃんと一緒にカフェランゾウさんにご飯を食べに行きました。
オーナーのランゾウママさんもなっちゃんのことをよく気にかけてくださっていて、いつもお菓子などいただきます。
なっちゃんもここではおいしいものが食べられると分かっていて、楽しい場所の一つになっています。



ランゾウさんにはなっちゃんの本が置いてあります。
本といっても、読書をするわけではなく、ペラペラとめくるのが楽しいのです。
この本もランゾウママさんにいただいたものです。
なっちゃん自身がちゃんといつもこの本を置く場所を決めていて、ランゾウさんに到着するとまっさきに本を取りに行きます。

そしてお菓子を食べてー
本をめくってー
ご飯食べてー



ランゾウママさんを始め、多くの方がなっちゃんのことを気にかけてくださっていて、お菓子などもいただきます。
けっこうな量をいただくので、なっちゃんの職場に持って行ってお友達みんなで食べてもらっています。
なっちゃんの職場では3時におやつの時間があるので、みんなが楽しみにしている時間なんです。
お母さんがいなくても、毎日楽しく職場に通うことができているのも、そういった皆さんのお力添えがあってのこと。
本当にありがとうございます。

さて、去年はここカフェランゾウさんを会場にお借りして、なっちゃんが働く旭出生産福祉園の工芸展を行いました。
ありがたいことに多くの皆様にご来場いただきました。
今年も同じように開催したいと考えています。
日時や規模などは福祉園との調整がありますので、まだ未定ですが、一応やりますという告知はしておきますね。

久しぶりの動画の投稿です。
ねむねむの国ちゃん。
アップでかわいい国ちゃんを撮影してみました。



携帯の方はこちら

2クリック応援お願いします 




| 02:50 | 国丸 | comments(5) | - |

急に春めいて来ましたね。
国ちゃんもあたたかな窓際が大好きです。
できればカーテンの裏に回って日差しを浴びたいんだけど、そこにはいつもチップさんが陣取っています。

恐る恐るカーテンの隙間から様子をうかがいます。
よかった、今日はチップさんは寝てるみたい。



あー、眠くなってきたー



チップさんも寝てるみたいし、僕も寝ちゃおうっと。



「ちゃんと起きてますよ!」

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ




| 15:15 | 国丸 | comments(16) | - |

いや、ホントに更新が遅れてしまって申し訳ありません。。。
仕事の忙しさとイベント疲れもあって、しばらくお休みいただいていました。
ご心配おかけしました。

私も猫さんたちもなっちゃんも元気にしています。
先日は国ちゃんの年一回のワクチンでした。



ワクチンは何の問題もなくサクッと終わりました。
後はいつもの爪切りとお耳の掃除です。
診察台に散乱する国ちゃんの爪!
普通の猫さんは爪の先をポチッと落としてやる感じですが、国ちゃんの爪は巻き爪になっている上、太くて硬いので、爪切りと言うよりも爪割りと言ったほうが正しいかも。
国ちゃんも爪切りは大嫌いですが、今回はいつも程は暴れず、比較的おとなしくしていました。



ヘルペスの影響もあって、涙目で鼻水も出やすいです。
マズルの低さも悪い方に影響しています。
マズルの高さ、低さについてはまた後日少し触れたいと思います。



ぺろんと舌を出す余裕も!





おみみも掃除して一丁上がり!



診察室でキャリーの隙間から辺りを見回す国ちゃん。



最後はちょっと眠そうにしていました。。。

そうそう、ずっと大きくなっていた国ちゃんの体重ですが、今回は少し落ちていました。
2.46kgでした。
100グラムほど軽くなっています。
身体は相変わらず丸々としていますが、ようやく体重が落ち着いてきたかなと思います。
ここ一年ほどは同じような体重をキープしています。
身体が重そうというわけでもありませんし、国ちゃんなりの行動範囲では相変わらずあちこちと歩き回っています。
何事も無くこのままの日常が流れてくれるといいですね。

さて、また仕事に行ってきます!

2クリック応援お願いします



| 16:35 | 国丸 | comments(14) | - |

国ちゃんは毛づくろいが大好きです。
気がつくとあっちを舐め、こっちを舐め、身支度に余念がありません。
そんな国ちゃんですが、時々おかしなことをしてしまいます。

ゴロンと身体を投げ出して前足の毛づくろいをしていることが多いのですが、床につけた自分の前足の毛とカーペットの毛足の区別がつかなくなって、カーペットの毛づくろいをしていることがあります。
先日ちょうどその瞬間をカメラに収めることができました。



舐めてー



噛んでー



ついでにカーペットも舐めてー



そして、噛む!

