純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

昨日、茨城阿見ブリーダーの件で
愛護団体の方が水戸検察庁まで行ってくれました

ブリーダー夫婦に動物愛護法第44条違反
愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより
衰弱させる等の虐待を行つた者は、五十万円以下の罰金に処する
 
略式起訴が決定
息子さんは不起訴

64頭の所有犬のうち38頭が狂犬病予防接種せず
犬の皮膚病などを放置、不衛生な環境で虐待が認められました



愛護法改正に向けてこの状態が五十万円以下の罰金刑でいいのか
あらためて考えさせられましたし
警察の捜査があった時点はかなり綺麗になった状態でした



心がもやもやするのは対象動物がすべて犬だけで
子猫の死体放置など死因が特定できず
また警察側の獣医師の判断も猫は酷くないとのこと

私が保護した子猫たちはジアルジア、真菌、耳ダニなど過酷な状態でしたが
疾病特定出来ないことで犬のみでした



猫が好きだから犬だけ認められるのは嫌だとか感情論じゃなく
猫は見た目だけじゃわからないことが多いです
獣医師は耳の中を見てもらえただろうか・・・
私がここから保護した子猫全員、耳の中は今まで聞こえてた?というほど
耳ダニの影響で真っ黒に塞がっていました

猫が見た目でわかるほど衰弱していたら=死です
真菌もどの子も酷く剥げて掻き毟ったせいで血が出てる子もいました

亡くなっていた兄弟に寄り添って寝ていた子猫たち
猫課長が行った時に腐った水に浮いてた乳飲み子
水がないケージばかりでフードには無数のハエがいました



上申書を提出した1人として
ここに至るまでの長い時間に助けられた命はなかったのか
どうするのが一番だったのか
保護が目的であったので何を考えても悔やまれます

所有権という壁があり命は物扱いであること
今後の法律では劣悪ブリーダーや虐待飼育者に対して
裁判所命令で飼育禁止命令などが出来ればと思います

そして無理な乱繁殖によるハンデなど
その作り出す行為自体も今後「虐待」であると
愛護法改正の繁殖業の項目に加えて頂きたいと強く思います



ケージに敷かれた新聞紙の下にはうじ虫が這ってました
隣同士の会話も聞こえない犬の鳴き声の中でお産と育児



ブリーダーの主な猫種はスコティッシュでした
エイズ白血病も知らず、パルボの消毒法も知らず
犬は儲からないから猫をやる

茨城ブリーダーから来たたけちゃん



保護当時、栄養失調、耳ダニ、猫風邪、脱水、下痢
成長過程でわかった関節異常、脳障害、てんかん

愛護団体と打ち合わせをして
預かりさんも密かに確保、猫を全頭保護するお話も
茨城県側に何度もお伝えしてました
そのように途中まではお約束も頂いたのに・・・
命に関わること、告発と保護はセットでありました

この件に携わってくださいました全ての皆様に
心から感謝とお礼を申し上げます

ただ

茨城県1頭も保護せず

このことだけは忘れないで欲しいです

2クリックで知ってほしいこと 



 

| 09:28 | ブリーダー、ショップ | comments(13) | - |
私がなぜ保護をするか
「ほおっておけない」その一言に尽きるのだけど

以前書いたように私は動物の仕事をしたくて勉強し
資格を持ちながらペット業界の惨さを目の当たりに
それを覚悟の上で仕事に就く事が出来ず
普通に子どもが夢見る職業がこんなに残酷でいいのかと

例えば救命医療や消防士や警察官
時に心がズシンと重くなる事もあるでしょう
そういう事がきっと無理だから
普通にペットショップで働きたいと思った幼少期
まさか売れ残った犬猫の処分も仕事と思わないし出来るわけもない

高価な値段で売り出される犬猫たち

 

その裏で毎日殺処分される子猫たち



ただ生まれただけなのに




動物病院に行き若いトリマーさんやVTさんに会うと
ホントにホントに可愛くて
バイトを掛け持ちでお金を貯めて専門学校に行き
短期留学もして夢を叶える日本で見た20代の自分
私はへたれで出来なかったこと

