純情仔猫物語

仔猫の一時預かりボランティアをしています。
里親探して三千里。どうかこの仔たちを家族の一員にと奮闘している泣き笑い日記です。

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

トライアルに入っていたごもくちゃんですが、正式譲渡になりました。
小町さんとミモザさんという二匹の先住さんがいるご家庭ですが、ミモザさんは純情仔猫物語出身です。
ごもくちゃんの新しい名前は「あんず」ちゃんになりました。

新しいお家でも元気いっぱいに走り回っています。
保護当時は少し毛足が長かったのですが、成長とともに普通の猫さんと同じくらいになっています。













一時は生死の境をさまよいましたが、復調してからは体調を崩すこともなく元気に過ごしています。
逆に元気があり余りすぎて、先住さんのストレスにならないか心配、、、
ようやく先住さんも慣れてきて、一緒に遊んであげる余裕も出てきたとか。

長女の小町さん。
体型がポテっとして、とてもかわいらしいのですが、見た目ほど体重は重くないようです。



次女のミモザさん。



冷蔵庫の上が定位置のようですが、あんずちゃんもここに加わるのも時間の問題ですね。
しっかり食べて、遊んで、大きくなってね。
あんずちゃんをよろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------------------------

ドーラちゃんの里親様からご寄付をいただきました。
大阪府のA様からご寄付をいただきました。
今後の保護支援活動に大切に使わせていただきます。
ありがとうございました。

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ



| 12:50 | 仔猫の紹介 | comments(8) | - |

五目ちゃんの二度目のワクチンに行って来ました。
ほぼひと月ぶりの通院です。
体重も950グラムと一段と大きくなりましたが、まだまだ子猫の表情です。
遊ぶの大好き、ごはん大好きな伸びざかりの五目ちゃんです。







ワクチン注射にも驚くことなく、落ち着いて受診できました。
ちょっと上目遣いの表情がかわいい!

実は五目ちゃんはトライアルに入っています。
純情仔猫物語出身のミモザちゃんの里親様がお引き受けくださいました。
トライアルの様子は近々詳しくお伝えします!

-----------------------------------------------------------------------------------------

旭出生産福祉園ミニ工芸展へのご参加、あらためてお礼申し上げます。
今日、売り上げ金を福祉園にお渡ししに行って来ました。
先生方もみなさんとても喜んでくださいました。
何よりも、作業しているなっちゃんのお友達も「がんばったねー」など、声をかけてくれました。
もちろん事情がわかっている人もそうでない人も様々ですが、みな純粋な人たちばかりです。
ミニ工芸展への出品にあたって、ある程度の数量が必要でしたので、皆が追い込みで作業をしてくれました。



通常の福祉園のバザーや工芸展の売り上げをはるかに超える金額だったようです。
作品そのものの魅力は十分ですが、やはり集客という点では訴求力に欠けるのが実際のところのようです。

今回はKAZUさんが生前作り上げたものがこれだけの人の心を動かし、みなさんの協力と結果として売り上げにつながりました。
KAZUさんの存在と、作品を作る人たち、ミニ工芸展のスタッフさん、そして遠路はるばる買い求めにご参加下さった方たち、そのひとつが欠けても成功できませんでした。
私の思いつきひとつにこれほどまでに多くの人たちを巻き込んでしまいましたし、お礼を述べることしかできませんが、企画当初のもくろみ以上の結果を残すことができました。

ミニ工芸展の後、何件かご購入のお問い合わせをいただいています。
ブログの画像では小さくてわかりづらいと思いますので、近日中に大きい画像をサムネイル付きでアップし、作品の詳細がわかりやすいようにしたいと思います。
福祉園に在庫があるものに関しては早めにお送りすることができると思いますが、在庫がないもので例えば陶芸品などは窯焼きが必要なものですので、火を入れるなどの作業があり毎日生産されているものではないようです。
また猫はがきセットひとつをとっても、和紙を貼る係、ボールペンで猫の顔を描く係、個別包装する係、ワークショップの案内を入れる係(なっちゃんの担当です)、束ねる係と何人もの人の手を渡って作られています。
そのため、作品によっては時間がかかってしまうものもあります。
その点にご理解いただければ幸いです。
逆に時間さえいただければ、ほとんどの作品をお届けすることができると思います。
遠方でお越しいただけなかった方にもぜひお手にとっていただければと思いますので、近々画像のアップとともにご案内したいと考えています。