国ちゃんのかわいい勘違いでした。

毛並みもっさりの国ちゃんですが、冬毛の抜け毛もあまりないようで、ブラッシングでもそれほど取れませんでした。
ブラシ自体がおもちゃに見えるのか、ガシガシとブラシに噛み付きます。







なんか微妙にブラシが自分のものだとアピール?



床屋さんで髪をとかしているような表情ですね。
ちょっと頭が引っ張られている感じ。
人間みたいな表情でかわいいです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

純情仔猫物語2013カレンダーには沢山の方にお申込みいただきましてありがとうございました。
また温かいメッセージやご寄付なども賜りまして、あらためてお礼申し上げます。
まだちょこちょことお申込みいただいていますが、在庫はありますので、いつでも構いません。
年明けでも大丈夫ですし、時期を過ぎても遠慮なくご連絡ください。

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ



| 03:58 | 国丸 | comments(12) | - |

久しぶりの国ちゃんです。
届いた荷物の梱包を解いていると、ナイロンテープを見つけた国ちゃん。
テープに興味津津の様子。

はじめのうちは、手でちょいちょいと触っているだけでしたが、徐々にエスカレートして噛みつくは、走りだすはで、スイッチが入ったようです。
一緒になってテープでしばしお遊びタイムにしました。
いつまでも遊びたいようでキリがないので、ほどほどに。

今日はこれまた久しぶりの動画でお送りします。



携帯の方はこちら

2クリック応援お願いします



| 02:13 | 国丸 | comments(8) | - |

まあ、時間さえあればいつでもブラッシングしてあげるんですが、今回はちょっと間が開いてしまいました。
国ちゃんほどアンダーコートもっさりだと、夏場はやっぱり暑いのかな。
あまりそれという素振りは見せないので、本人に聞いてみないとわかりませんね。





たっぷりと取れました。



ちょっとすっきりした感じ?








自分でもちゃんと毛づくろいしますよ。
毛づくろいしている国ちゃんは、お鼻がむぎゅーっとつぶれます。

ホント、他の猫さんはブラッシングはほとんど必要ないんです。
してもまったく取れません。
竹ちゃんはそれほど抜け毛はなかったような記憶があります。
そこは国ちゃんとはだいぶ違いますね。
毛質は竹ちゃんのほうが柔らかで、ベルベットのような触り心地でした。

-----------------------------------------------------------------------------------------

ゆきんこさんからKAZUさんにお花をいただきました。
毎回雰囲気が違った花束を送ってくださるので、楽しんでいます。
KAZUさんも見てくれているでしょうか。
お花が大好きでした。



2クリック応援お願いします



| 00:27 | 国丸 | comments(13) | - |

ことのほか残暑が厳しく、容赦無い日差しが照りつけています。
一旦すこし涼しくなったかなとも思いましたが、ここ数日は猛暑まっさかりですね。

KAZU家の猫さんたちも暑さのせいか、すこしだれ気味です。
みなさんのだれている様をたっぷりと撮影してきましたよ。
今日は国ちゃんのだれっぷりをお見せしますね。









今日の収穫はこのくらい!





国ちゃんのおトイレの様子を隠し撮りしてみました。
正面から撮影したので、すぐにバレちゃいましたけど。
本人は気にしてないみたいなので、撮影続行です!









いくつかあるトイレの中で、このトイレがお気に入り。
他のトイレには見向きもしません。
国ちゃんはしっかりと砂をかける方ですね。



携帯の方はこちら

まだまだ暑い日が続きますが、みなさん元気にお過ごしくださいねー

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ



| 10:03 | 国丸 | comments(16) | - |

国ちゃんのブラッシングはこまめにするように心がけていますが、忘れて少し時間がたってしまうだけで、抜け毛がたまります。
他の家猫さんはブラッシングせずともそれほど抜け毛もありませんし、生え変わる時期でも国ちゃんほどのことはありません。
国ちゃんは吐きグセもありませんし、抜け毛の影響もあまり感じてはいませんが、毛づくろいする度に体内に入ってしまうのも好ましくありません。

今日は念入りにブラッシングしてみました。
本人が嫌がっていないのは何より助かります。
猫さんによっては接触を極力避けたい子もいますから、その点国ちゃんはおりこうさんです。

今日は長めの動画でお届けです。
あいかわらず、あずきさんに邪魔されていますがご愛嬌。



携帯の方はこちら

-------------------------------------------------------------------------------------------