娘のようなトリマーさんやVTさん
いつもいつもありがとうね

辛い事も厳しい事もあるけれど
小さい命の為に頑張って

綺麗にするというのは可愛くするというより
清潔で過ごしやすくしてあげること
トリミングしながら見つかる疾患も沢山あるのだ

同じ学校を出た後輩を見て
私みたいになっちゃだめよが口癖に(笑)

獣医さんの片腕となり
病気の子たちを助けてあげて

いつも行く病院のスタッフの人たちは可愛くて優しくて
そんな動物を仕事にしたいと思う
次の世代の子どもたちが
目を背けたくなる現実を変えるのは
きっと大人の仕事なんだと思う

その手はホントに優しい
動物たちの気持ちがわかる透き通ったココロ
あきらめずに頑張って



動物の仕事をしたいあなたへ

1人でも知ってほしいこと 



 
| 08:40 | ブリーダー、ショップ | comments(9) | - |
2011年純情仔猫物語のカレンダーを販売しています!
カレンダーのご購入はこちらから
  ↓


一部1000円(税込・送料込)



発送は今月末から行う予定です
沢山のお申込み本当にありがとうございます!(・∀・)



*お振り込みはカレンダー到着後でお願いします
すでにお振り込み頂いた方は納品書など同封させて頂きますが
お振り込み確認など前後してしまいますことご了承くださいませ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先日ご紹介した売れ残りという名のウシオ君とイサキ君
先住猫さんは2にゃんいらっしゃいますが
怖がりのサバナちゃんが好きで怒られるぐらいベタベタスリスリするそうです

私が見てきて思うのは
どんな保護猫も母猫を恋しがり探します
一所懸命お世話をしても母猫の代わりにはなれません

お母さんのココロさん



先日ロシアンとノルウェージャンのミックスと書きましたが
ロシアンとノルウェージャン×スコのミックス
ややこしくてすみません

里親様から驚いてご連絡頂きましたが
私もお写真を見て言葉を失いました

子猫たちが大好きなサバナちゃんは怖がりで
私が伺った時は姿を見せてくれませんでした

先住のサバナちゃん 女の子



以前、研究者の本を読んで
猫は猫の顔つきや顔を見て♂か♀かもわかるそうです

子猫たちがどんな気持ちでサバナちゃんに懐いたか
何だか胸が痛くなり
でも今がホントに幸せなんだと
サバナちゃんにも里親様にもあらためて感謝の気持ちで一杯です

「猫は忘れる」

確かに再会しても兄弟やもちろん私なんか覚えてる保護猫はいないけど
母を思う気持ちは子猫の時期にこんなにも強いのか



人間で例えてみたら当然だよね



愛護法の改正で希望が持てそうな事項は
生後8週までは母猫と一緒に過ごさせること

私の勝手な意見ですが
もう少し長く、せめてワクチン1回目が定着してからと思います

さて、国ちゃんですが
通院は一日おきで下痢は相変わらず
お薬もサプリも少しでもいいと思うものはあげていまが
子猫の時からの慢性化してる下痢のように思います

真菌の方はすっかり良くなり
首はほとんど毛がなかったんですが

ジャーン



生えてきました!!!

国ちゃんごめんね、お医者さんも頑張ろうね
けなげな国ちゃん みんな応援してくれてるよ

2ぽち応援ありがとう



| 09:36 | ブリーダー、ショップ | comments(9) | - |
2011年純情仔猫物語のカレンダーを販売しています!
カレンダーのご購入はこちらから
  ↓


一部1000円(税込・送料込)
イラストはゴマグリモナカのmichimichiさん



昨日はいつもお世話になっているカフェランゾーさんにお友達と行きました
春夏ものリースやアレンジを半額以下のセールに!
秋冬の新作を届けてきました
(あ、ご存知ない方に。KAZUの本業はフラワーアーティストです)



ネット環境にない方にもご購入できますようカレンダーもそこで販売予定です
なので残りもわずかになりました!お早めにお申し込みくださいませ
カフェランゾーさんの件はまた今度詳しくお伝えします!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日はすみれちゃんに沢山のコメントありがとうございました
まだ本当にお話の最初の段階なのでわかりませんが
一番いいお家に行く為に回り道したのかな?と思います

国ちゃん、すみれちゃん、茶白姉妹と少し時間がかかる感じですね
あ、博士くんは土曜日にお見合いです!