ミニ工芸展の売り上げは福祉園に確かにお渡ししましたので、報告させていただきます。
また福祉園からもご参加くださったみなさんにお礼の言葉がありましたので、申し添えておきます。

2クリック応援お願いします 



| 04:15 | 仔猫の紹介 | comments(4) | - |
 五目ちゃんの動画は何度もトライしましたが、どうしても長時間はうまく撮れません。
カメラを構えるとすぐにどこかに走り去ってしまいます。
動きが早すぎて、ピントも追いつきません。

今日の動画はいくつかの動画をつなぎあわせてみました。



携帯の方はこちら

五目ちゃんはまだ里親様を募集しています。
条件等がありますが、五目ちゃんを新しい家族に迎えようという方がいらっしゃれば、五目ちゃんの記事を参照いただき、ブログのプロフィールコーナーからご連絡いただければと思います。

http://kazurinn.jugem.jp/?eid=1648

------------------------------------------------------------------------------------------

「旭出生産福祉園 ワークショップ ミニ工芸展」
7月15日 日曜日 12:00〜17:00 カフェランゾウさんにて



詳しい記事はこちら。
http://kazurinn.jugem.jp/?eid=1638

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ



| 02:20 | 仔猫の紹介 | comments(11) | - |

絶好調の五目ちゃん、今日は血液検査で病院です。
診察待ちのかわいい表情です。





あいかわらず調子がよく、ご飯もよく食べ、よく遊ぶ毎日です。
体重も一気に増え、700グラムとなりました。

血液検査は猫エイズ、白血病ともに陰性でした。
採血は怖かったのか、びゃーびゃー大声で泣き続け、他の診察室のワンちゃんが怯える始末、、、
これも元気がある証拠ですね。

とにかく元気が有り余っていて、いっときもじっとしていません。
おもちゃも大好きで、必死に食らいつきます。
写真もなかなかうまく撮れません、、、
動画も挑戦していますが、まったく追いつきません!
そんな五目ちゃんの元気な様子は写真でお分かりいただけると思います!









もういつでも里親様を募集できる状態ですが、いくつかお話もいただいていますが、まだ本格的にトライアルまでの運びまでは至っていません。
兄弟がパルボウイルスが懸念されるまま亡くなりましたし、五目ちゃんのPCR検査を行いましたが、パルボウイルスは陽性でした。
この原因としては、入院する前に兄弟が亡くなった後すぐに、通常よりも早くワクチン接種を行いましたので、生ワクチンが陽性反応を示すことがあるためです。
パルボウイルスに感染していたのかどうかは、結果として確定することができませんでしたが、可能性としてはあったかもしれないということも踏まえて里親様を募集することになると思います。
基本的には毎年のワクチン接種を行なっている猫さんであれば大丈夫ですが、10歳を越えてシニアとなったり、純血さんで生来免疫力が弱い猫さんなどは万が一のことを考えるとおすすめできません。
五目ちゃん自身としては、パルボウイルスに感染していたと仮定すると、一度感染して生還すると体内に強い抗体ができますので、今後発症することはありません。

350グラムの子猫がパルボを発症して生還したということはほとんど聞いたことがありません。
五目ちゃんはとっても強い子です。
五目ちゃんの今後のこと、先住猫さんがいるとすれば、五目ちゃんとの関わりなどきちんと理解してくださる里親様をみつけてやりたいと思っています。