新潟市のN様からKAZUさんの一周忌にお花をいただきました。
KAZUさんの旧姓と同じお名前ということで、以前からメールなどでやりとりがあったとのお話をしてくださいました。
以前も素敵なアレンジメントを手配くださいました。

「いつかかならず逢おうね」
メッセージカードに記してあります。



今日、KAZUの金木犀が植えてあるお寺に「しっぽのなかま」の代表者様がお墓参りに訪れてくださいました。
遠く茨城県からお忙しいところをわざわざありがとうございました。
KAZUさんが数ある団体の中で唯一支援をよびかけていた「NPO法人 しっぽのなかま」さん。
私も微力ながら後方支援をしています。
新しい家族を探していらっしゃる方はぜひ一度ホームページを訪れてみてください。
たくさんの犬さん、猫さんが出会いを待っています。

私は今日はお寺には行くことができませんでしたが、写真を送ってくださいました。



お寺に着く大きなユリとひまわりが飾られていたそうです。
ご住職によると数日前にKAZUさんのお墓参りにいらした方が手向けてくださったそうです。
私も時期によってはなかなか行くことができていませんが、こうしてKAZUさんに会いに行ってくださる方がいて、うれしい限りです。
この場を借りてお礼もうしあげます。

2クリック応援お願いします



| 04:08 | 国丸 | comments(3) | - |

国ちゃんの爪は変形があって、巻き爪なんです。
なので、こまめな爪切りを心がけています。
ただ国ちゃんの爪切りで難点なのが、骨瘤の影響で特に後ろ足は変形がひどく、触られるのが嫌なのです。
一人で爪切りは難しいので、たいていは動物病院で健康チェックも兼ねて一緒に爪切りもお願いしています。
国ちゃんも動物病院で何をされるのかわかっているようで、相変わらずの仏頂面です。





国ちゃん、だいぶ丸くなったと思いませんか?
一枚目の写真はちょっと太めに写りすぎていますけど、、、
こんなに太くはありませんよ。

体重はなんと、2.54kgでした!
毎回量る度に大きくなっています。
1.6kgからまったく体重が増えなかったことが信じられません。
この一年で1キロも体重が増えました。
ごはんもセレクトプロテインを一日二回、一回に25粒ほど。
いつも物足りなそうにしている国ちゃんですが、心を鬼にして量を守っているにもかかわらず、、、
間食も一切させないのですが、栄養の吸収がよほどいいのか、今でも体重は増えています。
逆にこれ以上ごはんの量を減らすこともできないくらいですので、もうそろそろ適正体重に落ち着いてくれるといいのですが、、、
治らない下痢で泣き続けていた頃もありました。
逆に体重が落ち着かないことを気にする時が来るなんて思いもしませんでした。
ま、それほど心配はしていませんけどね。
調子がいいのはうれしいですしね。

国ちゃんの毛並みはみっちり、もっさりしています。
アンダーコートもとても多く、ブラッシングしてもしても足りません。
ブラッシング自体は嫌いではないようで、ブラシを当てるとゴロンと横になります。
国ちゃんのブラシはなっちゃんのお下がりの馬毛ブラシです。
なっちゃんの髪の毛用だったのですが、この馬毛ブラシがとてもよくムダ毛を取ってくれるのです。
人間用のブラシですけど、目が細かく、マッサージしている感じになるのか気持ちよさそうにしています。













今回の病院も行く前にブラッシングしてから出かけましたが、それでも診察台は毛だらけになりました、、、
病院後はちょっとだけ、おやつをあげます。
おやつって言っても、やっぱりセレクトプロテインですけど(笑)
国ちゃんのごはんは25粒だとごはん、10粒だとおやつと呼ばれています。
って、私が勝手に決めているだけですけどね。
ごはんが入っている棚に手をかける仕草を見つけて、ごはんを待っている国ちゃんです。





きちんと手を揃えて、お茶碗が出てくるのを待ちます。
国ちゃんはお行儀のいい、おりこうさんなんですよ。

【今日の動画】
一生懸命に毛づくろいする国ちゃんです。



携帯の方はこちら

------------------------------------------------------------------------------------------

奇跡的な回復を見せた五目ちゃん。
完全に調子を取り戻しました。
それ以上に元気があり余りすぎて、落ち着いて一箇所にいることなく、遊び回っています。
動きが早すぎて写真もまともに撮れません!