さて

我が家で保護した売れ残りと言う名の猫
(保護当時)



新しいお名前がウシオくんとイサキくん
大きくなるなと思いましたがもうとっくに2kg越え

大運動会のあとは昼寝もシンクロ(笑)



この子たちのお母さんがわかりました

ロシアンブルーとノルェージャンのハーフ
ココロちゃん
何と1歳です・・・1歳でお母さん
でもって放棄って



推測だけどこちらはお父さんじゃないかな?
トトロくん 2歳半 ♂
アメショーとスコのハーフ



確かに折れ耳同士は遺伝病の可能性が高いと勉強しました
でも・・・
何でもかんでもミックスって
犬でもいますよねパピヨンとチワワとか
マルチーズとプードルとか
血統を守るという意識ではなくビジネスになるんでしょうね

いつも子猫たちを見ると母猫、父猫はどうしてるんだろうと
思いをはせることが多いので
こういう風にお母さんも保護できるのは嬉しい事です

エイズ白血病陰性 
現在はペット里親会のW姉さん宅にいます
お問い合わせはこちらまで

関東のセンターの犬たちは純血種が多いです
猫も昔じゃ考えられないショップで買った猫のハーフがよくいるそうです

人気が出ると苦しむ猫もいます



犬猫の繁殖は実験じゃないんだから
健康な子を生みだすことに努力を惜しまないブリーダーが
本当はトップブリーダーと認められるんじゃないかと
でも誰がトップって決めるのか・・・そこも疑問ですが

和猫のミックスばかりを保護してきたので
実は洋猫がさっぱりで
すっかりスコに関しては詳しくなりました

国ちゃんは後ろ足の地に着く部分も変形して
庇うように歩きます

国ちゃんの声を伝えること知って欲しいこと
 2クリック応援お願いします 



 
| 08:56 | ブリーダー、ショップ | comments(7) | - |
決して純血種を否定しているわけではなく
チンチラやロシアン、ノルウェージャン
私もアメショーなんて丸顔好きですから可愛いなと思います

でも、このスコティシュだけは本当に遺伝病が多く
元々が奇形から始まっていますから
スコ同士、特に折れ耳同士は禁止するべきでは?と考えてしまいます



獣医師の意見も危険な交配として警告しています
こちらこちら

マンチカンも今は人気の猫種ですが
短足と長足では値段も大きく違うようです
猫は高い所が好きなのだから足は適正な方がいいんじゃないかと・・・
でも団体さんのシェルターには前足が短くて後ろ足が長いマンチカンがいました
その子もブリーダー放棄だそうです

今は不況でペットが売れず倒産するブリーダーが多いそうです
本当に健康で無理のない繁殖で
なおかつ儲かるというのは難しい事なのかもしれません

女の子を買ったから飼い猫の子どもが見たいと言うのも
全ての命に責任が持てないならやめた方がいいと思います

国ちゃんは今後下痢や皮膚が改善したらレントゲンなどの検査もします
少しづつ体重は増えていますが骨格がこれから成長するとは思えないので
2kgいかない成猫さんかも



今は感染するのでケージ暮らしで申し訳ないんですが
声をかけてお薬を塗ったりする時はスキンシップして
表情の乏しい国ちゃんを明るいお顔にしたいです

ブリーダーの子はなぜか保護した時に皆無表情であきらめたような顔
それが里親様宅などでキラキラした顔になるから余計に胸が痛みます



繁殖業の届出制から免許制、もしくは資格制
そしてそれも更新時の試験や調査
年齢制限などないと今の日本は誰でも出来てしまいます

 2クリック応援お願いします





| 09:00 | ブリーダー、ショップ | comments(8) | - |
昨日も下痢の治療や検査の為、国丸くんと病院へ

普段発見しにくいジアルジアが多数いました
抗生剤に下痢止め、キャンピロもあるのでインターフェロンと治療頑張ってます
培養検査でほぼ真菌も間違いないので治療開始
感染するものなので国ちゃんがいた所は皆そうなんじゃないかな・・・

体重は1,2kg 保護当時より200g増えました
でもね・・・1歳5カ月ですよ
言葉になりません

成長障害があって睾丸が子猫のままです
歯は生え換わり栄養不良で生えてない歯もあり
前歯はほとんどありません
生えてくるかはわかりません



前足は成長と共に骨が変形して足元に骨瘤が見られます
でもまだ後ろ足よりマシです
肉球の広がりも後ろ足が酷く
前足の爪はおさまっていますが後ろ足は爪が出たままなので
爪切りは習慣にしないと肉球に刺さります