2クリック応援お願いします



| 03:41 | 仔猫の紹介 | comments(5) | - |
 今月初めに募集記事を載せた、チビタくんとチャビくん。
一旦里親様が決まり、トライアルに入りましたが、ご家族にアレルギーが出てしまい、残念ながら良いお話にはなりませんでした。

前回の募集記事はこちら。
http://kazurinn.jugem.jp/?eid=1636

再度募集することになりましたので、いつでも里親募集中に掲載してあります。

http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-153421.html
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-153420.html

現在、体重は1,200グラムほどです。
ワクチン二回接種済み。
元気な男の子二匹です。

代理募集ですので、保護主様は埼玉県にお住まいで、保護主様が直接お届けします。
チビタくんとチャビくんが気になったら、ぜひお問い合わせくださいね。

今の様子を撮影してきましたので載せておきますね。





















2クリック応援お願いします



| 03:07 | 仔猫の紹介 | comments(3) | - |

昨日夕方、無事に退院してきました!
少し体温が下がるときもあるようですが、退院時は38.3℃と安定しており、下痢も一時期のひどい状態も脱していたのでひと安心しました。
なによりも、目の輝きを取り戻していました。
瞳の様子って、本当に体調を正直に反映します。
具合の良い時はキラキラと輝き、悪い時にはくすんで曇った感じになります。

退院時の様子です。







お家に帰ってからの様子は、思っていた以上に元気を取り戻していて、逆にびっくり!
おもちゃや小さなボールにもしっかりと反応を見せ、遊びたくて仕方ない感じすらします。
入院時は動きまわることも出来ませんから、その分もあるのか、うっぷんを晴らすかのような元気っぷりです。
病み上がりなので、ちょっと心配!
ご飯もちゃんと食べ、以前の体調を取り戻しました。
このまましっかりと食べてくれれば、すぐに大きくなっていくでしょう。











ふわふわ棒を引っ張りながら、ウーっとうなるんですから、もう大丈夫かな。
後は体重回復、これが大事。
食べてくれていて、吐きさえしなければ、少しくらい体調が悪くても何とかなります。
五目ちゃんが生還できた大きな理由のひとつには、吐くことが少なかったということがあります。
強制給餌してもすべて吐き出してしまうと意味が無いのですが、強制給餌したものが身体に収まり、わずかでも栄養を吸収してくれていると、体力もキープできます。
保護時、しばらく食べることができていたのがこの五目ちゃんでした。
結果として、その分が五目ちゃんの命を救ったことは間違いありません。

おもちゃのボールで遊んでいる五目ちゃんです。
退院後すぐの様子です。



携帯の方はこちら

完全回復とはいきませんので様子を見ながらとなりますが、ホッと胸をなでおろしています。
五目ちゃんだけでも助かって欲しいと、みんなの気持ちが伝わったかな。

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ



| 11:45 | 仔猫の紹介 | comments(16) | - |

皆さんに応援をいただき、ありがとうございます。
五目ちゃんは思っていたよりも回復が遅れ、予断を許さない状況が続いていました。
入院後すぐに40度を超える発熱が続き、食欲もなく、強制給餌と補液で命をつないでいる状態でした。
獣医師の懸命の治療の効果もあり、一旦熱が下がり、ひと安心したのもつかの間、今度は36.6℃という低体温に陥りました。
その後、体温は徐々に上がり、昨日現在で38.7℃にまで回復を見せ、食欲もわずかではありますが戻ってきて、自分で食べる様子も見せています。
完全回復したというわけではありませんが、今日一旦退院させてて様子を見ようと思います。
もう一回り大きくなるまで安心できませんが、とりあえずの危機的状況は脱したかなという感じです。
退院後の様子はあらためてお知らせしたいと思います。

浦和キャッツさんに引き出しをお願い、三匹を引き取ってすぐに体調を崩してしまったため、ほとんど写真も残してやれませんでしたが、もういくつか残っているものもあります。