かわいく写せた写真はこれ。



くりくりお目々がかわいいです。
五目ちゃんの様子は次回詳しくお知らせします。

2クリック応援お願いします



| 00:08 | 国丸 | comments(19) | - |

3月末に預かった6にゃんたち。
それぞれ新しい家族のもとに旅立って行きましたが、ようやくおかげさまでちびちゃんも週明け火曜日からトライアルに入ります!
ちびちゃんは人間とのふれあいも大好きですし、なによりもかわいい!のできっと暖かく迎えられると思います。
6にゃんは一旦仮卒業ということで、皆さんに応援いただきありがとうございました。
また、ちびちゃんの様子は正式譲渡が決まりましたらご報告したいと思います。

ここしばらくの記事は6にゃんに集中していましたが、国ちゃんは元気ですか?の声もいただいていますので、今日の記事は最近の国ちゃんの様子です。

けっこう写真も撮りためているあるのですが、一週間ほど前に恒例の爪切りと耳掃除に病院に行った時の国ちゃんです。
相変わらず、病院は楽しくない場所だと分かっていて、キャリーに入れるまではすんなりいくのですが、病院につくと表情が曇ります。



「また、ここかー。ぼく、ここ嫌いなんだよねー」
そんなつぶやきが聞こえてきそうですね。







国ちゃんの耳はほぼ閉じていて、外耳のシワも多いのでとにかく汚れます。
最近知ったのですが、耳の折れ具合でシングルとかダブルとか、トリプルなんて言うんですってね。
国ちゃんの耳は後ろの方は何枚かに折れているので、トリプルってことなのでしょうか。
本来機能的には立っていてしかるべきにも関わらず、これだけ折れていると触ると痛そうで、枚数など確認したこともありません。
もちろん汚れを確認するためには必要なことなので仕方ないのですけど。
どんな呼び方でも構わないのですが、耳が折れている必要があるとは思えません。
折れていると細菌も繁殖しやすいですし、かゆみがストレスにもなります。
定期的に耳をチェックする飼い主さんであればいいのでしょうけど、放置すれば外耳炎や内耳炎などを誘発します。

こういった純血種のケアは、結局は飼い主の愛情とケアに依存するのでしょうが、ペットショップやブリーダーからすれば、猫さんが商品であるというビジネスの側面上、代金さえ支払われれば飼い主さんを選ぶことができません。
自ら一定の期間育てた命がどのような扱い方をされるのか関与することができないというジレンマをどのように捉えているのでしょうか。
仮に健康な状態で送り出すことができたとしても、純血種特有の心臓の弱さ、内蔵疾患などの将来的な遺伝疾病の可能性を捨て切れない以上、ワクチンなどとは違う定期的なケアの必要性を飼い主さんに担保することができないというのは怖いことです。

純血種の猫さんを購入する側からすれば、インブリード(近親交配)の危険性を熟知してきちんと対策を採っているブリーダーから購入すべきとは言われます。
自分の家族になる猫さんが遺伝疾病で苦しむのを避ける事ができるならば、それに越したことはありません。
もちろん、殺処分になる猫さんの保護活動をしている立場からすれば、純血種を購入するのではなく、行き場のない猫さんたちに目を向けてほしいというのはありますが、それは今は置いておきます。

逆に、ブリーダーとしての立場から考えた場合、アウトブリードを駆使して遺伝疾病を極力排除しようと努力するのは当然のことですが、それでも一定の確率で遺伝疾病を持った猫さんは生まれてきていると考えられます。
最悪のケースでは死産でしょうし、内蔵疾病や四肢変形があれば商品価値はありません。
その場合は、生まれてきた命はなかったことにするのか、それとも自分の家族として最期まで育てるのか。
ブリーダーとしてのモラルという以前に、人間として自らの手で遺伝疾病を持った命を生み出したことに対する業(ごう)について、どのように自己解決するのか。
私には答えを見出せません。

人間は空腹を満たすため、食べるためだけに他の種の命を生み出します。
しかしこれは、私たちが生きていく上では避けられないことです。
ですが、私たちは猫さんを食べません。
人間の愛玩動物として愛でるためだけに猫さんを生み出しています。
片や、日々何百匹という猫さんが人間の手で苦しみながら息を引き取っています。
猫さんの種としての存在はいまや人間の手の中にあるといっても過言ではありません。

そんな人間の都合によって生を受けた国ちゃん。
どのような過去を歩んできたにせよ、今を生きているのは間違いありません。
おいしく食べて、よく寝て、楽しく遊んで、そんな毎日が最期の時を迎えるまで続けられるように手助けしていきたいと思います。



国ちゃんは遊ぶのが大好き。
新聞紙やチラシなどの紙製品には目がありません!
新聞すら読ませてくれないんですよ。



携帯の方はこちら



携帯の方はこちら



携帯の方はこちら

2クリック応援お願いします 



| 01:12 | 国丸 | comments(16) | - |
<new | top | old>