 

変形して肥大した足
運動するスペースもないのか床ずれがあります



歩くし小走りですがさーっと走るしジャンプも得意ではないですができます
ハンデは目に見える所だけではないかもしれないので
血液検査のフルコース
コロナの数値も大丈夫でパルボの心配もありません
そこだけはホッとしました

心臓もどうなのかなと
院長があちこち触診してるとゴロゴロいって
コテンと甘えて横になったりスリスリしたり

人間がこんなハンデを作ってしまったのに
良い子すぎて
本当に良い子すぎて
治療でも暴れることなく

診察代の小さな体に一瞬言葉を失います



私自身、好みかと聞かれたら耳は折れてなくてもいいんじゃないかと思いますが
お好きな人の気持ちも何となくわかります

立ち耳になった子たちはどうなるのか
こういうハンデが出たらどうしてるのか
犬が儲からないから猫の繁殖を始めるケースが増えています



こんなに猫と多く接していても迷う事、看護で戸惑う事が多いのに
安直な考えて誰でも出来てしまったら不幸な猫が増えるだけ



アンドリュー君たちの方が断然大きいんです
すみれちゃんとあまり変わらない成猫
骨の成長は終わっている年齢なので適正体重が検討もつきません
毎日の通院が今は一日おきになりました

国ちゃんを見てるとホント切ないです

2クリックで広めてください!



| 08:10 | ブリーダー、ショップ | comments(11) | - |
ブリーダー放棄のスコティッシュフォールド
誕生日がわかりました
2009年4月20日。なんと1歳5カ月 
私はそれを聞いた時に2010年の間違いなんじゃないかと思いました

体重はたった1kgしかありません
キャリーに入れても子猫サイズです



本当の年齢も怪しいけど
乳歯は全部入れ替わりあきらかに子猫ではありません

なのに1kgしかない男の子
何を食べて生きてきたの?



院長のお話でも過去最高の骨瘤、骨の変形
耳ダニも過去最低の酷さ、
この黒い耳ダニの死骸がボコボコ入ってました
やはりこれを見ても子猫ではなく乾燥した長い年月のもの



尻尾も変形しています
これもスコ特有の遺伝病



前足も潰れていて不自然に大きいです



後ろ足には床ずれがありました
想像すると・・・
まとめてケージに生まれてからずっと入れられていたのではないかと思います
運動も遊びも思うように出来なかった気がします

とても医療行為を受けていたとは思えません



犬が儲からないから人気のスコに手を出して
知識もないから折れ耳同士やスコ同士を掛け合わせて
こういった遺伝病に苦しむ子が生まれます

この子のいた場所までは追跡できていません
逆にわからないからこうして保護できたのかもしれません
きっと日本にはいくつもこういう状態の繁殖が行われている気がします



本当にいい子なんです

暴れたりもしなくてゴロゴロで
まるで自分の置かれた立場をわかっているような
まだ若いのに天真爛漫さがなく

人間の都合だけでどんなに辛い思いをしたのかと考えると
だんだん腹が立って、そして悲しくなります

ジャンプはケージ1段のみ出来ました
進行しているか症状が止まっているかはわかりません

キャンピロでお薬、抗生剤、下痢止め、栄養状態が悪いので補液
インターフェロン
真菌は培養検査に出しました

血液検査はエイズ白血病共に陰性
ワクチンはしてるかどうか不明なので体調が良くなり次第で
しばらく通院します

仮の名前は「国丸(くにまる)」くん
ハンデがあってもいいよというお家を探そうね

生まれてきて良かったって
辛い1年5か月を忘れるくらい幸せに

ホントにホントにホントに
繁殖業の免許制や厳しい法整備を希望します(;ロ;)

2クリックで広めてください





| 22:22 | ブリーダー、ショップ | comments(19) | - |
今後司法がどういう判断をするかわかりませんが
はっきりしているのは狂犬病ワクチン未接種、不衛生、
状態の悪い子に医療措置などしていない状態が続き
虐待と警察の強制捜査で認識されているのにかかわらず