手前のハチワレ風な子が五目ちゃんです。
一番小さかったのは五目ちゃんで、ガンバくんと和歌ちゃんはごくわずかに体重も重かったのですが、二匹も一回り大きければ結果も違ったかもしれません。
力及ばず、残念です。
今はまずは五目ちゃんの完全回復を願うばかりです。

気に留めて下さっている方も多くいらっしゃると思います。
五目ちゃんの様子は、引き続きお知らせしてきたいと思います。

2クリック応援お願いします(。・ω・。)ノ



| 07:56 | 仔猫の紹介 | comments(14) | - |

6月6日にやってきた、かわいい三匹の子猫。
さいたま市動物愛護ふれあいセンターから引き出しました。
白黒の女の子二匹とキジ柄の男の子ですが、どうも白黒さんとキジさんは別の兄弟のようです。
預かり当初から体つきの割にはがりがりに痩せていて、体重も350グラムほどしかありませんでした。
歯はしっかりと生えており、骨格の具合からは生後一ヶ月ほどと考えられましたので、本来は500グラムは超えていてしかるべきでした。
ほとんどごはんも食べず、水も飲まないという状態で、移動のストレスなどからだんまりを決め込んでいるのかと思いましたが、いくら時間が経っても食欲は出ないようでした。
ほどなく、白黒さんの一匹と、キジさんに嘔吐と下痢が始まり、さらなる体重の減少と衰弱が見られるようになりました。
当然のことながら、毎日の動物病院通いでなんとか命をつなぎとめようと願いました。

キジ柄の男の子、ガンバくん。





白黒の女の子、ちょっと目の横に模様のある、和歌ちゃん。





特にこの二匹の衰弱が激しく、一刻の猶予も許さない状態でした。
検便の結果、回虫の卵も見つかり、食欲のなさと嘔吐が回虫からくるものであればと、駆虫も行いました。

一方、痩せてはいるものの、食欲もあり、遊ぶ元気もある五目ちゃん。
ほとんど泣かないので心配しましたが、一番体力があったのは五目ちゃんです。



ガンバ君と和歌ちゃんは徐々に衰弱を見せ、あずかりさんのつきっきりの看病も残念ながら、6月11日未明と早朝に虹の橋を渡りました。
ほとんど体調が上向くこともなく、楽しい思いをさせてやることもできませんでした。
早朝のことだったので、花屋さんもやっていませんでしたが、KAZUさんの月命日に合わせていつもゆきんこさんがお花を送って下さっていて、ちょうど深紅の薔薇がきれいでした。
KAZUさんに飾っていた薔薇で、二匹を包みました。





KAZUさんだったらどうしてたかな、そんなことを考えます。
二匹にも、あずかりさんにも何もしてあげる事ができず、力不足で心苦しい限りです。
「まっすぐKAZUさんの所に行くんですよ。」ゆきんこさんがこんな言葉をかけて下さいました。
本当にそう思います。

残った五目ちゃんは数日間は調子もよく、ご飯もしっかりと食べていましたが、おとといから調子を落とし、下痢の症状も見られるようになりました。
このままではガンバくんと和歌ちゃんと同じ経過を辿る可能性がありましたので、緊急入院させ、様態の安定を待つことにしました。

そして気になるのは三匹の症状はパルボウイルスの感染が懸念されます。
犬用の検査キットでは擬陽性、糞便の抗原検査では陰性でした。
今回の三匹の症状が何を原因としているのか、明確にならず、そのため治療方針も対症療法にならざるを得ません。
子猫は体力もなく、免疫力も低いため、少しの感染症などでも命が危険にさらされます。

五目ちゃんはしばらくの間食欲もあり、体重もわずかに増えていた時期もありますし、毎日インターフェロンに通っていましたので、他の二匹よりは体力もあると思います。
予断は許しませんが、今は五目ちゃんの頑張りを信じて、生還を待ちたいと思います。
毛足が少し長めのくりくりお目々の可愛い女の子です。

2クリック応援お願いします



| 17:26 | 仔猫の紹介 | comments(17) | - |

純情仔猫物語出身の黒猫さん、アイちゃんの里親様が子猫二匹を保護なさっています。
ゴールデンウイークに近所にお腹の大きな母猫を見かけ、隣のお家のウッドデッキの下で二匹を生んだそうです。
母猫は捕獲し、避妊手術の上リリースし、子猫二匹の里親様を探していらっしゃいます。
名前はチビタくんとチャビくん。

チビタくんは甘えん坊でおひざが大好き。
好奇心旺盛な白キジの男の子です。
チャビくんはチビタくんに先を越されてしまいますが、黙っているとそーと寄ってきて、ちょこんと座ってゴロゴロと喉を鳴らします。
食欲旺盛はキジ柄の男の子です。

チビタくん。







チャビくん。







実物はもっと可愛いとのこと!
現在二ヶ月弱で、体重は800グラムほどです。
ワクチン一回接種済みです。
検便、健康診断し、寄生虫はいません。
できれば、二匹一緒に迎えてくださる方がいらっしゃるといいですね。

http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-150439.html
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-150447.html

いつでも里親募集中に詳しくは載せてありますので、ご希望の方は参照の上、応募フォームにご連絡ください。

どうぞよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------

先日、NPO法人しっぽの仲間さんで、物資の搬送、お届けなどご活躍のYさんからKAZUさんにかわいいお花をいただきました。
いつも物資などわざわざ引き取りに来て下さいます。
Yさんの手を経て、多くの里親様に引き継がれた子猫さんも多いです。
お気遣いありがとうございます。



2クリック応援お願いします



| 02:44 | 仔猫の紹介 | comments(4) | - |

先日トライアルにお届けしたちびちゃんですが、正式譲渡になりました!
新しいお名前はチーちゃんです。
ちびちゃんのチーを使って下さったんでしょうか、かわいいお名前になりました。

お届けの時の様子です。
当日は雨が降っていて、少し渋滞もあってお待たせしてしまいましたがご自宅前で待っていて下さいました。
お家の中の様子は、いろいろと遊ぶ場所もあって、猫さんには楽しそうでした!

ケージもご用意くださっていました。
到着したらすぐにご飯にしました。
食欲旺盛で、緊張することもなくペロリと平らげます。



ケージの中には前の猫さんが使っていた猫ベッドが置いてありました。
前の猫さんに買ったそうですが、もう成猫さんでほとんど使わなかったそうです。
チーちゃんは気に入って使ってくれるでしょうか。



譲渡のお話をしている最中は、お嬢さんとあずかりさんのニコくんが一緒にチーちゃんの相手をしていてくれました。



お嬢さんは小学6年生ということでしたが、とても落ち着いていて笑顔の素敵なお嬢さんでした。
恒例の記念撮影です。



前の猫さんはたるくんという男の子だったそうですが、昨年亡くなってしまいました。
ご家族は愛猫を亡くした悲しみから新しい猫さんを迎えるには相当に悩まれていたようです。
ですが、思いもかけない近距離だったことや、お使いになっている動物病院も知っていたりと、出会いの不思議さに心を決めてお申し出下さいました。

たるくんは机の上に写真とともに今でもそこにいます。
ひと目で男の子と分かるりりしいお顔です。
17年も生きたそうで、ミルクの時から育てたこともあり、愛情も深かったことと思います。



たるくんを失った悲しみは、チーちゃんが癒してくれることでしょう。
たるくん、チーちゃんをよろしくお願いしますね。

余談ですが、お母様は大道芸やパントマイムのお仕事をなさっているそうで、週末を中心に各地で活躍されているそうです。
風船を使ったおもちゃなどもお手の物。
帰りにはニコくんに風船の剣を作ってくれました。
多い時には一日にこの剣を300本とか作るそうですよ。



とても社交的で素敵なご家族であずかりさんともども安心して、楽しく帰路につきました。
チーちゃんを末永くよろしくお願いします。

2クリック応援お願いします 



| 17:00 | 仔猫の紹介 | comments(11) | - |
<new | top | old>