茨城県は1頭も保護せず

絶対にこれは風化させてはいけない結果です
発覚した時点で何らかの措置をしていれば失わないで済んだ命はあったはず



毎日のように抗議の電話をしてくれた方
署名約27000名分の気持ちも無視



自主廃業したんだからいいじゃないか
そんなことを最初から望んでいたのじゃなく
一刻も早く劣悪環境にいた犬猫の保護を求めていました



同業者に転売を促すなんて言語道断
まだ死ぬまで繁殖用として使われるんでしょうか



地方の行政を判断するのは県民の皆さんです

茨城県は1頭も保護せず

この事実を決して忘れてはいけないと思います

 2クリックで広めてください





| 08:18 | ブリーダー、ショップ | comments(16) | - |
 

犬猫放置の疑い、元ブリーダーら逮捕 茨城

2010.9.2 01:55

 飼育する犬の健康管理を怠ったなどとして、
牛久署は1日、阿見町の元ブリーダーの夫婦=ともに(75)=と
無職の長男(39)の3人を動物愛護法違反と狂犬病予防法違反の疑いで
水戸地検土浦支部に書類送検した。
同署によると、動物取扱業者に対する動物虐待事件での摘発は県内初。

 同署の調べによると、夫は犬38匹の登録を同町に申請せず、
33匹の犬に課された年1回の狂犬病予防注射を
受けさせなかった疑いが持たれている。
また、妻は管理する犬64匹を昨年8月20日ごろ〜今年2月2日、
健康管理をせずに放置した疑いが、
長男には子猫を放置し死亡させた疑いが持たれている。
夫婦は容疑を認めているが、長男は「(子猫は)死産だった」と容疑を否認している。

 同署によると、夫婦は10年以上自宅脇の敷地でトイプードルやチワワなどを飼育、
平成18年の動物愛護法改正施行時にもブリーダーとして登録していた。
同署は告発を受けて捜査を開始、動機などについても調べている。

産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/ibaraki/100902/ibr1009020158001-n1.htm



あまりに長かった1年で言葉がありません
が、刑事罰が科せられる事は当然であり
それが今の日本で行われた事は大きな意味があると思います



そう頭ではわかっていても
目の前で見た瞳の数々を助けてあげらなかった気持ちは
死ぬまで忘れないと思います



告発にあたり後押しをしてくださった皆様
ブログで応援して下さった皆様
毎日のように茨城県庁に連絡を取って下さったみよちゃん、うめはんさん

多くの皆様の署名
本当にありがとうございました



今後このような事例があった場合は
命を優先し動物たちの保護が速やかに優先されるよう願います

2ぽちで広めてください 



 
| 14:46 | ブリーダー、ショップ | comments(29) | - |
皮膚病が酷かったマイケル
Iさんにこまめに洗ってもらってすっかり綺麗に



マイケルの様子を里親様は毎日Iさんにご報告あるそうです(笑)
可愛くて仕方ないらしい

お散歩に行って今体と足を拭きましたよー
今日は犬の医学書を買って皮膚病の所を読みました
可愛くて盗まれそうだから買い物に行っても繋いでひとりにできない

マイケル最高だね



マイケルも8月生まれ
8月5日がお誕生日だから6歳になったんだね

本当に長い間Iさんにお世話になりありがとうございました
感謝の気持ちでいっぱい

今は老犬ホームでお引っ越し準備の真っ最中
この時期のお引っ越しはかなり大変だと思います
中々年老いた犬たちを保護するのは難しいので頭が下がります

「終生飼育」

それぞれの方がしてくだされば絶対不幸な命は減るのですが



マイケル
名前もそのままマイケルです

良かったね、本当に幸せに

マイケルの為に応援して下さった皆様
ペット里親会の皆様、えのきさん、わらびちゃん、ひよちゃん、Y母さん
何よりもIさん 
本当にありがとうございました

*追記*
ブリーダー犬を山中に捨てようとする
http://www.j-cast.com/tv/2010/08/13073400.html

やはり愛護法の改正にブリーダーの強化は必要ですね

マイケル好きだよー
2ぽち応援感謝です 
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



あなたの地域がわかります
| 10:26 | ブリーダー、ショップ | comments(7) | - |
<new | top | old>